出るか?500ヤードドライブ~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#198

お気に入り
今週は米ツアーの今年初戦「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」が開催されます。

「チャンピオンたちのトーナメント」という大会名どおり、そもそもは前年のトーナメント優勝者だけが出場する大会ですが、今回は特別措置で昨シーズンの最終戦「ツアー選手権」進出プレーヤー(フェデックスカップランク30位まで)も加わる、計42選手出場のフィールドとなりました。

世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンを始め、同ランキングトップ10の8人が顔を揃える豪華で熱い陣容です(欠場はロリー・マキロイとティレル・ハットン)。

そのため、ファンそれぞれに楽しみな注目点があると思います。

実は、「500ヤードドライブが飛び出すか?」ということもそのひとつなんです。

期待の一番手はもちろんデシャンボー

舞台のカパルア・プランテーションコースは打ち下ろしのホールが多いうえに、フェアウェイは硬く、そして広いため、飛距離が出やすいのです。

大会のロンゲスト・ドライブの最近の記録を見ると、昨年はラント・グリフィンの429ヤードを筆頭に5選手、一昨年はジョン・ラームの421ヤードを筆頭に12選手が、400ヤード台をマークしています。

飛距離でツアーを席巻しつつあるブライソン・デシャンボーですが、昨年は欠場。一昨年は肉体改造前で、ここでの記録は386ヤード止まりでした。

しかし、今年は違います。

このオフは、他の多くの選手がのんびりと休暇をとる中、彼は筋トレに励み、2019年の世界ドラコン選手権優勝者=カイル・バークシャーと一緒に飛距離アップに取り組む日々を送っていたようです。

目指すは、ボール初速が平均207~210マイル/時(約92.5~93.9メートル/秒)。ちなみに、彼はトーナメントでまだ200マイル台を記録していません。

そのかつてない初速で弾き出されたボールは、カパルアのファアウェイをどこまで飛んで、転がるのでしょう。

同コースでは、公式ではデービス・ラブIIIが2004年大会において、18番ホールで476ヤードを記録。

非公式ではタイガー・ウッズが2002年大会に、やはり18番ホールで498ヤード飛ばしたとされています。

ダスティン・ジョンソンにも可能性

500ヤードドライブの可能性があるのは、もちろんデシャンボーだけではありません。

今大会の優勝候補筆頭で、飛ばし屋でもあるダスティン・ジョンソンは、2018年大会で430ヤードをマーク。ハドソン・スワッフォードと並んで、同年大会のロンゲスト・ドライブ1位になっています。

その430ヤードドライブを放ったときの模様が、上掲のYouTube動画。

12番パー4のティショットは、あわやアルバトロス! という驚きの一打でした。

さて今回は、どんな劇的ドライビングを見せてくれるのでしょう。

500ヤードドライブ候補は他にも

500ヤードドライブ候補は他にも

getty

破格のロングドライブが期待される選手はまだまだいます。

そのひとりが、今年用具・ウェア契約を一新したジョン・ラーム(写真右)です。新しく手にしたキャロウェイのドライバーやボールとのマッチングはいかに。

ツアーの今後を占ううえからも注目されます。

もうひとり、昨年暮れにボール初速206マイル/時(約92.1メートル/秒)、キャリー383ヤードを測定した一打をSNSにシェア(下掲のツイッター動画)したトニー・フィナウ(写真左)。

彼にも、500ヤードドライブをやってのける力はありそう。

年明け早々、ビッグなドライビングのニュースが届くことを期待しましょう。
お気に入り
こせきよういち

かれこれ30年もフリーランスのライター稼業をやっています。活動のフィールドはゴルフ雑誌がメインですが、ゴーストライターとして単行本を執筆したり、某出版社の運営を手伝ったり、テレビ・ラジオのスポーツ番組の構成を手掛けたり……。昨年(2016年)はトランプ大統領をテーマにした単行本の一部執筆もしました(笑)。でも、目下一番忙しいのは、日々SNSにアップしているゴルフ関連の話題を収集する作業かな。ゴルフ界、スポーツ界がもっと元気になれるように、との視点から有益な、あるいは面白い情報を集め、発信しています。 Twitter: https://twitter.com/kohe46

このライターについてもっと見る >
Z-STAR ownname 210101-210201
Z-STAR ownname 210101-210201

カートに追加されました。