新・貧打爆裂レポート『EPIC MAX ドライバー』

今回の貧打爆裂レポートは、2021年2月19日に発売されたキャロウェイ『EPIC MAX ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。EPICの新しいドライバーの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

ドローで飛ばすなら『EPIC MAX ドライバー』なのか?

ドローで飛ばすなら『EPIC MAX ドライバー』なのか?
『EPIC MAX ドライバー』は、キャロウェイが2021年2月19日に発売したクラブです。

新しい『EPIC』は3種類のドライバーが出ますが、『EPIC MAX ドライバー』は一番やさしいという位置付けになります。

“「柱」を越えていくには、「フレーム」しかなかった。”というコピーは新しい『EPIC シリーズ』のものです。

『EPIC MAX ドライバー』のコピーは、“革新的なフレームで、ボール初速はMAXへ。やさしく、つかまえて飛ばせるEPIC MAX ドライバー”です。

『EPIC MAX ドライバー』で、まず最初に取り上げるテクノロジーは、AIとスーパーコンピュータで解析し、新たに設計した『JAILBREAK(ジェイルブレイク)AI スピードフレーム』です。

フェースの裏で見えませんが、今までの2本の柱ではなく、四角形のフレームに変わりました。フレームの4つの角の内側に小さな筋交いのような斜めに角を補強する形状があります。

ソールを見ると、フェースのそばに穴が4つありますが、フレームの2つの側面の下部と内側の補強の下部がそれぞれにあるので、それらを支えるためだと思われます。

このテクノロジーは、インパクト時のボディのたわみを大きく減少させて、今まで以上に安定したボール初速を生むようです。

【試打クラブスペック】
ヘッド素材 8-1-1チタンボディ+トライアクシャル・カーボンクラウン&ソール
フェース 鍛造 F2S2 チタン/FLASHフェースSS21
ヘッド体積 460cc
シャフト Diamana 40 for Callaway (S)
ロフト 9度(10.5度、特注で12度もあり)
長さ 45.75インチ
ライ角 59度
価格(税別) 7万7000円

『EPIC MAX ドライバー』は、「FLASHフェースSS21」を採用。AIが、ターゲットゴルファーに合わせた独自の設計になっています。高初速エリアを拡大して、初速アップにも貢献するそうです。

そして、他の2本の新しい『EPIC ドライバー』にはないテクノロジーが『EPIC MAX ドライバー』にはあります。

「ペリメーター・ウェイト」が装着されいるのです。

簡単に説明すれば、ウェイトの位置を変更することで弾道を変える機構です。ウェイトの重さは12グラムです。

ヘッド後部に「ペリメーター・ウェイト」を配置したこともあって、シリーズ3本のドライバーの中でも、最大級の慣性モーメントになって、ヘッドの開閉を抑えて、弾道を安定させるとのことです。

『トライアクシャル・カーボン』も進化しました。

クラウンではカーボン使用領域を広めて、ソールのトウ側もカーボンを使用しました。実質的には、ボディだけを見るとカーボンヘッドのドライバーのようです。

『EPIC MAX ドライバー』は、ヒールサイド寄りにウェイトを配置することで、ドローバイアスがかかったクラブになっているということです。

この部分が心に響くゴルファーは多いと思われます。

『EPIC MAX ドライバー』は、2年前に発売された『EPIC FLASH シリーズ』の後継機種です。テクノロジーとしても、継承しているところがたくさんあります。

『EPIC』という名称のドライバーは、飛距離性能が高いのが当たり前と思っているゴルファーがたくさんいて、期待が高まります。

飛距離に直結する数値として、初速をクラブ性能の証明だと注目させたのは、初代の『EPIC シリーズ』だったのです。

『EPIC MAX ドライバー』は、さらに新しい飛距離性能を発揮するドライバーでなければならないのです。

飛距離性能に注目しながら試打することにしました。

『EPIC MAX ドライバー』はやさしいツアードライバーで新時代を切り開く!

動画を見てください。

『EPIC MAX ドライバー』は、シェイプが、ドローバイアスを感じさせます。ヒールサイドに、たっぷりとボリュームがあります。伝統的というと言い過ぎかもしれませんが、大きなヘッドとセットで、このシェイプにやさしさを感じるゴルファーが多いと思います。

でも、フックフェースではありません。ストレートに調整されています。

打ってみると、ドローをする挙動はありますが、強くはありません。

弾道も、ドローはもちろんですが、ストレートにも、フェードにも打てます。

『EPIC』はツアーモデルの名称ですから、弾道を操るのも楽々というわけです。

『EPIC MAX ドライバー』で素晴らしいと感じたのは、弾道を打ち分けても、飛距離にほとんど影響しないことです。ドローも、フェードも、同じだけ飛びます。

弾道は中弾道です。非常に強いボールが出ますが、棒球よりもきれいな軌跡をボールは描きます。

飛距離は、平均225ヤード。最も飛んだホールで230ヤードでした。トップレベルの飛距離性能です。

打音は、音量は平均的ですが、音質がコンポジットヘッドの少しおとなしい感じになります。打ち応えは軽めなのに、初速感があるという不思議な感覚です。

飛んでいないような雰囲気の音と、きれいだけれど、飛ぶ弾道には見えないこともあって、期待しないでボールのところに行って、「ここまで飛んでいるのか?」と飛距離性能に驚かされたことが、何ホールもありました。

『EPIC MAX ドライバー』は、引っかけないで打てるゴルファーに広くオススメします。

ツアードライバーでありながら、やさしさも感じられます。ただ、引っかけた出球のボールがさらにドローするという危険なボールも出てしまうので、それだけは注意が必要だと思います。

また、平均飛距離を伸ばして勝負をしたいというゴルファーにもオススメです。

安定して飛ばすという意味で『EPIC MAX ドライバー』は、かなり優秀です。

弾道を作れるので、オートマチックとは言えないですが、ツアードライバーでも、こういうクラブがあっても良い時代になったのだと、試打しながら少し感動しました。

飛んでいないと思って、行ってみたら飛んでいる、というのは、個人的にはあまり好きではないドライバーですけれど、試打ラウンドでは、ほぼノーミスで楽なプレーができました。

『EPIC MAX ドライバー』は、新しい時代のツアードライバーの1つの形だと言えます。

僕のようなオールドゴルファーは、打っている感じと結果がシンクロするクラブしかない時代からゴルフをしていたので、打ちこなしている快感をドライバーにも求めてしまうのですが、自己満足より結果が大事ですから、と『EPIC MAX ドライバー』に教えられているような感じがしました。
お気に入り
クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721