パターで初心者がやりがちなミス4選!ミスを潰してスコアアップを目指そう

ゴルフは当て感が大切!

どうも~ノザ@ゴルフライターです!

今回は、「パターで初心者がやりがちな4つのミス」を紹介していきます。

この「やりがちなミス」を認識しておけば、いざその場に直面した時に注意することができる。常に意識していればそのミスは事前に防げるので、スコアアップにも直結します。

パターはカップインさせるクラブ。故にスコアに関わるのでミスが多く絡むクラブです。

これから紹介するポイントには常に気を付けてください。

パターはスコアを作る重要なクラブ! ミスは厳禁です

パターはスコアを作る重要なクラブ! ミスは厳禁です

getty

繰り返しますが、パターはスコアを作る上でもっとも重要なクラブです。

ドライバーのミスはアイアンで補え、アイアンのミスはウェッジで補える。そしてウエッジのミスはパターで。

しかしパターのミスは補えない。なぜなら最後に使用するクラブだから。

パターでのミスは致命的です。いくら2オンしてもそこから4パットでは簡単にダボ(ダブルボギー)になってしまう。

ゴルフが上手い人、シングルさんレベルなら皆パターを重要視しています。そしてパターが下手な人はほとんどいません。

スコアを作る上でパターは最重要。これだけは不変な事実です。

「パターなんて体重移動もないしバックスイング浅いんだから難しいクラブじゃない! 練習なんて当日練習グリーンでやれば良い!」なんて安易に考えてはダメです。

パターももちろんダフりもあるし、ミスすることも多分にあるのですから。

では、以下より初心者がよくやるパターのミスについて説明していきます。

ポイントは全部で4つです。

1.バックスイングが大き過ぎる

1.バックスイングが大き過ぎる

getty

初心者にやりがちなミスで本当によく見るのは「大きなバックスイング」です。

ほとんどの方がこのミスを連発します。そのため「行ったり来たり」を繰り返し、心を折られる瞬間を幾度となく見ました。

多分パターの距離感がまだなくて、「このスイング幅じゃ足りない」という本能が働くのだと思います。

これくらい打てばこのくらい転がるという感覚がパターの距離感には大切。しかし初心者にはその経験値が足りない。

イメージはとにかくバックスイングはなるべくコンパクトに。1打1打少しずつでもカップに近付くようにしましょう。

間違ってもファーストパット時よりも遠くに行かないようにしましょう。バックスイングは浅く、弱め弱めです。

2.ナイストライをイメージし過ぎている

2.ナイストライをイメージし過ぎている

getty

ゴルフでは相手に賛美を送る意味合いで、ナイスプレーには言葉を掛け合います。

ナイスショット!
ナイスオン!
ナイスパー!

グリーン上でももちろんあります。カップを通り過ぎた強い球を「ナイストライ!」と言うんです。

カップ手前で球が止まっては、たとえラインに乗ったとしても絶対にカップインはしない。対してカップを通り過ぎる球は、カップに入る確率が0でないため、「外したけど強気な良いパッティングだ」と認識されます。

故に強気な球を打った際は、たとえ入らなくてもナイストライと言う習わしがあるんです。

※反対に、海外では弱気なパットをすると「チキン野郎」という意味を込めてブーイングされることもあるそう。

確かにショートばかりではダメですが、ナイストライを意識し過ぎて打つのはいかがなものかと思います。

ナイストライのせいで返しのパットが入らなければ元も子もない話です。

ナイストライではなく、ナイスタッチを狙いましょう。

3.パターを簡単なクラブだと思っている

3.パターを簡単なクラブだと思っている

getty

上記でもチラッと書きましたが、多くの人はパターを簡単なクラブだと認識しています。

やっぱり距離を出さなくて良いクラブですし、スイングにしてもコンパクトで良い。難しいクラブという印象がないんですよね。

単純に200~300ヤードで使用するクラブと2〜3メートルを打つクラブだとどちらが難しい? という話です。

ですが、パターは決して簡単なクラブではありません。距離感を養い、スイングを固定しなければ良い転がりは生まれません。

パターで苦戦している人は、一度考え方を変え「一番難しいクラブ」と考えましょう。

パターを甘く見てると本当に泣かされます。考えを一変して、他のクラブに掛ける時間以上にパター練習をしましょう。

パターは家の中でも気軽に練習ができるので、部屋の中にパターマットを敷き、毎日でもパターに触って練習しましょう。

4.左右の傾斜の読みに時間を使い過ぎる

4.左右の傾斜の読みに時間を使い過ぎる

getty

最後の注意点は「左右の傾斜を読み過ぎている」です。

「は? 傾斜を読まないでどうするの?」と疑問に思う方も多いでしょう。僕があまり必要ないと考えている傾斜は左右の傾斜です。

なぜ左右の傾斜は読まなくて良いのか? 当然読んだほうが良いのですが、優先順位は低いと考えています。

僕がパッティングで大切だと考えるのは以下の順。

1.縦の距離感
2.強弱のタッチ
3.再現性のあるスイング

そして最後に左右の傾斜の読みです。

ぶっちゃけ左右の傾斜はパッと見で判断して構わないと思ってます。「左かな……それとも右に切れる?」なんてレベルの傾斜なんて無視でOK。

そこに時間を割くより、縦の距離感のほうが圧倒的に大切です。

時間は限られている。初心者の頃にすべてのことはできないから取捨選択が大切。

左右の傾斜はざっとで良いのです。

まとめ・パターこそミスが許されないクラブです

まとめ・パターこそミスが許されないクラブです
ということでまとめます!

【パターでやりがちな初心者のミス4選】
1.バックスイングが大き過ぎる
2.ナイストライをイメージし過ぎている
3.パターを簡単なクラブだと思っている
4.左右の傾斜の読みに時間を掛け過ぎ

以上になります。

繰り返しますが、パターは重要なクラブかつ、練習が必要なクラブです。

プロの試合を観ても、皆一番パッティングに時間を掛けています。それがすべてを物語っている。

とにかく上記で説明したやりがちなミスだけは押さえておきましょう。これだけでだいぶスコアが変わると思います。

それではまた!
お気に入り
ノザ@ゴルフライター

【ゴルフは一生モノ】関東近郊に住むアラフォー直前のノザです!今までゴルフライター&ブログなどで500記事以上を書いています。

このライターについてもっと見る >
Z-STAR ownname 210101-210201
Z-STAR ownname 210101-210201

カートに追加されました。