グリーン上にストレートなラインはほぼない!スライスラインとフックラインのコツ

お気に入り
グリーンには大なり小なりのアンジュレーション(起伏)があるのが一般的です。

まったくのストレートなラインなどほとんど存在せず、スライスラインかフックラインのどちらかです。

それに加え、上りや下りの傾斜もありますので、ボールの曲がりが微妙に変化します。

したがって、よほど短いパットを除けば、カップを真っすぐ狙っても入らない場合が圧倒的に多いということを覚えておきましょう。

ライン上に仮の目標を置くこと

ライン上に仮の目標を置くこと

getty

カップに寄せる確率を高めるためには、アドレスに入る前にボールとカップを結ぶ地点の傾斜を十分に観察して、パッティングラインをはっきりイメージしなければなりません。

姿勢を低くして、グリーンの表面がどちらの方向に傾斜しているのか、そしてどのくらい傾いているのかをチェックして、傾斜の度合いに合わせてラインを目で描きます。

ラインのイメージが出来上がったところで、ライン上にスパットを設定します。ボールをカップに近づけるための仮の目標というわけです。

一般的にスパットは、ライン上のもっとも高い地点、つまりボールをその方向に打っていけば傾斜に乗って、カップのほうに転がっていくと思われる地点に設定します。

あとは、スパットに対してパターフェースをスクエアにセットして、その上をボールが通過する気持ちでストロークするのみです。

カップよりも、仮の目標のほうに意識を集中させて打つことを常に心がけましょう。

スライスラインは右に押し出すミスに要注意

スライスラインは右に押し出すミスに要注意

getty

スライスラインの場合は、当たり前のことですが、カップの左サイドを狙ってストロークします。

ライン上のスパットの方向にしっかりと打っているうちはいいのですが、カップを意識し過ぎると、ストロークの軌道がインサイドアウトになりやすく、ボールをカップの右に大きく外してしまうケースが多くなります。

いわゆる「押し出してしまった」というミスです。

前述したように、カップではなく、ボールとスパットを結ぶラインをしっかりイメージして、そのラインに沿ってストロークすることに集中します。

アドレスした時のボールをセットする位置は、大体左目の真下です。

ほぼ左足カカト内側の線上となりますが、そうすることによって、ボールにオーバースピン(順回転)がかかって、ボールの転がりがスムーズになります。

ボールの位置をそれよりも目標側にセットすると左に引っ掛けやすく、反対に右足寄りにセットすると、右へ押し出してしまいやすくなるので、ボールの位置には要注意です。

ボールをいつも同じ位置にセットすることがパッティングの基本でありますが、こうした性質を逆に利用してしまう打ち方もあります。

つまり、ボールを左寄りにセットしてストロークすると、スライスラインで右に押し出すミスをしにくくなる効果が期待できます。

フックラインはボールを少し右足寄りにセットする

フックラインはボールを少し右足寄りにセットする

getty

フックラインの場合は、カップの右サイドを向いて構える形になりますから、スライスラインよりもカップが見づらくなります。

しかし、あまりそのことにはこだわらないで、スライスラインと同様に、ライン上のスパットに狙いを定めてストロークすることに集中します。

ところが、ストローク中にカップが気になりますと、ダウンスイングに入った時に右肩が出てしまったり、インパクトで手首をコネてしまったりして、その結果、ボールを引っ掛けてしまってカップの左に外してしまうことになります。

このようなミスを防ぐためには、左の手首をロック(固定)させてストロークをするとともに、右肩が絶対に前に出ないように十分注意しなければなりません。

ボールの位置については前項でも触れましたが、フックラインで左足寄りにセットして構えると、ますます左に引っ掛けやすくなってしまいます。

ボールをよくカップの左に外しやすいという人は、左足カカト内側の延長線上、もしくはそれよりもやや右足寄りにボールをセットしたほうが、ストロークが正確になるでしょう。

ゴルファーには人それぞれ得手、不得手がありますが、パッティングも例外ではありません。スライスラインが得意な人もいますし、フックラインをまったく苦にしない人もたくさんいます。

パッティングラインによって生じる苦手意識を克服することももちろん大切ですが、自分がどちらのラインが得意なのかを知っておくことも重要です。

スライサーのゴルファーは、スライスラインが得意で、フッカーのゴルファーは、フックラインが比較的得意だという説もよく言われますが、はたしてあなたはどちらのタイプに当てはまるでしょうか。

自分がなんとなくすんなり打てるラインがフックかスライスか自覚したら、実戦ではできるだけ自分の得意だと思うパッティングラインを残すような攻め方を心掛けてみてください。

それによって、グリーンサイドからのアプローチショットの寄せる場所も変わってくることでしょう。

すると、スコアメイクが大変楽になります。

再確認しましょう。グリーンにはほぼ真っ平らの場所などほとんど存在しなのです。

ほとんどの場合、スライスラインかフックラインです。スパット方向に全集中ですよ。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >