ミスショット連発!?コース内でのその場限りの対処法とは?

お気に入り
「こんなはずじゃなかったのに……」

思わずそんなボヤキも出てしまうミスショット連発に泣けてきます。

あんなに練習してきたはずなのにと頭は真っ白になってしまいます。

でも最後までどうにかプレーするためにも、その場でできる対処法はないのでしょうか。

ミスショット連発の時に心がけることとは?

ミスショット連発の時に心がけることとは?

getty

チーピンにスライス、ダフリにチョロ、こんなミスショットを連発すると気持ちはなえて、その後のプレーさえ投げ出したくなります。

そんな時にも、コース内でできるその場限りの対処法を知っていれば、復調することだって十分に期待できるのです。

その場でできる対処法として、もっとも大切なことは肩の力を抜いて、フルスイングを止め、その半分くらいのスイングで良いと思うことです。

そうすることで、コース慣れしていない初心者に起こりがちなミスの多くは改善されます。

広いフェアウェイに気持ちまで大きくなり、いつもより力が入っていることに気づかなくなっているのです。

ミスショット連発時の対処法とは?

ミスショット連発時の対処法とは?

getty

ミスショットが出てしまう理由は、多くの場合、自分の実力以上のことをコースでしているからです。

一緒に回るメンバーの実力に合わせようとして、数段、難度の高いことを無理してやろうとしてしまったのです。

だったら気持ちを切り替えて、届かせようと思わず、いつもよりも短いクラブを手にしてみましょう。

そして、テークバックを意識してゆっくり振り上げてみます。

トップから切り返して、インパクトまでの時間を十分に取るためにも効果的なアクションです。

時にはアドレスに入る前に大きめにゆっくりと素振りをして、リラックスだけを考えましょう。

チーピンやスライスが頻発したら?

チーピンやスライスが頻発したら?

getty

スライスを嫌ってチーピンになり、チーピンを嫌ってスライスしてしまうことって、初心者に限らず熟練したゴルファーにでも経験あるものです。

言い換えると、スライスしかしないとか、引っ掛けしか出ないなら修正は簡単です。

ところが多くの場合、右に左に出球が定まらずに、修正の仕方さえわからずに途方にくれるから厄介なのです。

つまりスライスを嫌って手でこねるからチーピンになり、チーピンを嫌えば右に吹っ飛んでしまうことを繰り返します。

チーピンやスライスが出たら、上体で振る意識が強くなっています。

「ハーフスイングで良いんだ!」

そんな意識でコンパクトなスイングに徹しましょう。

ミスショットとはなんだろう!?

ミスショットとはなんだろう!?

getty

例えば5番アイアンを短く持ってゴロを打ったとしても、フェアウェイなら50ヤードは余裕で飛んでくれます。

フォローまで振り切るイメージなど持たなくても、インパクトさえしっかり打てればそんなに悪い結果にはなりません。

8時から4時のスイングで十分なのに、いつも以上にテークバックを振り上げて、実力以上の会心のナイスショットを狙うから、身体のどこかに力が入ってしまうのです。

練習場でできたことの半分でもできたら良いのだと思って、コンパクトなスイングを常に意識しましょう。

ミスショットが出たら急に何かアクションするのではなく、ゴロで十分なのだと思うことです。

半分のスイングでも、飛距離は4分の3くらいは飛んでくれるものです。そのくらい気楽な気持ちでショットに臨んだほうが、意外とナイスショットが出るものです。
お気に入り
タイガーマスク

タイガーを見てゴルフを始めました。趣味は中古クラブ屋巡りと、米ツアーを見ることです。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。