新・貧打爆裂レポート『プロV1x ボール』

今回の貧打爆裂レポートは、2021年2月5日に発売されたタイトリスト『プロV1X ボール』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。タイトリストの新しいボールの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『プロV1x』はモデルチェンジというより新ボールだ!

『プロV1x』はモデルチェンジというより新ボールだ!
『プロV1x ボール』は、タイトリストが2021年2月5日に発売したボールです。

何と言っても、世界ツアー使用率No.1ゴルフボールということで、モデルチェンジしたボールについて注目が集まっています。

“トータルパフォーマンスに優れたゴルフボールです。さらなる飛距離性能と理想的な高めの弾道を実現”と紹介されているボールです。

【試打ボールスペック】
構造 4ピース
カバー 新キャストウレタン・エラストマー・カバー
コア 新配合2.0ZGデュアルコア
ディンプル 新348ディンプル
カラー ホワイト(イエローあり)
価格 オープン価格

『プロV1X ボール』は、赤いボールナンバーのほうの『プロV1 シリーズ』のボールです。(『プロV1 ボール』のボールナンバーはブラック)
タイトリストのツアーボールの飛距離特性を重く見たほうのボールというイメージのファンが多いと思います。

『プロV1x ボール』は20年以上続くブランドですが、今回のモデルチェンジはかなり大胆であることがわかります。

1つ目は「新配合2.0ZGデュアルコア」です。より飛距離性能を増すために新しくしたということですが、コアはボールの飛距離性能と直結しています。もっと飛ばすことができるようなテクノロジーだと推測されます。

2つ目は、「新キャストウレタン・エラストマー・カバー」です。これも新しいのです。よりソフトに進化したカバーは、スピン性能を向上させるために開発されたようです。

3つ目は、「新348ディンプル」です。アドレス時の顔からボールまでの距離でも、このディンプルは、今までとは違うことがわかる人も多いと思います。配列パターンだけではなく、ディンプルの深さも変わって見えます。

弾道に直接影響するテクノロジーです。

そして、直接は見えませんが、コアとカバーの間のケース層も新しくなっています。ロングショットでの初速を上げつつ、低スピンのボールを実現するためには不可欠なテクノロジーです。

新しい『プロV1x ボール』は、今までとは違うボールになっている可能性があると考えられるほどの進化を感じさせます。

『プロV1x ボール』は、すでにツアーで何勝もしているボールで、実績を積み上げ始めています。

開発の科学的な裏付けを突き詰めるまでもなく、現実の戦歴でも優秀さを証明しているというわけです。

製品の説明で、『プロV1x ボール』の適応するヘッドスピードは全領域とされています。ツアープロだけではなく、普通のアマチュアも使用することができるのか?

コースに持ち込んで打つ前からワクワクしました。

『プロV1x』はドライバーの飛距離性能で選ばれる!

動画を見てください。

『プロV1x ボール』は、前モデルも、前々モデルも、ツアーボールとして素晴らしい完成度を誇るボールでした。それはある意味で、段階的に『プロV1シリーズ』らしさを削っていくような雰囲気さえ感じました。

ぶっちぎりのリードでトップを独走する時代は終わって、改めて、追い越されないように革新を進めていくというイメージですが、伝統にこだわり過ぎてダメになってしまう老舗が多い中で、タイトリストの姿勢は見事だと思っていました。

新しい『プロV1x ボール』は、そういう意味で、微調整ではなく、新しいボールを作るというような意気込みを感じさせます。

ゴルフコースで打った1発目で、衝撃が走りました。

『プロV1x ボール』は、ドライバーの飛距離性能が明確にアップしたからです。

前モデルより10ヤードは確実に飛びます。

現在、市場にあるボールの中でトップ争いができます。この現実だけで、『プロV1x ボール』を選ぶゴルファーがたくさん出現すると予感させました。

弾道も強くてきれいです。低スピンの強いボールです。

打音は、音量も音質も『プロV1x ボール』です。つまり、変わらないのです。

打ち応えは、ソフトですが、重いところが良いのです。フェースのどこにボールが当たったかが、しっかりわかります。

ボールは感性の部分で、大きな変化があると、使い慣れるまで時間がかかりますし、時として、感性と合致しないことで機能をフルに発揮させないというマイナスにもなります。

『プロV1シリーズ』の打音や打ち応えは、世界中のゴルファーに愛される基準になっているといっても過言でありません。それが変わってはダメなのです。

『プロV1x ボール』は、フェアウェイウッドも少し飛びますが、アイアンになると前モデルと同じ飛距離になります。

ただ、バックスピンがショートアイアンになるほど増えていきます。スピン性能は、ツアーボールでトップレベルです。

アプローチでは、小さな動きの短い距離でもしっかりとスピンがかかります。

『プロV1x ボール』は、ドライバーの飛距離が出る最上級のツアーボールが欲しいゴルファーにオススメです。

昔、『プロV1x ボール』を使っていたけど、他のボールをエースボールに替えていたゴルファーにもオススメです。

個人的に、「タイトリストさんはやるなぁ」と感心したのは、姉妹ボール『プロV1 ボール』との差が明確になったことです。

元々違うボールなのですが、近年の『プロV1シリーズ』数代は、差がわかりづらいというゴルファーが多かったように思います。

新しい『プロV1x ボール』と『プロV1 ボール』は、まったく違うボールだと、すぐにわかります。どちらも極端に進化しました。

僕は、2つのどちらかを選ぶとしたら、『プロV1x ボール』を選択します。

打音と打ち応えが好きだからです。ソフトでも、ソフト過ぎないところが良いです。飛距離性能、スピン性能、どちらも言うことなし、です。

『プロV1x ボール』は、王道を行くツアーボールです。今回の試打で、強くそれを思い知りました。

使っていて、何の不満を抱かず、足りないと思えるポイントがないのです。

『プロV1x ボール』を試打する予定は2ラウンドあったのですけれど、1ラウンドで十分だということで終了しました。試打動画を撮り終えたし、知りたいことはすべてわかったからだというのは表向きの理由で、これ以上使用したら、他のボールが使えなくなるかもしれないという恐怖を感じたからです。

『プロV1x ボール』は、パフォーマンスでゴルファーを魅了するボールです。
お気に入り
Z-STAR 210203-210303

TOPページへ >

TOPページへ >

Z-STAR 210203-210303