右脇が開くスイングは間違い!右脇を締めるとはどういうこと?

お気に入り
どのレッスン書を見ても、スイングでは右脇が開くことがないように! と書かれています。

まさにその通りで、右脇を締めるスイングのほうが、飛距離も出るし方向性も安定します。

では、右脇を締めるスイングとは、いったいどういうものなのでしょうか?

上半身の動き方を意識してみよう!

スイングとは、決して手や腕だけで行うものではありません。

下半身で軸を作り、上半身のひねりでスイングしていきます。

このときに、上半身と両腕は同調するように意識してみましょう。

右脇が開く人のほとんどが、バックスイングの時に腕だけでクラブを上げようとしています。

これでは同調とは言えません。

両腕が、常に身体の真ん中にあるイメージです。

そうすることで、自然と右脇が締まったスイングになっていきます。

今の自分のスイングが、どれだけ同調できているのか、試しにやってみましょう。

トップでの位置を勘違いしないように!

自分の思っている動きと、実際の動きには、かなりのギャップがあります。

自分ではコンパクトなトップにしているつもりでも、実際はオーバースイングになってしまっているなどということは、実によくあることです。

まずは、実際に右脇が開かないようなトップ位置を探してみましょう。

思っている以上にコンパクトになってしまいますが、そのトップを写真や動画に撮って見てください。

プロのトップを見ているような感じになりますよ。

右肘を自分の右腰に当てるイメージで

バックスイングからトップスイングまで、右脇が開かないようにできたら、次はダウンスイングです。

ダウンスイングでは、右肘に意識を持っていきましょう。

イメージとしては、右肘を自分の右の腰に当てるかのようなイメージを持つことです。

そうすると、右脇の締まったいい形のダウンスイングになります。

コツは、上半身をトップの位置から変えないまま、ダウンスイングに入ることです、

そして、腕に力は入れないこと。

力を入れず、そのまま右肘を右腰の前に下ろしてくるイメージです。

右脇を締めるための練習法とは?

右脇を締めるための練習法とは?

amazon

右脇が開かないようにする効果的な練習方法があります。

タオルやヘッドカバーを、右肘から脇の下の中間あたりに挟んで、スイングをする練習です。

アドレスからインパクトまで、このタオルを落とさないようにスイングしてみましょう。

インパクト以降は、フォロースイングで両腕が伸びていくので、インパクト直後にタオルは落ちてしまってOKです。

最初は全然当たらないですし、まともにスイングできないと思いますが、それだけ普段右脇が開いているということです。

手軽にトライできる練習法なので、ぜひ試してみてください。

できたら、写真や動画を撮ってみるといいですよ。

これを機会に、自分のスイングを確認し、間違いがあれば改善するようにしましょう!
お気に入り
aichan

名古屋在住の社会人ゴルファーです。 仕事柄全国各地でゴルフをすることが多いのでゴルフ場の情報などを伝えていけたらと思っています。 ゴルフファッションにもとても興味があります!

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。