ゴルフマン【第219話】祝!笹生優花ちゃん優勝!

お気に入り
金曜日のお楽しみ、ゴルフマンの第219話です!

いや~笹生優花ちゃんの全米女子オープン優勝は興奮しましたね~!

【第219話】祝!笹生優花ちゃん優勝!

【第219話】祝!笹生優花ちゃん優勝!
いや~すごいことが起こりました。全米女子オープンで笹生優花プロが優勝!

樋口久子プロ、渋野日向子プロに続いて、日本勢女子3人目のメジャー優勝ですよ!

しかも全米女子オープンです!

あの宮里藍ちゃんも「全米女子オープンに勝ちたい」とずっと言い続けていた、一番強い女子ゴルファーを決める試合です!

ですから、笹生プロは世界一になったってことなんですよね。

これは本当にすごいことです。

しかも19歳ですよ、19歳。

僕が19歳の頃なんてロクなことしてなかったですよ(笑)。

笹生プロは19歳11ヶ月17日での全米女子オープン優勝で、これはこの大会の最年少優勝記録なのですが、なんとパク・インビ選手もまったく同じ19歳11ヶ月17日で優勝しているのでタイ記録なんですよ。

こんなことってある?
優勝した笹生優花プロはもちろんすごいのですが、畑岡奈紗ちゃんもすごかった!

だって全米女子オープンのプレーオフを日本勢2人で戦ったんだよ。

まるで「マンガやん」って話です。

正直言って、最終日が始まる時も、たぶんレキシー・トンプソンが逃げ切るんだろうな~って思っていました。

で、朝方の5時過ぎから放送を観始めたのですが、その時点で笹生プロはダボを2つ打っていてレキシーとは差が付いていた。

「あ~やっぱこうなっちゃうのか」と思いながら観てたのですが、だんだん睡魔が僕を襲ってきて、ちょっとウトウトしたりして。

ちょこちょこ目覚めると、なんだかレキシーがスコアを崩してきていて、畑岡プロがジワジワと上がってきてるな~なんて思ってたんだけど、結局またウトウト……。

んで、目が覚めたらプレーオフの3ホール目!

なんと笹生プロと畑岡プロのプレーオフ!

3ホール目の2打目を笹生プロがちょうど打つところでした。

レキシーはどうなっちゃったの~? と思いながら観ていると、バーディパットを笹生プロが入れて優勝!

え? え? って思ってる間に優勝しちゃったから、泣く間がなかった。

なんで俺寝ちゃったんだよ! って本当に後悔してます。

すぐに再放送で寝ちゃってたとこを観ましたが、本当に生で観たかったです。

しかし畑岡プロも惜しかったよね~。

これでメジャーのプレーオフを2回やって2回とも負けているわけで、次こそは勝つんじゃないかと思っています。

とにかく、2021年は日本のゴルファーにとって忘れられない年になりました!
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >