ゴルフマン【第217話】スイングイメージ

お気に入り
金曜日のお楽しみ、ゴルフマンの第217話です!

いいイメージができれば、ナイスショットにつながるもんです。

【第217話】スイングイメージ

【第217話】スイングイメージ
ゴルフってイメージ大事です。

どういう球を打ちたいかってことをシッカリとイメージできると、いいショットになる確率が上がったりします。

なので、意外と狭くて狙い所が絞られているホールのほうがいいショットが出たりするもんです。

だだっ広いフェアウェイで「どうぞどこにでもお打ちくださ~い」なんてホールのほうが、イメージ湧かないし、ターゲットがぼやけちゃってミスショットになったりするもんです。

でも狭いホールはプレッシャーがかかるから嫌だけどね。

スイングもイメージが大事です。

体の細かい動きを一生懸命練習している人って多いと思いますが、スイング中の形なんてなかなかコントロールできるものではないんです。

トップでここの角度が何度で、インパクトではこういう形でとか言われてもできないです。

コーチって、その形に持っていかせるための伝え方をたくさん知っている人が良いコーチだと思っています。

伝わる言葉とか、イメージって人それぞれ違いますからね。
何かに例えてイメージすると動きが理解しやすかったりします。

テニスをやっていた人ならフォアでトップスピンをかけるイメージとか。

野球をやっていた人ならセンター返しのイメージとか、アンダースローで投げるイメージとかね。

僕は野球経験者なのでアンダースローで投げるイメージってのがけっこう刺さります。

音のイメージってのもけっこう役立つんですよ。

アプローチなんかでもインパクトのイメージが「スパッ」と「ガツッ」と「スーッ」でもスイングや球筋のイメージが変わるじゃないですか。

よく長嶋茂雄さんが感覚派で、擬音ばっかでアドバイスするなんて笑い話を聞きますが、意外とあれって良かったりするんです。

伝わる人にはめちゃくちゃ伝わる。

理詰めではイマイチ理解できない人は、一度音のイメージでやってみると結果が良くなったりするかもしれませんぞ。

アプローチの前に「シュッシュッ」とか言いながら素振りするとけっこうイメージ出たりします。

どんどん声出して行きましょう!(笑)
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >