新・貧打爆裂レポート『TSi3 ドライバー』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年11月13日に発売されたタイトリスト『TSi3 ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。タイトリストの新しいドライバーの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『TSi3 ドライバー』はテクノロジーと感性が融合して素晴らしい!

『TSi3 ドライバー』はテクノロジーと感性が融合して素晴らしい!
『TSi3 ドライバー』は、タイトリストが2020年11月13日に発売したクラブです。

“DYNAMIC DISTANCE. SureFit CGトラック搭載。さらに思い通りの強弾道。”というコピーのドライバーです。

【試打クラブスペック】
ヘッド素材 チタン合金鋳造
フェース ATI 425 チタン合金
ヘッド体積 460cc
シャフト TSP322 55(S)
ロフト 10度 (9度、特注で8度もあり)
長さ 45.5インチ
ライ角 58.5度
価格(税別) 7万5000円


『TSi3 ドライバー』は、新しいブランドの『TSi』の2種類の内の1本です。

前モデル『TS ドライバー』と同様に、ツアープレーヤーの要望を取り入れて開発されたドライバーということで、『TSi ドライバー』にも、『TSi2 ドライバー』と『TSi3 ドライバー』があります。

『TSi3 ドライバー』は、強弾道ということで低スピン弾道が打ちやすくなっている傾向があり、操作性も高いようです。

『TS』は、タイトリスト・スピードの略ですが、『i』は、「Innovation」「Inertia」「Integration」「Impact」というような複数の意味を持つそうです。

『TSi3 ドライバー』は、ベタープレーヤーをターゲットにしています。ツアープロを筆頭に、シビアにスコアに挑戦していくアマチュアの競技ゴルファーやアスリートゴルファーがベタープレーヤーの範囲です。

『TSi3 ドライバー』で採用された新しいテクノロジーは、タイトリストだけに使用を許された「ATI 425」という特別な金属をフェースに使ったことです。

航空宇宙の分野で使われていた「ATI 425」は、今までのチタン合金より、高強度で、高弾性と高靱性だとのこと。フェースの広範囲で驚異的なボールスピードを発揮し、平均飛距離を大きく伸ばすそうです。

次に注目するのは「SureFit CG トラック」です。新しい可変ウェイトを使ったシステムで、『TSi3 ドライバー』だけに採用されています。

ソール後方にあるウェイトカバーを外すことで、内側にある溝に設置できるウェイトの位置を5段階に移動できます。これにより、左右の弾道調整が可能になるのです。

ウェイトカバーが樹脂製なので、何かの拍子に割れるなどの破損した場合には、カバーだけをパーツで購入できるようになっています。

そして、ヘッドスピードを最大化するために、ヘッドの空力性能を大幅にアップさせました。

『TSi3 ドライバー』のヘッドを観察すると、伝統的なタイトリストのドライバーのフォルムを継承していることがわかります。

ややオープンになっていることで、安心できるゴルファーもいます。ボールが右に行くイメージがあることを嫌がる人が多いですが、左に引っかかることを嫌がる人もいるのです。

フェース上部のクラウンに、『TSi』のロゴがプリントされていますが、これが良い感じです。ロゴの大きさが邪魔にならずに、位置もアドレスしやすくさせてくれます。

『TSi3 ドライバー』は、最先端のテクノロジーを搭載しながら、視覚で感じる部分はクラシックな感性を刺激するのです。

打つ前から、良いドライバーだなぁ、と惚れ惚れしました。

『TSi3 ドライバー』は見本になる完成度を持っている!

動画を見てください。

『TSi3 ドライバー』をコースで打ってみました。

『TSi3 ドライバー』をアドレスすると、一切のストレスがないことに感心しました。

フェースとシャフトのラインも美しく、歪みがありませんし、ヘッドのフォルムも飛びそうで、構えやすいです。

個人的に丸形のヘッドが好きなので、本当に惚れ惚れしました。

シャープに見えるという人もいると思いますが、僕はむしろ大きくて安心感があるとすら感じました。

『TSi3 ドライバー』の打音はやや大きめで、残響が少ない金属系の音質です。柔らかい打ち応えは、フェースにボールが乗ったような安心感がありました。

一発目からほぼストレートな中弾道のボールが出ました。飛距離は220ヤード。ヘッドスピード40メートル/秒を考えれば十分な飛距離性能で、トップクラスに飛ぶドライバーです。

その後も、何回打っても、ほぼストレートで、ややドローや、ややフェードという球筋しか出ませんでした。飛距離も220ヤード~230ヤードで安定していました。

『TSi3 ドライバー』を、同伴していたヘッドスピードが僕よりも5メートル/秒以上速いプレーヤーに何度か打ってもらいました。

現在の市場にあるかなり飛ぶドライバーを使用しているプレーヤーなので、自然とそのドライバーと比較してしまいましたが、『TSi3 ドライバー』のほうが明らかに飛んでいました。

そのことから推測されるのは、ヘッドスピードが速いゴルファーのほうが、飛距離性能が引き出せるようだということです。

少しとらえる挙動があるドライバーが好きで、ヘッドスピードが速いゴルファーに『TSi3 ドライバー』はオススメです。

また、弾道イメージがしっかりしていて、安定したスイングができるゴルファーにも『TSi3 ドライバー』はオススメです。

『TSi3 ドライバー』は、個人的に、フェード打ちのほうが打ちやすそうに感じましたが、パワーさえあればドロー打ちでも十分に使いやすいと思われます。

市場には、新しいテクノロジーを搭載すると、奇妙なクセという副作用から逃れられないドライバーがたくさんあります。

『TSi3 ドライバー』は、一言でいえば、一切クセがない、完璧な標準ドライバーだと感じたのです。

ドライバーのクセが強過ぎて、ストロークを浪費しているのであれば、『TSi3 ドライバー』が悩みを吹き飛ばしてくれる可能性があります。

『TSi3 ドライバー』を打ちながら、久しぶりにタイトリストのドライバーを使っても良いかなぁ、と考えました。

安心して構えて、狙ったところにきっちりと飛ばせるドライバーは、腕前が剥き出しになる部分もありますが、やさし過ぎるドライバーが多い中で、『TSi3 ドライバー』は貴重です。

腕に自信があり、ホンモノを極めたいという気持ちがあるゴルファーに使ってほしいドライバーです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
Z-STAR ownname 210101-210201
Z-STAR ownname 210101-210201

カートに追加されました。