ゴルフの豆知識!なぜフォージドアイアンは上級者に人気なの?
ゴルフクラブ

ゴルフの豆知識!なぜフォージドアイアンは上級者に人気なの?

0

みなさんは、アイアンに刻印されている「FORGED」って、何の意味かご存知ですか?

ベテランゴルファーなら、ご存知の方も多いかと思いますが、知らない方の方が多いかもしれません。

でも知っていると、クラブ選びの参考に役立ちます。

ここでは、アイアンのフォージドについてご説明していきます。

アイアンに刻印されている「FORGED」の意味

みなさんはアイアンに刻印されている「FORGED(フォージド)」という文字を見たことはありますか?

この「フォージド」とは、アイアンを製造する際に採用している製法のことです。

では、フォージドとはどのような製法なのか?

それは鍛造製法のことです。

鍛造とは、熱した素材を圧力で叩きながら成形していく製法になります。

フォージド以外の製法で作られているアイアンには、鋳造製造(ロストワックス)があります。

この2つの製法には、どのような違いがあるのでしょうか?

フォージド(鍛造)製法の良さとは?

鍛造製法は、叩いたり曲げたりを繰り返して製造するため、素材が凝縮されて強くなります。

そのため、比較的柔らかい軟鉄を使用し、非常に密度の濃い強くて丈夫なアイアンが作られます。

この密度の濃いフォージドアイアンは、芯を喰ったショットの際に余計な振動が発生しづらくなります。

つまり、柔らかくて気持ちいい打感となります。

また自分のスイングに合わせて、ライ角(クラブを正しくソールしたときにできるシャフトと地面の角度)が調整できるのもフォージドの良さと言えます。

鋳造(ロストワックス)製法とは?

いっぽう、鋳造製法は、ドロドロに熱した金属を型に流し込んでアイアンを作る製法です。

鍛造とは異なり、熱した金属を型に流す製法なので、量産しやすいメリットがあります。

また鍛造製法では作れない、ステンレスやチタンを使った硬い素材でも、アイアンが作られています。

そのため、鋳造製法のクラブには、飛び系ややさしいモデルのクラブが多くあるのが特徴と言えます。

なぜフォージドモデルはゴルフ上級者に人気?

理由の一つは、打感が良いこと。

軟鉄(柔らかい鉄)を叩いて、密度の濃い丈夫なアイアンに仕上げているので、芯で打ったときの振動が発生しづらくなっています。

さらに、自分のスイングに合わせてライ角を調整できるので、コントロール性も向上するメリットがあります。


ここまで、「アイアンのフォージドとは?」について、ご紹介してきましたがいかがでしょうか。

アイアン選びに悩んだら、製法の違いを基準に探してみるのもいいかもしれませんね。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ゴルフの豆知識!なぜフォージドアイアンは上級者に人気なの?

カートに追加されました。


×