100切りを目指すゴルファーはパーを狙うな!?

お気に入り
100切りを目指すなら、それなりのコース戦略は必要です。

やみくもに打っていては、100切りは達成できません。

そこで、100切りを目指すゴルファーのために、スコアメイクの考え方や課題についてご紹介していきます。

100切りを目指すならパー狙いは止めるべき?

100切りを目指すならパー狙いは止めるべき?

getty

もし、あなたが100切りを目指すゴルファーなら、全ホールでパーを狙うのはいますぐ止めましょう。

答えは、スコアを単純に計算してみるとわかるはずです。

全ホールダブルボギーでスコアは108、ボギーで90になります。

意気込んでパーを狙わなくても、じつは100切りのスコアメイクは可能です。

そう考えると、なんだか気持ちが楽になりませんか?

では、ここからはスコアメイクのための考え方や課題について、もう少しご説明していきます。

18ホールを3種類に分けて考えてみる

18ホールを3種類に分けて考えてみる

getty

みなさんは、ゴルフコースのホールは大きく3種類に分けられることを知っていますか?

ゴルフ場によっては、割合が変わるかもしれませんが、ほとんどのゴルフ場は以下の割合でホールを分類することができます。

1.ショートホール(パー3) 4ホール
2.ミドルホール(パー4) 10ホール
3.ロングホール(パー5) 4ホール

100切りを目指すゴルファーなら、3種類のホールから勝負ホールを見極めて、スコアメイクが必要です。

そして、コース戦略の考え方や課題をシミュレーションしてみましょう。

勝負ホールをしっかり見極める

勝負ホールをしっかり見極める

getty

ここからは、コース戦略の考え方や課題をシミュレーションしていきましょう。みなさんなら3種類に分けたホールの内、どれを勝負ホールとして考えますか?

パーを狙いやすいショートホール、それとも一番ホール数の多いミドルホールでしょうか。

100切りを目指すなら、ショートホールとロングホールで勝負するのが、コース戦略としてオススメです!

なぜなら、ミドルホールは難度の高いホールが多く、スコアメイクが難しいと言えます。

それよりも、ショートホールやロングホールを攻略するシミュレーションを練って、ボギー狙いの方が、効率的にスコアメイクができるでしょう。

ショートホールなら、平らな場所からティーショットを打てます。

無理してピンを狙わず、バンカーや池を避け、確実にグリーンに近づけることを目指しましょう。

2オン2パットならボギーです。

ロングホールなら、1打の重みが小さくなります。

仮に450ヤードのパー5なら、ティーショット、2打目、3打目と3回150ヤード打てればグリーン近くまで行くのです。3打でグリーン周りにたどり着ければ、そこからアプローチで乗せて2パットでもボギーです。

ドライバーやフェアウェイウッドで無理して長い距離を打とうとせず、着実に前に進む戦略を取りましょう。

とにかく無理をしない!

とにかく無理をしない!

getty

100切りを目指すなら、絶対にOBは避けるようにしましょう。スコアを大きく崩す原因の一つがOBです。

遠くに飛ばそうという欲は捨てて、飛距離は求めずに、とにかく確実に前に飛ばすことに集中しましょう。

もう一つ大事なことは、無理をしないことです。

林に入れたら、無理して木の間から前を狙わず、横にとりあえず出す、池やバンカーは徹底的に避ける、などです。

ボギー9回、ダブルボギー9回でもスコアは99です。

パーを狙う人よりも、1、2打多く叩けると思って余裕を持ってプレーすれば、効率的にスコアメイクも可能だと言えます!


ここまで、100切りを目指すゴルファーのために、スコアメイクの考え方や課題をご紹介してきましたが、いかがでしょうか?

各ホールでパー狙いすることに囚われず、ボギー、ダブルボギー狙いで気軽にプレーしてみましょう。

無理をしなければ、大たたきのホールを防げます。

大たたきのホールをなくせれば、おのずと100切りは見えてくるでしょう。

健闘を祈ります!
お気に入り
akemi

80台を夢見るゴルフ女子

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。