バンカーショットはこうやって打つ!ボールを上げるコツとポイント!
ゴルフスイング

バンカーショットはこうやって打つ!ボールを上げるコツとポイント!

0

バンカーに入れてしまうと、しまった! と思って体が緊張してしまう人は多いのではないでしょうか。

バンカーショットについてのコツやポイントを把握してなくては失敗も増え、余計にプレッシャーがかかってしまいます。

いっそのことバンカーショットを得意技のひとつにしてしまってはどうでしょうか。

ここではバンカーショットのコツとポイントについてご紹介します。

ボールを上げなくてはならない状況とは

ボールを上げる時というのは、アゴのあるバンカーに入った時はもちろん、バンカーやハザード越えのアプローチの場面などでたくさん出てきますよね。

特にコースの戦略を考えている時には、あそこはボールを上げるショットで…などと考えることもあるのではないでしょうか。

実はボールを上げるショットをマスターしておけば、バンカーショットにも応用できるのです。

ゴルフの腕を上げてスコアメイクするためには必要なテクニックと言えます。

ボールを上げるショットのスタンス・立ち方

バンカーショットでボールを上げる場合、まずはフェースを開きます。

開けば開くほど、ボールは上がりやすくなりますが、開きすぎると砂にクラブが跳ね返されやすくなってしまうこともあるので、練習を重ねてどのくらいフェースを開くといいのか研究してみてください。

そして、フェースを開いてから、グリップし直してください。

通常のグリップのままフェースを開いて打つと、ダウンスイングの時にフェースが元通り閉じてしまいます。

そうするとボールは左に行ってしまいますので、フェースを開いてからグリップし直すということを忘れないようにしましょう。

バンカーショットでのクラブの調整

バンカーショットでボールを上げるには、クラブを砂に入れたい高さに合わせて足を砂に埋めることになります。

そして、膝を使って重心を下げてクラブの高さを調整します。

ボールの位置は左足のかかとに合わせるとボールの手前あたりのところからサンドウェッジを砂に潜らせることができます。

腰の重心を落とすことでフェースも開きやすくなることを実感するでしょう。

クラブを砂につけて構えることができないので(ルールでは、バンカー内ではクラブのソールを接地させると2打罰です)難しさを感じるかもしれませんが、スイングしているときのヘッドの最下点がどこにくるのか、意識するようにしてください。


有村智恵選手のバンカーショット(動画)

バンカーショットのスイングのポイントとは?

ボールを上げるバンカーショットで、遠くに飛ばしたいという場合にはバックスイングを大きくします。

しっかりとクラブを振り切ってください。

スイングで体がバランスを崩してしまう、という場合にはスイングの流れが悪いこともありますので、見直してみましょう。

またバンカーショットの場合、インパクトの時にボールよりもヘッドが下を通過するようになるので、腰の高さは通常のショットよりも低めにしないと“ホームラン(バンカーでボールをクリーンに打ってしまい、ボールが飛びすぎてしまうこと)”になりやすくなってしまいます。

砂を爆発させて、その勢いでボールを押し出すような感覚でいるといいかもしれませんね。


バンカーショットは難しい、と感じている人は多いのでマスターすると一歩先に進むことができるでしょう。

バンカーショットをマスターして、今以上にゴルフの腕を上げ、楽しんでくださいね!


笠りつ子選手のバンカーショット(動画)

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

バンカーショットはこうやって打つ!ボールを上げるコツとポイント!

カートに追加されました。


×