【ピン/PING】つかまりを強化したG425 SFTと低スピンを強化したG425 LST。HS42m/sに合うのはどっちのドライバーだ!?【MSD42】

お気に入り
Gridge編集長じゅんやあく(HS:42m/s、HC:9)とゴルフ工房スタジオCGAのカリスマクラフトマン山崎康寛が贈る試打コーナー!

その名も「MSD42(マジシダフォーティーツー)」!

ヘッドスピードが42m/sという平均的なフィジカルのアマチュアが、アマチュア目線でアマチュアのためのマジ試打を行います。

今回は、ピンの最新ドライバー、G425シリーズのつかまり強化モデル「SFT ドライバー」と、低スピン強化モデル「LST ドライバー」をそれぞれ試打します。性格の違う2機種、はたしてどんな試打結果になったのか、ぜひご覧ください!
試打クラブスペック(計測:スタジオCGA)

ピン G425 SFT ドライバー
シャフト:ALTA J CB SLATE(S)
表示ロフト:10.5度
リアルロフト:11.5度
ライ角:60度
長さ:45.625インチ
クラブ重量:303.7グラム
バランス:D0
振動数:245cpm

ピン G425 LST ドライバー
シャフト:ALTA J CB SLATE(S)
表示ロフト:10.5度
リアルロフト:9.8度
ライ角:57.5度
長さ:45.625インチ
クラブ重量:308.7グラム
バランス:D3.4
振動数:244cpm
お気に入り
Gridge編集部

Gridge編集部による独自取材の記事を配信していきます!

このライターについてもっと見る >
Z-STAR ownname 210101-210201
Z-STAR ownname 210101-210201

カートに追加されました。