ゴルフ場で似合う!かんたんでかわいいヘア特集♡

お気に入り
ゴルフは、サンバイザーやキャップをかぶることが多く似合う髪型を迷う方も多いのではないでしょうか。

ゴルフウエアやシューズを、自分好みでおしゃれにかわいく揃えたら、髪型にも気を使いたいものです。

ゴルフ場でも似合うかんたんでかわいいヘアスタイルを提案します。

キャップやサンバイザーは必要?

キャップやサンバイザーは必要?

getty

ゴルフ場にもよりますが、ゴルフをする上でキャップやサンバイザーの着用は必要です。

実は正式なルールやマナーではありませんが、事故防止や日射病・熱中症の予防が目的で着用が義務付けられているゴルフ場もあります。

実際に、前方でプレーをする人に気がつかず後方からショットを打ったことにより、ボールが前方のプレーヤーに当たってしまうという事故も発生しています。

また、夏場などは特に日向と日陰では気温の差が大きく日焼けや日射病・熱中症にも注意が必要になります。

ゴルフをする上でキャップやサンバイザーに似合い、プレーの邪魔にならない素敵な髪型が大切なポイントになりそうですね!

スポーティーなキャップにはポニーテールが定番!

スポーティーなキャップにはポニーテールが定番!

getty

ゴルフ用のキャップやサンバイザーにはポニーテールが似合います。

キャップには髪をひとつに束ね耳の高さの位置でポニーテールに結び、サイドなどの後れ毛はスタイリング剤などできっちり押さえるとクールな印象になります。

キャップの後ろからポニーテールの部分をだし、根元にシュシュをつけるとキュートな印象に変わります。

また、コットンなどの素材にはクールに、ファーなどの柔らかめの素材にはふんわりとしたアレンジを加えるなど、キャップの素材と髪型のイメージを合わせるのもおすすめです。

サンバイザーにはポニーテールのアレンジ!

サンバイザーにはポニーテールのアレンジ!

getty

サンバイザーにもポニーテールはおすすめです。

キャップの場合よりも高めの位置で結んだり、ロングヘアの場合は後頭部でお団子を作りサンバイザーの後ろに乗せるとプレー中も髪が邪魔になることもありません。

ミディアムやロングヘアは両サイドをすっきりさせるハーフアップもラフでかわいい印象です。

首が隠れるので肌寒い時期には、防寒対策にもなります。

ショートやボブの場合は、毛先を内側に巻いたり、前髪をサンバイザーへ入れるか出すかでイメージが変わってきます。

ウエアや髪の色などで合わせてみても良いでしょう。

マナーを守ってゴルフを楽しみましょう!

マナーを守ってゴルフを楽しみましょう!

getty

キャップやサンバイザーをかぶる時はサイドに結ぶサイドポニーも手軽にまとめられるヘアスタイルです。

ツインテールや三つ編みのお下げスタイルも髪が乱れる心配もなく、プレー後のクラブハウスでの手直しも少なくて済みます。

ショートの場合はおろしたままでも大丈夫ですし、ロングの場合は両サイドの髪はサンバイザーの外に出すなどして邪魔にならないように気をつけましょう。

お気に入りのウエアやシューズに合わせてかわいいヘアスタイルで気持ちも盛り上げ、マナーを守りながら快適にゴルフを楽しみましょう♪
お気に入り
elly

ゴルフ歴3年です! 会社に入ってゴルフを始めたらいつしかとってもゴルフにハマってました^ ^ 読んでいただける方のゴルフの参考にしてもらえると嬉しいです♡

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。