ゴルファーなら知っておきたい!ディボットマークのアレコレ!
ライフスタイル

ゴルファーなら知っておきたい!ディボットマークのアレコレ!

0

ディボットマークとは、ショットの際、芝生を削ってしまってできた穴のこと。

芝の上にあるボールを打つわけですから、どうしてもできてしまうものです。

大切なのは、ディボットマークをつくってしまった後。

何をすればいいのか、ちゃんと知っておきましょう。

ディボットマークをそのままにしておくと。。。

ショットする際に、どうしてもできてしまうディボットマーク。

これをこのまま放っておくとどうなるのでしょう。

芝の根がむき出しになってしまい、低温と乾燥によって、ディボットマーク周辺の芝が枯れてしまいます。

そうなるとそこは、芝が回復しなくなってしまい、最悪の場合、芝の張り替えなんて事もあります。

ちなみに、ショットの際に削り取ってしまった芝生片のことをディボット、そこにできた穴のことをディボット跡、またはディボットマークといいます。

素振りのときは、ディボットマークをつくらないように気をつけましょう。

後続のプレーヤーにも迷惑がかかります!

ディボットマークをそのままにして、もし後続のプレーヤーのボールがその穴に入ってしまったらどうでしょう。

例えば、画像のようなディボットマークだと、かなり難度の高いショットを要求されてしまいます。

もしベストスコアがかかっていたら。。。

かなり嫌な気分になってしまいますよね。

ディボット跡の修復方法とは?

ディボット跡の修復は、目土を使って行います。

やり方はとても簡単。

ディボット跡に目土を入れて、足で平らにならすだけです。

ここでポイントになるのは、平らにならすという行為。

目土を盛ったまま放置してしまうと、まるでモグラの穴のようになってしまい、後続ゴルファーのプレーの妨げとなります。

それに、コース整備に使われる機械の故障の原因にもなります。

マイ目土袋を携帯しましょう!

目土袋を常に携帯しているというのは、プレーヤーのマナーです。

最近は、おしゃれな目土袋もあるので、この際、マイ目土袋を持たれてはどうでしょう。

マナーを守る大人って、それだけでもおしゃれな感じですよね。

ディボットマークは、自分がつくってしまう可能性もありますし、逆にハマってしまうということもあります。

みんながスムーズなプレーができるように、ディボットマークを見かけたら、目土で埋めてあげるというのが、当たり前になるといいですね。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ゴルファーなら知っておきたい!ディボットマークのアレコレ!

カートに追加されました。


×