3種類あるパターの握り方から、自分の形を見つけてみよう!
ゴルフスイング

3種類あるパターの握り方から、自分の形を見つけてみよう!

0

スコアを伸ばしたいと思っていても、3パットや4パットしていては、一向にスコアは上がっていきません。

パターは、ゴルフにおいて非常に重要なのです。

ここでは、3種類のパターの握り方を紹介します。

これからゴルフを始める人、パターが苦手だなという人は、ぜひともここから自分の形を見つけてみましょう。

何種類もあるパターの握り方を知ろう

飛ばせば飛ばすだけ気持ちいいのがゴルフですよね。

ドライバーで打ってもアイアンで打っても飛距離が出ますが、それだけではゴルフはなかなか上達しません。

やはり締めのパターも非常に重要になってきます。

パットで何回も叩いていては、いつまでたってもいいスコアに繋がらないのです。

ここでは、パットが上達するために、三種類の握り方を紹介します。

自分の今の握り方が正しいのか、はたまたこれからゴルフをという人は自分に合った形というものを見つけてみてください。

逆オーバーラッピンググリップが基本

3種類紹介するうちのひとつ目は、逆オーバーラッピンググリップという握り方を紹介します。

この握り方は、パターの基本的な握り方になるのでしっかり覚えておきましょう。

まず、グリップが平らとなっている面に左手の親指を合わせ、そのまま握ります。

次に、右手で左手の親指を包み込むように握ります。

これがオーバーラッピングという握り方なのですが、重ねる指がスイングの時とは逆になります。

左手の人差し指が、右手の小指の上にくるようにするのです。

こうすることで、手首を使いにくい安定した形を作ることができ、パターがぶれにくくなります。

右手が強ければ、クロスハンドグリップがオススメ!

2つ目に紹介するのは、クロスハンドグリップという握り方です。

この握り方は、先ほど説明した逆オーバーラッピンググリップの握り方を、左右反対にして行います。

やってみたらわかると思いますが、非常に窮屈ですよね。

この窮屈なのが、力を入れすぎの人にはちょうどいいのです。

パターは力ではなく形で打つものですから、変に力が入ってしまうと失敗します。

特に、利き腕の力が強すぎる人は、一度このクロスハンドグリップを試してみることをオススメします。

クロウグリップで、さらに利き腕を安定させよう!

3つ目は、ちょっと特殊な握り方を紹介します。

クロウグリップという握り方です。

この握り方は、左手はオーバーラッピンググリップと同じなのですが、右手をペンを握るような感じでそえてしまいます。

そうすることで、右手の力があまりパターに伝わらず、より力が抜けたパターになります。

ついつい決めたいという思いが、パターに出てしまう人にかなりオススメします。

こうしたいろいろな握り方をすることで、パットは力じゃないということに気づけるはずです。

この中から、自分に合った形を見つけて、より安定したパットが打てるようになりましょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

3種類あるパターの握り方から、自分の形を見つけてみよう!

カートに追加されました。


×