ブッシュネルのピンシーカー、その魅力とは?

お気に入り

距離計測器には、高低差や傾斜、風速や温度まで測定できるものもあります。

レーザータイプとGPSタイプの物があり、ピンまでの正確な距離を計測するのなら、レーザータイプの方が勝っています。

今回はその中でもプロゴルファーにもファンの多い、ブッシュネルについてご紹介いたします。

ブッシュネルとは?

bushnell(ブッシュネル)とは、1948年David P.Bushnellによって創業され、世界屈指のアウトドア・スポーツ大国北米で、長きにわたり光学機器史を牽引してきたトップシェアメーカーです。

光学機器に厳しい目を持つ北米ユーザーに鍛えられた技術やノウハウは、毎年新たに進化を遂げた製品に反映されています。

高いパフォーマンスと利便性は、幅広いユーザー層を獲得しており、ゴルフ用の距離計測器も、人気の高い商品の1つです。

クオリティの高さは折紙つき

日本ではあまり知られていないですが、ブッシュネルは米国で双眼鏡などの光学機器で売り上げ1位にもなった事があるメーカーです。

ゴルフ用のレーザー距離計測器は、軽すぎず、重すぎず、握りやすさと操作性のバランスを考えぬいて設計された躯体です。

絶妙なホールド感はとても扱いやすく、機能面の優秀さは数あるゴルフ用距離計測器の中でも郡を抜いていると言われています。

実際にPGAツアープロの多くが使用しており、精度の高さに絶大な信頼を置いているプロも多いようです。

主力モデルは、ピンシーカー スロープ ツアーZ6ジョルト

ブッシュネルの距離計測器の主力モデル、ピンシーカースロープツアーZ6ジョルトは、1300ヤードまで測れる能力を持っています。

赤色表示により、天候や背景にも影響を受けにくく見やすいのも魅力の1つ。計測速度も速く、ピンなど細いものを目標にしても捕捉ができます。

更に起伏を読み込み、直線距離と推奨距離を同時に表示するスロープ機能も優秀です。

ツアープロやキャディからも多くの称賛の声が寄せられているほどのものだそうです。ゴルファーにとって、頼りになる距離計測器と言えます。

ピンシーカーは、製品のラインナップが豊富なのも嬉しい

ピンシーカーは、とにかく製品のラインナップが豊富です。主力モデルのピンシーカースロープツアーZ6ジョルトをはじめ、横型の低重心モデルで1600ヤードまで測定できるピンシーカースロープX7ジョルトや、先端のフェイスプレートの交換で、スロープ機能とスロープ機能解除の選択可能なピンシーカーツアーXジョルトなど用途に合わせて選べるのも魅力的です。

スロープ機能の解除は、競技の際に高低差が出るものが使用禁止になる場合にも対応しています。

各モデルでもスロープ機能が付加していない製品もラインナップされるなどしているので、自分に合った1台を選ぶことができますよ。

距離計測器なら、実力も人気もあるブッシュネルに決まりです!

お気に入り
オオカミ

ギア好きな40代メタボ気味なおっさんです。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


フォーティーンDJ4bk_191209-200131