新・貧打爆裂レポート『EPIC SPEED ドライバー』

今回の貧打爆裂レポートは、2021年2月19日発売のキャロウェイ『EPIC SPEED ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。EPICの新しいドライバーの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『EPIC SPEED』は飛ばすことが宿命のドライバー!

『EPIC SPEED』は飛ばすことが宿命のドライバー!
『EPIC SPEED ドライバー』は、キャロウェイが2021年2月19日に発売したクラブです。

新しい『EPIC』では3種類のドライバーが出ますが、『EPIC SPEED ドライバー』は真ん中という位置付けになります。

“「柱」を超えていくには、「フレーム」しかなかった。”というコピーは新しい『EPIC シリーズ』のものです。

『EPIC SPEED ドライバー』のコピーは、“革新的なフレームとテクノロジーの結集で、2本の柱を超える驚きのボールスピードを”です。

キャロウェイのウッド系クラブの特徴だった、「2本の柱」がフェースの裏でヘッドとフェースのたわみを最適化する『JAILBREAK(ジェイルブレイク)テクノロジー』を超えるために、AIとスーパーコンピュータで解析し、設計したのが、『JAILBREAK AI スピードフレーム』です。

フェースの裏で見えませんが、四角形のフレームの4つの角の内側に小さな筋交いのような斜めに角を補強する形状があります。ソールを見ると、フェースのそばに穴が4つありますが、フレームの2つの側面の下部と内側の補強の下部がそれぞれにあるので、それらを支えるためだと思われます。

『JAILBREAK AI スピードフレーム』を採用したことで、インパクト時のボディのたわみを大きく減少させて、今まで以上に、安定したボール初速を生むことが可能になったようです。

【試打クラブスペック】
ヘッド素材 8-1-1チタンボディ+トライアクシャル・カーボンクラウン&ソール
フェース 鍛造 F2S2 チタン/FLASHフェースSS21
ヘッド体積 460cc
シャフト Diamana 50 for Callaway(S)
ロフト 9度(10.5度もあり)
長さ 45.75インチ
ライ角 58度
価格(税別) 7万7000円


『EPIC SPEED ドライバー』は、「FLASHフェースSS21」を採用。AIが、ターゲットゴルファーに合わせた独自の設計になっています。高初速エリアを拡大して、初速アップにも貢献するそうです。

『トライアクシャル・カーボン』も進化しました。

クラウンではカーボン使用領域を広めて、ソールのトウ側もカーボンを使用しました。実質的にはボディだけを見ると、カーボンヘッドのドライバーのようです。

これも見ただけではわかりづらいのですが、『EPIC SPEED ドライバー』は浅重心になっているそうです。

それだけだとミスヒットに弱くなったり、ボールが上がりにくくなってしまうので、ソール後方にスクリューウェイトを配置し、高慣性モーメント化することで、機能を両立させて、良いところ取りになっています。

最後に「サイクロン・ヘッドシェイプ」も、『MAVRIK ドライバー』から引き継いで採用しています。

スイング時の空気抵抗を軽減して、ヘッドスピードを上げることに貢献するテクノロジーです。

『EPIC SPEED ドライバー』は、2年前に発売された『EPIC FLASH シリーズ』の後継機種です。テクノロジーとしても、継承しているところがたくさんあります。1年前の『MAVRIK』シリーズからも継承しています。

『EPIC』は飛ぶというイメージを持っているファンはたくさんいます。ある意味で、飛距離性能が高いのは『EPIC』の宿命でもあるのです。

最近は、初速にこだわるゴルファーが増えました。飛距離に直結する数値として、クラブの性能を測る指針になるからです。

それを最初に世のゴルファーに知らしめたのは、初代の『EPIC シリーズ』でした。

『EPIC SPEED ドライバー』は、さらに新しい飛距離性能を発揮するドライバーでなければならないのです。

飛距離性能に注目しながら試打することにしました。

『EPIC SPEED』はツアードライバーの1つの理想である!

動画を見てください。

『EPIC SPEED ドライバー』は、シェイプが、キャロウェイっぽくて誇らしく感じました。美しいドライバーです。

少し意外だったのは、ヘッドが大きく見えることです。やさしそうだと安心するゴルファーもいると思います。

個人的には、クラウンに適度な高さがあり、ボールが吹き上がらないイメージがあって好感触でした。クラウンは高いのですが、平らに見えるところが上手くできています。また、アドレスビューで、フェースの見え方が良いです。何のストレスもなく、狙った方向に構えられます。

『EPIC SPEED ドライバー』を打ってみると、打音の音量はちょうど良い大きさで、音質はポワンとしたコンポジットな感じです。

打ち応えは、ふんわりしていていて、独特です。しかし、初速感はしっかりとあります。何とも不思議でした。

弾道は、普通に打てば高めの中弾道です。ただ、少しフェースの下部に当たると、ボールはぐっと低くなります。結果として、飛距離は変わらないのですが、このような弾道が出るドライバーは、市場にはないので、面白かったです。

ボールは強い棒球です。吹き上がらない球質です。

僕の場合は、フェードが気持ち良く打てて、気持ちが良かったです。

飛距離は、平均で225ヤード、最高は235ヤードでした。トップクラスに飛びます。『EPIC SPEED ドライバー』は、飛ぶドライバーという宿命をクリアしています。

『EPIC SPEED ドライバー』は、ヘッドスピードが速いゴルファーにオススメです。ヘッドスピードが速いほうが、機能をフルに使いこなせる可能性が高いからです。

ボールが吹き上がって困っているというゴルファーにも『EPIC SPEED ドライバー』はオススメです。

『EPIC SPEED ドライバー』は、バリバリのツアーモデルのドライバーです。

ミスヒットへの許容範囲が広くなったという意味では、『EPIC SPEED ドライバー』は『EPIC』市場で最もやさしいと感じました。

少しのミスヒットで、アンコントロールなボールが出てしまうことが、過去の『EPIC』ではありましたが、そういうじゃじゃ馬的な要素は減りました。

それでいて、ボールの弾道を高くする部分は、プレーヤーに任されています。

いろいろな考え方があると思いますが、『EPIC SPEED ドライバー』は、理想的なツアーモデルだと思います。

すべてのゴルファーが打てるというわけではありませんが、一部の人には、これ以外は使えない、という唯一無二のクラブになって、自分のゴルフを充実させてくれる可能性があるからです。

『EPIC SPEED ドライバー』で腕試しでも良いですし、これが打てるようにしようという基準にするのもありです。キャロウェイのテクノロジーと英知が集結したドライバーに拍手を贈りたいと思います。
お気に入り
プロギアサイエンスフィット211019

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアサイエンスフィット211019