初心者がなりやすい「プルスライス」の直しかたのコツとは?

お気に入り
初心者(ビギナー)は、スイングが安定していなかったり、飛距離が出なかったりします。

もしかしたら、プルスライス(ボールが左に出て右に曲がる※右打ちの場合)になっているかもしれません。

プルスライスとはどういうものか、原因・直しかたのコツをご紹介します。

プルスライスとは? プルスライスになってしまう原因

初心者が起こしやすい「プルスライス」とは、ショットが左に出てから右に曲がるような弾道のことです。

サイドスピン量が増え、曲がり幅も大きくなるため、飛距離が出ないという特徴があります。

<プルスライスの原因>
アドレスで……
・右ひじが左ひじよりも前に出ている

トップで……
・左手首が甲側に曲がっている

アドレスで右ひじが前に出ている状態でスイングすると、クラブがアウトサイド(飛球線後方から見てボールよりも右側をアウトサイドといいます)に上がってしまいます。

トップで左手首が甲側に折れていると、ダウンスイングの始動がアウトサイドから降りてくる状態になるのでショットが曲がりやすくなるのです。

初心者に起きやすいのですが、直しかたのコツがあるのでご紹介します。

プルスライスの直しかたのコツ

プルスライスの直しかたのコツは、テークバックの時にしっかりと肩を入れること。

両肩を結んだラインが、飛球線に対してできるだけ90度に近い角度まで捻転させることで、クラブがアウトサイドから下りなくなり、プルスライスを改善させることができます。

また、ヘッドをアウトサイドに上げないようにすることを心がけることもコツのひとつです。

トップで左手首が甲側に折れないように意識しながらスイングすることでも、プルスライスを直すことができますが、意識しても改善しない場合はグリップの握り方を見直してみましょう。

プルスライスをそのままにしてしまうと飛距離が出ないためスコアがなかなか良くなりません。

プルスライスの注意点

プルスライスの直しかたのコツを紹介しましたが、直りにくいのがプルスライス。

肩をしっかりと入れようとして入れ過ぎてしまったり、何度やってもアウトサイドインになってしまったりと、初心者がよく当たる壁でもあります。

プルスライスで悩んでいる方は、まず間違いなくスイング軌道がアウトサイドインになっています。

なので、極端にインサイドアウト、もしくは横振りをイメージして練習場で打ってみましょう。

写真のように、ターゲットラインよりも外側のモノを打つくらいのイメージを持つといいですね。

また、インパクト時にフェースが閉じている(左を向いている)ので、どうしたらフェースがスクエア(飛球線に対して垂直)な状態でインパクトできるか考えながら練習してみてください。

練習場でのプルスライスを直す練習方法

肩の捻転は十分か、手首は甲側に折れていないか、アウトサイドイン軌道になっていないかなど、自分で動画を撮ってみたり友人にチェックしてもらうなどしながら練習してみましょう。

そして、ある程度イメージが固まってきたら、写真のようにボールの右手前に何か置いて、ボールを打ってみる練習がおすすめです。

アウトサイドから下りてくると、手前の物を打ってしまうので、ケガをしないような物、飛んでいってしまっても困らないような物にしましょう。

練習ボールやゴムティーあたりがおすすめです。



いかがでしたか?

プルスライスは初心者に起こりやすいトラブルです。

ボールの飛距離が出ない場合は、軌道を確認してプルスライスしていないか確認してみましょう。

プルスライスを改善することで飛距離が伸び、2打目が楽になりますよ!
お気に入り
トラトラ

ゴルフ歴15年 在京なのに阪神タイガースファンの40代オヤジです。 ゴルフは真剣にやり始めて5年くらいでクラブハンデが現在は7で落ち着いてしまっています・・・

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。


ゴルフ5初心者バナー