ショートアイアンを持ったら、確実にグリーンオンさせたい!その対策は?

お気に入り
ショートアイアンを使うケースというのは、ピンを狙っていく状況です。

ピンがグリーンの端に立っている時は外すこともあるでしょうが、センター付近に立っている時にも関わらず、グリーンオンできないというのでは、レベル的にはまだまだ問題があります。

ショートアイアンのミスは、ダフリ、トップ、シャンク、そして引っ掛けといったところがほとんどです。

シャフトが短いためミートしやすく、しかもロフトがあるためボールが上がりやすいので、アマチュアにとっても、比較的簡単なクラブです。

それでも、このような多種多様のミスが出てしまうのはなぜでしょう?

いくら打ちやすいクラブであっても、正しいスイングができていなければ、ボールは正確にヒットできませんし、クラブが持っている機能を生かすことはできません。

ロフトがあり、シャフトが短い分、鋭角的なスイングになって、ダフリ、トップも出やすいのです。

また、ターゲットが近くなるほど、ボールの行方が気になって、ヘッドアップもしてしまいます。

このように簡単そうに思っているクラブであっても、思わずミスをしてしまうのがショートアイアンです。気を抜かず、正しくボールをヒットすることに、まずは集中しましょう。

流れるようなスイングでフィニッシュをしっかり取る

流れるようなスイングでフィニッシュをしっかり取る

getty

ショートアイアンを使うケースでは、最も致命的なミスと言えるのがダフリでしょう。

ヘッドアップをしたり、反対にボールを見過ぎて、体が止まってしまったり、上から打ち込むことを意識し過ぎてタイミングが早くなってしまったり、その原因は人それぞれです。

しかし、どれもボールを打つところで止まってしまっているという共通点があります。

言葉を換えると、最後まで振り切っていないということです。

ショートアイアンを持っているということは、グリーンまでの距離は100ヤード前後です。

絶対にグリーンオンさせなくてはとか、乗せて当然といったプレッシャーもあるでしょう。しかし、まだ打ち終わらないうちに、スイングをやめて、ボールの行方を見ようとすれば、タイミングが狂って、ダフってしまうのも当然の結果です。

どのショットにも言えることですが、インパクトは一連のスイングの中の一通過点なのです。

無理をした大きなフィニッシュを取る意識は必要ありませんが、アドレスからフィニッシュまでは、淀みなく流れるようなスイングを心がけて、気持ちよくフィニッシュを取ることを考えてからスイングしましょう。

フットワークでフォロースルーを取る

フットワークでフォロースルーを取る

getty

上からダウンブローに打ち込まなくてはなどと、ボールをどうヒットするかばかりに意識が集中しているせいでしょうか、インパクト即フィニッシュという形で、フォロースルーの途中でスイングが終わってしまっている人をよく見かけます。

スイングの途中で体の動きを終えてしまいますと、特にミドルアイアン以下の番手では、ロフトが大きい分、左へ引っ掛けてしまうミスが出やすくなります。

ショートアイアンを持った場合は、ミドルアイアンほどボールを上げようという意識はないでしょう。

そのおかげで、クラブヘッドはスムーズに下りてきて、ジャストミートの確率は高いはずです。

ですから、ここではボールを打ち込むんだという意識にとらわれずに、インパクト以降も軸回転のスイングを心がけて、打ち抜いたクラブヘッドを勢いに任せてフォロースルーからフィニッシュへつないでいきましょう。

その時、必ず下半身の動き、つまりフットワークでフォロースルーを取ることです。

足を使わないと、体の左サイドが止まったり、伸び上がったりしてしまい、ボールが左に飛んでいってしまいます。

フットワークを正しく使うことによって、結果的にダウンブローに打ち込めて、きれいなターフが取れることでしょう。

80パーセントの力でスイングする

80パーセントの力でスイングする

getty

ショートアイアンというクラブは、目一杯の力でスイングするクラブではありません。

ドライバーショットのようにターゲットゾーンが広く、多少曲がっても飛距離を優先させるクラブであれば、フルスイングをする必要がありますが、ショートアイアンを使うケースでは、距離と方向、どちらも合わせなくてはいけません。

そのような用途であるクラブをフルスイングで打ってしまえば、ピンに寄せるどころか、大きなミスが出るだけです。

特にウェッジでトップのミスショットが出てしまえば、グリーン奥への大トラブルにつながってしまいます。

ショートアイアンを使う時のアドレスは、前傾姿勢も深くなっているため、目一杯のフルスイングをしてしまうと、自然に上体が伸び上がってきます。

そのままインパクトしてしまうと、クラブヘッドはボールの上部にヒットしてトップし、ボールは鋭いライナーでグリーンの奥のOBなんて、泣くに泣けない経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

ショートアイアンは80パーセントの力でスイングすることで十分なのです。

80パーセントのスイングではピンに届かないというなら、番手を上げればいいだけのことです。

力むことなく、80パーセントのスイングをすることで、確実にグリーンする確率は高まるはずです。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516