新・貧打爆裂レポート『PRGR RS SPIN ボール』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年8月7日に発売されたプロギア『PRGR RS SPIN ボール』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。プロギアの新しいツアーボールの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『PRGR RS SPIN ボール』はワクワクさせる!

『PRGR RS SPIN ボール』はワクワクさせる!
『PRGR RS SPIN ボール』は、プロギアが2020年8月7日に発売したツアーボールです。

『PRGR RS SPIN ボール』のコピーは、「高弾道、キャリーが伸びた。柔らかい打感、スピンがよく効き、ピタッと止まる、プロも進化を絶讃。」です。

期待をさせるボールです。

【試打ボールスペック】
構造 3ピース
コア 高反発シフトコア
インナーカバー 高反発アイオノマーカバー
アウターカバー 新ソフトウレタン薄カバー
ディンプル 326
カラー パールホワイト(ホワイトもあり)
価格 オープン

『PRGR RS SPIN ボール』は、プロギアのツアープロが使用できるブランドのボールです。

飛ぶボールの内部構造は、基本的には同じになってきています。

コアを大型化して、コアの内側は柔らかく外側は硬くなっていること。ミッド層(インナーカバー)はさらに硬くしてあること。極限まで薄くしたカバーは飛距離性能ではなく、スピン性能のために機能します。

『PRGR RS SPIN ボール』は、詳細は公開していませんが、わかる範囲の資料で確認してみると、まさに、そういう構造になっています。

試打したボールは、パールホワイトというカラーでした。

光沢がある白いボールは、「PRGR」のロゴがゴールドです。ボールを最初に見た時に感じたのは、「ロゴが大きいなぁ」です。これは目の錯覚で、慣れると気にならないのですが、パールホワイトは美しく仕上がっているボールです。

個人的には、ロゴが大きいボールが好きではありません。ボールそのものが小さく見えるからです。

ボールが小さく見えると、ショットが深く入りやすくなったり、パッティングの時も、カップに入りにくいような悪いイメージになってミスしやすくなるのです。

『PRGR RS SPIN ボール』は、一瞬、そういう感じがしたのですけれど、何球かマットでパットをしたら小さくは感じなくなりました。

『PRGR RS SPIN ボール』は、前のモデルが飛距離性能がトップレベルに入らないという印象だったので、新しくなれば、そこが改良されたのではないか、と期待をしました。

不思議なのですけど、ボールを箱から出して、眺めているだけで、少しワクワクしてきたのです。『PRGR RS SPIN ボール』は、直感に訴えてくるボールなのかもしれません。

新しい『PRGR RS SPIN ボール』はマジで飛ぶ!

動画を見てください。

『PRGR RS SPIN ボール』をコースで打ってみました。

第一印象は、「柔らかいボールだなぁ」です。かなり柔らかいボールに分類されます。

ただ、面白いのは、柔らかい中にちゃんと芯感もあるのです。個人的には、芯感があるボールが好きなので、とても良い感じでした。

もう一つ。強烈だったのは、飛距離性能です。

市場にあるツアーボールで、『PRGR RS SPIN ボール』は完全にトップレベルで競える飛距離が出ます。

特にドライバーは飛びます。アイアンは少しずつ落ち着いていく感じで、ツアーボールらしい感じでした。

飛距離が出るツアーボールを使いたいゴルファーに『PRGR RS SPIN ボール』をオススメします。

打音は、少し低音質です。湿った音質も感じます。これは、日本のオールドゴルファーに好かれる音です。

この辺りのチューニングから想像するに、通なゴルファーに使ってほしいという感じがしました。

日本人の感性に合っているメイドインジャパンのツアーボールを使いたいゴルファーに『PRGR RS SPIN ボール』はオススメします。

『PRGR RS SPIN ボール』のスピン性能は、ツアーボールとして合格というレベルです。

戻り過ぎず、転がり過ぎず、その場で止まろうとしてくれます。

『PRGR RS SPIN ボール』は、職人気質を強く感じるボールでした。

黙って、しっかりと仕事を仕上げるイメージです。余計な主張はまったくしてこないのです。

ボールが頼りになる裏方であれば、安心してゴルフができます。ある意味で、『PRGR RS SPIN ボール』は、理想的なボールです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。