「結局どっちがいいの?」ウィークグリップとストロンググリップ
「結局どっちがいいの?」ウィークグリップとストロンググリップ
ゴルフ初心者

「結局どっちがいいの?」ウィークグリップとストロンググリップ

0

ボールを打つクラブと自分の体の唯一の接点でもあるグリップ。

このグリップはボールの安定性やスイングの形を作るものとして非常に大切だと言われていますよね。

現在はストロンググリップが主流となっていますが、ウィークグリップが悪いというわけでもなさそうです。

ウィークグリップとストロンググリップ、それぞれのメリットとデメリットをここでは見ていこうと思います。

ウィークグリップのメリットとデメリット

ウィークグリップのメリットとデメリット

ウィークグリップのメリットは

・チーピンやヒッカケなどの右へのミスが出にくい

ということですね。フェースを開いてグリップするので当然といえば当然でしょうか。

またデメリットは

・方向性が安定しない

・飛距離が出にくい

ということが挙げられます。

フェースの開閉を積極的に行っていくタイプはこちらが向いている可能性がありますが、
ストロンググリップに比べてメリットは決して多くはないように思えます。

ボールのつかまりがあまりよくない時代に、手首を使って打つスイングにマッチしていたのがウィークグリップといわれています。

ストロンググリップのメリットとデメリット

ストロンググリップのメリットとデメリット

ストロンググリップのメリットは

・飛距離が出やすい

・方向性が安定しやすい

ということが挙げられます。

デメリットは
・手首を強く返してしまうとヒッカケが多発する

ウィークグリップと比べると、ボールのつかまりがよくなっている現在のクラブではメリットが大きいように思えますね。

どちらかといえば手首のローテーションをあまり使わずに、フェースをボールに対して真っ直ぐドン! と当てるイメージがしっくりきますね。

現代のゴルフクラブがストロンググリップを推奨する理由

昔のゴルフクラブは現在よりもボールがつかまりにくく、スライスが多く発生していました。

そのためフェースの開閉を積極的に行って、ボールが右に逃げるのを防いでいたスイングでは、ウィークグリップがちょうどよかったのかもしれません。

ただ現在のゴルフクラブは劇的に進化をしていて、ボールがつかまりやすく、ミスヒットにも強くなってきていますよね。

そのため方向性が安定しないフェース開閉を行うことは、逆にスコアを落とすことにもつながりかねません。そのため方向性が安定するストロンググリップが多くの指南書で推奨されているのでしょう。

腕とリストのローテーションを使うかどうか

結局自身がどのようなスイングをするかで、ウィークグリップかストロンググリップかが分かれてくるところでしょう。

フェースの開閉を積極的に行っていくウィークグリップでは、腕や手首のローテーションを使う結果になります。

逆にヘッドをボールに対して真っ直ぐに当てる意識のスイングが向いているストロンググリップでは、腕や手首のローテーションをある程度抑えてスイングすることになります。

そのため「どちらかがいい」というわけではなく、自分のスイングタイプに応じてマッチするグリップを選択することが大切だといえそうですね。

たしかに現在ではストロンググリップが主流かもしれません。けれどウィークグリップが悪いというわけではなく、自分のスイングを分析してその結果ウィークグリップが向いているという人もいるでしょう。

貴方のスイングにはどちらのグリップが向いているのでしょうか。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

「結局どっちがいいの?」ウィークグリップとストロンググリップ

カートに追加されました。


×