本当に「パットが大切」だと思ってる?アマチュアに大事なのはドライバー!

いまだに「パットイズマネー」を叫ぶ人が多い日本のゴルフ業界ですが、全米オープンを圧倒的な飛距離で制した最近のブライソン・デシャンボーの活躍によって、少し風向きが変わりつつあります。

実際に、SG(ストロークゲインド)を分析すると、いかにロングドライブが大切であるかを証明することができます。

そうです!! 飛距離は正義なのです!!

今回は、SG(ストロークゲインド)を背景に、飛距離の重要性について、再認識してもらう記事を書きたいと思います!!

飛距離の優位性

飛距離の優位性

getty

ゴルファーにとってビッグドライブは憧れであると同時に、スコアを出す上で欠かせないスキルです。

もちろん、競技ゴルファーに限らず「もっと飛ばしたい」と思わないゴルファーはいません。

「いや、飛距離より精度だよ」という人もいますが、飛距離の土台が伸びて文句を言う人はいませんよね!

思いっ切り振って230ヤード飛ばせるゴルファーが、250ヤードまで飛ばせるようになれば、約10%出力を落としても過去の最大飛距離を出せる訳です。

また、ドライバーの飛距離が10%伸びているということは、もちろんアイアンの飛距離も1番手伸びます。

230ヤードが限界だったゴルファーが400ヤードのパー4をプレー場合、パーオンを狙うには

・1打目:230ヤード(マン振り)
・2打目:170ヤード(5番アイアンしっかり)

となります。

一方、最大飛距離を250ヤードまで伸ばせた場合、

・1打目:250ヤード(マン振り)
・2打目:150ヤード(8番アイアンしっかり or 7番アイアンコントロールショット)

もしくは

・1打目:230ヤード(コントロールショット)
・2打目:170ヤード(6番アイアンしっかり or 5番アイアンコントロールショット)

というゴルフになります。

ティーショットの落としどころやグリーン周りのハザード、広さによっていろいろな攻め方できますし、マン振りしてOBを出すリスクも減らせます。

そう! 飛距離は正義なのです!!

パターよりロングショットの練習が必要!!

パターよりロングショットの練習が必要!!

getty

『ゴルフ データ革命』(マーク・ブローディ著、プレジデント社、2014)を読んだことがある人には「当たり前」の話かもしれませんが、我々アマチュアゴルファーは何よりもまずロングショットを練習すべきです。

細かい説明は同書を読んでいただきたいのですが、「パットイズマネー」が重要になってくるのは、シングルゴルファーになってから。

それまでは「スコアを作る」のではなく、「ゴルフ」をしなければなりません。

何よりもまず、2打目にグリーンを狙える場所にティーショットしなければなりませんし、2打目ではグリーンにそれなりに近づけなければなりません。

それができなければ3パットで1打損する以上に、スコアを失っていきます。

例えば、「タイガー・ウッズと組んでベストスコアを目指しなさい。ただし、タイガーウッズがあなたの代わりにショットを打つのは、ティーショットだけ or ファーストパットだけです」と言われたら、みなさんはどうしますか?

おそらく、パットが極端に苦手な片手シングルの人以外は、みんなティーショットをタイガー・ウッズにお願いしますよね?

私たちが回る6500ヤード程度のコースなら、タイガー・ウッズがティーショットをしてくれれば2打目は確実にショートアイアンの距離です。

もしかしたらピッチングウェッジ以下かもしれません。

そこからであれば、アマチュアゴルファーでもパーオンの確率がグッと上がります。もちろんパーの確率もグッと高くなります。何個かバーディーが取れるかもしれません。

一方、ティーショットをOBしたり、チョロしたりと、やっとこさボギーオンするような場合は、いくらタイガー・ウッズがファーストパットを打ってくれたところで、半分以上はボギー確定です。

言われてみれば、確かにそうだと思いませんか? パターでスコアを崩すのは、シングルゴルファーの話です。

ゴルファーはなぜ「パットイズマネー」という幻想から抜け出せないのか?

ゴルファーはなぜ「パットイズマネー」という幻想から抜け出せないのか?

getty

頭のどこかでは飛距離アップ、ドライバー精度向上がスコアに直結する予感がありながらも、「やっぱりパットが一番重要だよね!」というゴルファーがなぜ多いのか……。

どんなにデータで説明しても、「スコアの半分はパターだから」「1番多く打つのはパターだから」と返ってくることの多いこと……。

これはパープレーをした場合の割合にも関わらず……。

パターは練習すればするだけ、必ず上手くなります。そして、1打2打と必ずスコアにも貢献してくれます。

一方でドライバーは練習してもなかなか上手くなりません。「これだ!」と思っても次のラウンドではまた違った顔を見せ、簡単に裏切ってきます。

パターと違い、飛距離と方向性を向上させるのが非常に難しいのがドライバーです。

なので、みんな確実に改善できる「1打2打」の重要性を信じたくなるのではないでしょうか。

よく考えてみてください。

レディースティーやレギュラーティー、バックティーはコース長を変えることで、難易度を調整するシステムです。

「あなたシングルハンデだからこっちの高速グリーンを使ってね!」とはなりません。

※もちろん2グリーンで運用することは可能ですが、現実的ではありませんよね?

ティーショットの飛距離によって、コースの難易度は変わるのです。

そうです!! みなさん、もっとドライバーの練習しましょう!!


Twitterやブログでもゴルフ中心に発信しています(`・∀・´)

フォロー&コメントお待ちしてます!!
お気に入り
Yanagi@TPIトレーナー&ドラコンプロ

TPI認定トレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! TPIのメソッドやドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 Twitter("Yanagi"で検索! https://twitter.com/Out_Drive300)やブログでも情報発ししていますので、気になる事があればお気軽にお問い合わせください! https://drive4show.org/

このライターについてもっと見る >
DUNLOP FITTING STORE 20201201-210101
DUNLOP FITTING STORE 20201201-210101

カートに追加されました。