冬ゴルフの難しさ! 芝やグリーンなどの状態は?
ゴルフコース・練習場

冬ゴルフの難しさ! 芝やグリーンなどの状態は?

0

ゴルフは夏など温かい時期だけのスポーツではなく、冬にもプレイすることができます。

しかし、冬ならではの楽しさがあると同時に難しさもあります。

そんな冬ゴルフの難しさと、乗り越えてスコアを伸ばすための方法を紹介します。

早朝は危険

ゴルフは朝早くからプレーすることもありますが、そのときには多くの困難があります。

まず地面が凍っていてティーが芝に刺さらないという問題があり、きちんと対処しないと適切にボールを打つことができなかったり、ティーが使えないこともあります。

凍っている具合や日陰の場所などにもよりますが、完全に刺さらないということも珍しくありません。

そんなときは、ティーグラウンドに準備してある大きなキリのような器具で地面に穴を開け、ティーを真っすぐ立てましょう。

もしくは、地面に置くタイプのティーを使うことも冬場のゴルフでは効果的です。

ライト Put tee(プットティー) 2個入り T239 イエローLサイズ

凍るグリーン

冬は芝も凍りますが、グリーンにも同じことが言えます。

芝が凍るだけであればまだいいですが、グリーンが凍るとパッティングに大きく影響するので注意しなければいけません。

グリーンが凍ると、車と同じようにボールが止まりにくくなってしまいます。

もちろんカーリングのようにずっとストップせず進むということはありませんが、思っていたより止まらずカップをオーバーするというミスが目立つようになります。

もしグリーンが凍っていると判断した場合は、強く打ち過ぎないように注意します。

強い風に注意

冬は、基本的に強風に悩まされることになります。

夏でも雨が降る前などは強い風が吹きますが、冬は晴天でも常に風が吹きます。

ゴルフをする上で風は大敵で、なぜなら飛ばしたボールが風に流されてとんでもない方向に飛んでいってしまうことがあるからです。

風の流れを読んで調節したとしても、ちょうど風が止んでしまうと大変です。

なので経験の少ない方はもちろん、上手な方でも初心者のようなスコアになってしまうこともあるのが風の怖さです。

ただ、風を読むいい経験になります。冬のゴルフは平均スコアが悪くなりやすいので、スコアはあまり気にせず、風を楽しむくらいのつもりでプレイしましょう。

冷えへの対策

ゴルフをしているうちに多少温まりますが、序盤や特に冷える場合はどうしても筋肉がこわばってしまいます。

震えながらゴルフをしてもいいスコアを残すことができないですし、風邪を引いて台なしになってしまう可能性もあります。

だからと言って着込めばいいという問題でもなく、着込み過ぎると動きが制限されてしまいショットに悪影響を及ぼすかもしれません。

なので、普段から着込んだ状態で練習をしておくと本番でも違和感なくプレーできます。

条件は他の方と同じなので、こちら側がしっかりと身体的にも精神的にも準備するしかありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

冬ゴルフの難しさ! 芝やグリーンなどの状態は?

カートに追加されました。


×