【頼れるフェアウェイウッド使ってますか?FWリシャフトのすすめ編】☆失敗しない、クラブ選びのヒント教えます。

getty

【頼れるフェアウェイウッド使ってますか?FWリシャフトのすすめ編】☆失敗しない、クラブ選びのヒント教えます。

お気に入り

最近、当店でのご依頼内容で『フェアウェイウッド』(以下FW)のリシャフトが目立つようになっています。

スプーンからショートウッドまで、2打目・3打目でボールを目標までシッカリと正確に運べる、いわゆる『使えるFW』に注目が注がれております。

現在ご使用のクラブを、ドライバーやアイアンとの兼ね合いをみながらリシャフトしたクラブは、ホント、使いやすいの一言に付きますからね!

ドライバーのリシャフトはもはや当たり前の今、『なぜ、FWはそのままなんですか?』を合い言葉に
今すぐFWのリシャフトを依頼したくなるような内容でお話していきたいと思いますので、今回も最後までお付き合い下さいませ。
始まりはじまり・・・

其の①、3W(スプーン)に合うシャフトは?

其の①、3W(スプーン)に合うシャフトは?

getty

先ず、3番ウッド(以下3W)からお話しましょう。
ウッドのシャフト選びは、どんな場所とシチュエーションで使うことが多いかを想定して選びます!

きっと、大半の方が3Wを使用する場面は、ティーショットか、ライが比較的良いフラットめな所が多いと思います。

であれば、当然の条件として飛距離が出ることが最優先だと思いますし、ティーショットではドライバーよりは飛ばないが、その次の代役的クラブでなくてはなりません。

そこで、おススメのシャフトは、ドライバーと全く同じか、ドライバーに限りなく近いスペックのシャフトです!

そうすることで、ドライバーと同じタイミング・同じテンポで振りやすくなります!

とにかく、全てのスペックにおいてドライバーと同じにし『ミニドライバー』を作るくらいの感覚で良いと思います。
違うのは重量が重くなるくらい!(10〜20グラム差がベスト)

よく方向性も考えて・・・と考える方もいらっしゃいますが、それは他の番手に役割を任せて。

3Wは、まず『ドライバーの次に飛距離を出すクラブ』をポイントを押さえたシャフト選びをおススメ致します。

其の②、5W(クリーク)に合うシャフトは?

其の②、5W(クリーク)に合うシャフトは?

getty

次に、5番ウッド(以下5W)におススメのシャフト設定ですが、上記の通り3Wをバックに入れて3番、5番とそろえるなら、5Wの役割は3Wの飛距離に対して方向性を重視した方がバランスよいと思います。

シャフトを選ぶポイントですが、3Wと同じシャフトで重量帯だけを重くして下さい。

例えば、三菱レイヨンの【KUROKAGEの60(重量)】が3Wに挿してあるなら、同じ【KUROKAGEの70】をおススメ致します。

これなら、先程の3Wからの流れでドライバーからちゃんと、使う場面を想定したセッティングになりますので、打っていてストレスなく振り抜けるでしょう!

また、もし3Wを入れないで5Wをドライバーの次にするなら、長さを長目に取り(43インチくらい)シャフトはドライバーと同じシャフトでも良いでしょう!

もし全てを5Wでまかなうなら、ドライバーよりも10グラム重いシャフトでもよいかも知れませんね。

この辺のセッティングは、5Wの前後になにを入れるかで大分変わりますから、その都度クラブ間のバランスを考慮されてセッティングされる事をおススメ致します。

其の③、7・9番ウッド(ショートウッド)に合うシャフトは?

其の③、7・9番ウッド(ショートウッド)に合うシャフトは?

getty

ショートウッドは個人的に大好きなクラブなので、ユーティリティ(以下UT)を入れるよりショートウッドをおススメしておりますす。

その際、選ぶシャフトですが、最近はFWやUT専用設計のシャフトが各シャフトメーカーさんの商品ラインナップにありますので、ショートウッドにはFW用のシャフトをおススメ致します。

重量帯は、例えば5Wのシャフト重量が60グラムか70グラムなら、FW用の70グラムです。

なぜ、70グラム台にするかといいますと、次にくる80グラム台のシャフトでは余程ヘッドスピードが速くて腕力のある方でなければ、シッカリ振り抜けない可能性が

もちろん、ドライバーから3、5番にかけて軽めのシャフトセッティングならば60グラム台も選択肢のひとつです。

また、飛距離は多少落ちる傾向ですが、とにかく方向性重視という方にはユーティリティ用のシャフトを入れるのも、結構使い勝手がよいです。

僕も、実際この仕様の7番ウッドを使って大変重宝した経験があります。

其の④、今回のまとめ

其の④、今回のまとめ

getty

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したように、使う場所や目的をハッキリ決めてセッティングしてあげると、その距離や場面がやってきた時に迷わずそのクラブを選べますよね!

特に、長い距離での不安感はミスヒットにつながりやすいですから、自信を持って打てるクラブを持てば、まさに『鬼に金棒』状態です。

ですので、長い距離やFWが苦手だと感じていらっしゃる方は、今使われているFWの設定を見直されてはいかがでしょうか?

苦手意識の原因はクラブ設定かもしれませんよ?
是非一度、工房へご相談下さいませ。

では、今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

〜最高の1打とその次のステップの為に〜
また次回まで。。。押忍・感謝

お気に入り
GN20190723-0731
GN20190723-0731

カートに追加されました。


×
グリッジカップA
GN20190723-0731