ボールがつかまる!クローズドスタンスのメリットとは?
ゴルフスイング

ボールがつかまる!クローズドスタンスのメリットとは?

0

人それぞれ、スイングや構え方にはクセがあります。

なんとなく真っすぐ(スクエア)には構えにくいという人もいるでしょう。

また、意識してスクエアに構えず、オープンスタンスやクローズドスタンスに構える人もいるでしょう。

そこでここでは、クローズドスタンスについて、打つときのメリットや意識することを交じえながら説明していきましょう。

クローズドスタンスとはいったい何?

まずはクローズドスタンスとはいったい何なのか説明していきましょう。

クローズドスタンスとはボールを打つ時の足の位置を指すスタンスの一つです。

アドレスをして両足のつま先の先端を直線で結んだときに、やや右足が後ろに下がります。

目標地点に対して体を閉じているような状態になるためこのように呼ばれています。

球がつかまりやすく、フックボールになりやすいのが特徴です。

クローズドスタンスの影響とは?

クローズドスタンスのメリットについて考えていきます。

目標方向に対して自然とスイングがインサイドアウト軌道になるため、ボールにドロー回転がかかりやすくなります。

また、ロフトが立ってインパクトしやすいため、ボールの打ち出し角が低くなる傾向があります。

さらに、足のラインと肩・腰のラインが最初からねじれているため、身体が捻転しやすくなるというメリットもあります。

スライスで悩んでいる人が、クローズドスタンスに構えることで解消することもあります。

スライスが解消されることで、飛距離も方向性も安定していくのです。

クローズドスタンスで構えるときに意識することとは?

クローズドスタンスで構えるときに意識するポイントを考えましょう。

まず一番のポイントは、目標ラインと肩・腰のラインは平行に構えることです。

あくまでもクローズにするのは足のラインだけで、両肩と腰のラインは目標方向に対してスクエアに構えることがポイントです。

構える手順は、まずスクエアにアドレスを取ります。

そのあと右足を後ろに引くと勝手にクローズドスタンスになります(腰と肩のラインを一緒に動かさないように)。

引く程度は最大でもシューズ1足分くらいでしょう。

足を引いた際、下半身がぐらついていないか確認しましょう。

クローズドスタンスでのスイングのポイントとは?

クローズドスタンスで構えることができたら、その後のスイングについて考えていきましょう。

クローズドスタンスでのスイングは体の正面でボールを捉えることを意識することが大切です。

そのため、テークバックの時に上体(胸)を右に向けたらできるだけ上体(胸)が右を向いたままスイングするように意識しましょう。

そのままの意識でインパクトを迎えることで体が開きにくくなり、ボールを正面で捉えることができます。

また、このときに腕や手首を必要以上に使ってしまうと、チーピンが出やすくなってしまうので、腕はできるだけ体の回転につられるようにし、手首もトップでできた角度を開放しないようにします。

また、体が開いてしまったり右肩が下がってしまうと、クローズドスタンスなのにスライスしてしまうので注意しましょう。


もともと無意識のうちにクローズドスタンスに構えてしまっている人と、意識してクローズドスタンスに構えている人がいると思いますが、どちらの人も、クローズドスタンスの特徴や注意点を念頭に置いてプレーすることは、ゴルフの上達にも役立つと思います。

球がつかまりづらいという人や、身体が上手く捻転できないという人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ボールがつかまる!クローズドスタンスのメリットとは?

カートに追加されました。


×