ゴルフ場で映える写真を撮影する方法|マネできるテクニックも解説

お気に入り
ゴルフで映える写真を撮影するポイントやテクニックを解説します。

“映(ば)える”という言葉をいろいろなところで聞く今日この頃、趣味であるゴルフでも映えたいですよね。

「努力しているのにゴルフで映える写真を撮れない」と悩んでいませんか。どれだけ努力しても、基本的なポイントを押さえていないと映える写真は撮れません。

お困りの方のために、ゴルフで映える写真を撮るコツを紹介します。

フォトジェニックな写真を撮りたいと考えている方は確認しておきましょう。SNSに投稿したいと考えている方は参考にしてください。

ゴルフで映える写真を撮るポイント

ゴルフで映える写真を撮るポイント

getty

ゴルフで映える写真を撮るには、下準備が必要です。写真を撮影する前に、以下の準備を整えましょう。

★おしゃれなゴルフウェアなどを用意
映える写真に欠かせないのが、おしゃれなゴルフウェアやゴルフ用品です。景色が美しくても、ゴルフウェアやゴルフ用品がいまいちだと地味な写真になってしまいます。

選ぶ際は、芝生の緑、空や海の青に映えるカラーを選択するとよいかもしれません。

最近ではゴルフメーカーだけでなくアパレルメーカーもゴルフウェアを出す時代になりました。

デザイン性も格段に上がり、とにかくおしゃれになりました。ゴルフ用品ではヘッドカバーが、キャラクターものが増えてこれもまたおしゃれアイテムです。

美しいゴルフ場を予約しよう

美しいゴルフ場を予約しよう

getty

美しい景色も映える写真に欠かせません。どれだけおしゃれなゴルフウェアを揃えても、景色がいまいちだと残念な写真になってしまいます。

映える写真を撮りたい時は、景色の良いゴルフ場を選びましょう。シーサイドコースや山の上から遠くが見えるコース、またトーナメントコースに多いグリーン周りに池があるコースがおすすめです。

撮影する場所も素晴らしいところを選ぶことがおすすめです。

美しいゴルフ場の中にも、写真映えする場所と写真映えしない場所があります。

映える写真を撮りたい時は、撮影場所を吟味することが重要です。満開の桜や真っ赤に染まった紅葉など、自然の力を借りると映える写真を撮りやすくなります。

ゴルフは自然の中で行うスポーツなので、自然も一緒に撮るのが効果的です。

フォトジェニックな写真を撮るテクニック 1.スイングは角度をつけて撮影

フォトジェニックな写真を撮るテクニック 1.スイングは角度をつけて撮影

getty

続いて、映える写真を撮るテクニックを紹介します。

誰でもできるちょっとしたことで、写真はただの二次元から三次元的な奥行きを持つものに変わります。目指せフォトジェニックです。

1点目は、スイングに角度をつけて撮影することです。

誰もが撮りたい写真のひとつがスイングの写真です。正面や真後ろから撮影すると、スイングチェックには適しているものの立体感や躍動感のない写真になってしまいます。

これらを出したい場合は、斜め45度前や後ろから撮影するとよいでしょう。

フォトジェニックな写真を撮るテクニック 2.フィニッシュ後の写真は被写体を横にずらす

フォトジェニックな写真を撮るテクニック 2.フィニッシュ後の写真は被写体を横にずらす

getty

2点目は、フィニッシュ後の写真は被写体を横にずらすことです。

スイングのフィニッシュ直後も画になるタイミングです。後方から撮影した写真を見かけたことがある方は多いはずです。

プロと同じように撮っているはずなのにサマにならない場合は、プレーヤーを横にずらしてゴルフボールを中心に据えるとよいでしょう。

これだけで躍動感のある写真になります。

フォトジェニックな写真を撮るテクニック 3.プレーヤー+ゴルフ場を意識する

フォトジェニックな写真を撮るテクニック 3.プレーヤー+ゴルフ場を意識する

getty

3点目は、プレーヤー+ゴルフ場を意識することです。

頑張っているのに映える写真を撮れない方は、プレーヤーに意識が向き過ぎている可能性があります。

背後にゴルフ場の美しい景色が広がっているはずなので、ゴルフ場にも意識を向けましょう。

「美しいゴルフ場の中にいるプレーヤー」を意識すると映える写真を撮りやすいかもしれません。

フォトジェニックな写真を撮るテクニック 4.カメラの高さを変えてみる

フォトジェニックな写真を撮るテクニック 4.カメラの高さを変えてみる

getty

4点目は、カメラの高さを変えてみることです。

同じ景色でも、カメラの高さを変えるだけで見違えるような写真になることがあります。

映える写真が撮れない時は、カメラの高さを変えてみることも解決法のひとつです。

例えば、プレーヤーは、目線の位置よりも低い位置にカメラを構えることできれいに撮影できます。

ゴルフ雑誌の写真でも、カメラの高さが目線より低い位置のものが多く見られます。

映える写真を撮ってゴルフを楽しみましょう

映える写真を撮ってゴルフを楽しみましょう

getty

ゴルフは、プレーだけでなく映える写真を撮ることでも楽しめます。

映える写真を撮りたい方は、おしゃれなゴルフウェアと美しいゴルフ場を用意しましょう。撮影テクニックにこだわることも重要です。

スイングの写真は、角度をつけて撮影するとサマになります。後方から撮影するフィニッシュ直後の写真は、ボールを中心に据えるとなお良くなるでしょう。

コツさえつかめば、それほど難しくはありません。

スポーツの写真はどうしてもプレーヤーがメインとなりやすいですが、ゴルフは自然の中でやるということもあり、プレーヤーだけでなく自然を被写体にすることでより映えた写真を撮ることができます。

またプレーの合間にも写真を撮ることができるので、スコアと景色の両方を楽しめますよね。

SNSに上げることで、見た人が「このコースに行きたい」と思ってもらえることも多いはずです。

いつもはリーズナブルなところにばかり行っていても、映えた写真を見ることで「あの景色を見に行こう」、そんな気持ちになるはずです。

写真は「習うより慣れよ」を胸に、いろいろと挑戦してみてください。
お気に入り
c&f

ゴルフ料金が比較サイト「ゴルフリザーブ」でゴルフ場や練習場の情報を発信しています。ゴルフが好きにってくれる方を増やしていきたいです!

このライターについてもっと見る >
DUNLOP FITTING STORE 20201201-210101
DUNLOP FITTING STORE 20201201-210101

カートに追加されました。