方向性、ミート率アップに効果的!レイドオフなスイングを目指そう!
ゴルフスイング

方向性、ミート率アップに効果的!レイドオフなスイングを目指そう!

1

ゴルフのスイングは、トップポジションの形によって、大きく分けると3つタイプに分けられます。

ひとつは、トップポジションで、クラブのシャフトがターゲットラインに対して真っ直ぐ向くスクエア。

2つめは、シャフトがターゲットラインに対して右を向くクロスオーバー。

そして、3つめが、シャフトがターゲットラインに対して左を向くレイドオフ。

それぞれの形によって、スイング軌道や持ち球が変わりますが、女子プロゴルファーやジュニアゴルファーでは、比較的レイドオフを採用している選手が多いです。

そこで今回は、レイドオフにスポットをあてて考えてみたいと思います。

*ここでの右左は、すべて右打ちの方を前提としています。

レイドオフにする理由!

レイドオフとは、トップポジションでターゲットラインに対してシャフトが左を向いているスイングのことを言います。

ここ数年、プロゴルファーの間でも、レイドオフのスイングを採用している選手が増えている傾向にあると言われています。

理由は大きく分けて2つあります。

ひとつ目は、バックスイングがコンパクトになったことです。

バックスイングが大きくなればなるほど、トップポジションはクロスオーバーになっていきます。

以前は、バックスイングを大きくして飛距離を出そうという人が多かったのですが、今のスイングでは、コンパクトなトップから直線的にクラブを振っていく方が効率がいいと言われています。

トップポジションでシャフトが地面と並行のポジションに行く前に、トップを終了している人が多いので、必然的にレイドオフのトップとなります。

2つめは、スイングを1プレーンで考える人が増えたからです。

トップをコンパクトにして、切り返し以降の複雑な動きを少なくする事で、上げて下ろすだけの1プレーンのシンプルでミスの少ないスイングになります。

レイドオフは効率的!

レイドオフの打ち方を選択している人は、シンプルで効率的なスイングを意識している人が多いです。

大振りして目一杯振ろうとするよりも、コンパクトなトップからそのまま身体の軸に対して水平にスイングするので、スイング軌道が安定し、ミート率を上げています。

また、クラブをインサイドから降ろしやすくなるため、アウトサイドイン軌道でスライスに悩んでいる人にもおすすめです。


リッキー・ファウラー選手のホールインワン!(動画)↓

レイドオフをマスターする

レイドオフの打ち方をマスターするために、まずは自分のフォームのトップの位置を鏡や動画を使って確認しましょう。

バックスイングで、ハーフスイングのポジションまで来たら、後は右ひじが身体からあまり離れないように意識して、上体をもうひと捻りしてあげるだけで、レイドオフのトップポジションは完成します。

そこからは腕の意識は捨てて、身体を回転させてくれば、自然とクラブはプレーン上を下りてきます。

ダフりなどのミスショットも減らしていけるので、レイドオフの打ち方を基本に、そこから理想的なフォームを作っていくと良いでしょう。

ぜひ練習してみて下さい。


リッキー・ファウラー選手のドライバーショット(動画)↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

方向性、ミート率アップに効果的!レイドオフなスイングを目指そう!

カートに追加されました。


×