ぬかるみからの救済方法!正しい打ち方を知ろう!

https://dot.asahi.com/S2000/upload/2016071400202_1.jpg

ぬかるみからの救済方法!正しい打ち方を知ろう!

お気に入り

風の影響もなく、晴れた日にゴルフをするのはとても気持ちがいいものです。

しかし、ゴルフというスポーツはその日の天気に関わらず外でプレイが行われます。

では、特にプレイに影響が出るぬかるみはどのように対処すればよいのでしょうか。

ぬかるみは無罰の救済が受けられる!

ぬかるみは無罰の救済が受けられる!

ゴルフに関わっているとよく聞くカジュアルウォーターという言葉を知っていますか?

日常ではあまり聞き慣れない言葉かもしれません。

これは雨の水などによるぬかるみも含まれる、無罰の救済を受けることができるケースの1つです。

この場合、ぬかるんでいない場所とボールを結んで一番近い部分にニアレストポイントというマークをして、そこから1クラブの長さの範囲にドロップします。

このように、スタンスがかかったり、ボールがカジュアルウォーターの中に入ってしまった場合は救済が可能になるので、正しい打ち方を覚えておくと落ち着いてプレイすることができるでしょう。

カジュアルウォーターの定義とは?

無罰の救済で適切な打ち方をするために、まずはぬかるみも分類されるカジュアルウォーターの定義を知っておかなければなりません。

カジュアルウォーターとは、スタンスをとる前や後に見える雨などの影響でコース内にできてしまった水たまりのことです。

また、ウォーターハザードからあふれてハザードの外側にある水もカジュアルウォーターとなります。

一方、雨水で柔らかくなった地面や、足で踏まなければ出てこない水はカジュアルウォーターには分類されません。

雪や氷の場合もカジュアルウォーターに分類がされます。

拾い上げたボールに汚れが付いていたら?

ぬかるみなどのカジュアルウォーターからは無罰の救済を受けることができます。

しっかりと打ち方を覚えておけば、このような状況の中でも自信を持ってプレイすることができるはずです。

ぬかるみにボールが落ちると、泥が付く場合があります。この泥がついたままボールを打つと軌道に影響します。

通常はボールを拾い上げることはできませんが、カジュアルウォーターで拾い上げた際にはその泥を拭き取ることもできるのです。

再ドロップするときもある?!

ぬかるみなど、カジュアルウォーターにより無罰の救済を受けることができますが、1度ドロップしたボールの状況によっては再ドロップする場合も考えられます。

再ドロップが認められる場合は大きく3つの状況に分かれます。

(1)ボールが二アレストポイントよりもホールに近づいてしまったとき
(2)目はボールがハザードや修理地に転がったとき
(3)ボールの落ちたところから2クラブレングス以上転がってしまったとき

ぬかるんでいるときは、ルールを最大限使ってスコアの向上を目指したいですね!

お気に入り
uchidaruma

シングルプレイヤーになって5年 アスリートゴルファー目線の記事を書かせていただいてます

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


グリッジカップA
GDOゴルフテック