バンカーショットは難しく考えない!フェースを開いてソールを滑らそう

お気に入り
バンカーショットというのは、実はゴルフのショットの中でも非常にやさしいショットなのですが、苦手意識が強い方は多いと思います。

ラフよりもバンカーのほうが好きという上級者の方は意外に多く、グリーン近くのバンカーを狙ったりすることも実は多いのです。

バンカーを極めていこう

バンカーを極めていこう

getty

ロングホール(パー5)で2オンを狙うゴルフに最近ハマっています。しかしグリーン近くのバンカーにハマり、パーがやっとという結果が多いです。

なかなか上手くなりませんどうも奏son輝です。

我々アマチュアゴルファーのバンカー嫌いはとても重症です。イチかバチかということが大半だと思います。

大体の方が一発で脱出できず、バンカーから何度も打ったという苦い経験はあることでしょう。

それによりバンカー恐怖症に陥ってしまう方は大変多いことでしょう。

精神的にも、バンカーに入ったというだけでかなりガチガチに緊張し、イチかバチかチカラ一杯打ってしまう人は少なくありません。

でも本当はそんなことないのです。

バンカーはきっちりクリーンにボールをヒットする必要もないですし、言ってしまえば手前からダフらせてボールの下の砂を飛ばせばいいだけです。

バンカーショットでは、ボールはクラブフェース面の向きよりもクラブを振ったほうに飛んでいきます。フェースコントロールは大体のアバウトでいいのです。

バンカーショットはゴルフのショットの中で唯一適当に打ってもいいショットだと考えています。

よく雑誌などでも取り上げられていますが、バンカーショットが苦手な我々アマチュアの多くにフェースを開けない傾向があります。

フェースを開くと、実際ボールが右に飛び出すとかシャンクするのではないかなどの不安があります。

しかしながら、実際は開いたつもりでもインパクトでは被せて打ってしまい、なかなかバンカーから出ません。

フェースを開かないからボールが上がらない。そしてすくい打ちをしているうちはトップやホームランが出てしまい悪循環です。

ホームランやトップを繰り返すうち、クラブヘッドを上から入れる必要性に気づきます。しかしやはりフェースを開かない限り上から入れてもヘッドが潜り過ぎなかなか出ません。

この悪循環によりボールは飛ばずバンカー苦手の負のスパイラルに陥ってしまうのです。

開いて開いてバンカー脱出

開いて開いてバンカー脱出

getty

バンカーでよく使うサンドウェッジというクラブは、基本的にバンカーショットのために作られたものです。砂に潜り過ぎないようにバウンスがついています。

バウンスはフェースを開くほどに効果を発揮するとよく言われますが、ラウンド回数を重ねるごとに実感できます。

先ほど書きましたが、フェースを開かないとこのバウンスがあまり効かないのです。バンカーショットをやさしくするためのクラブであるのに無駄にしてしまっています。

シャンクなどが怖いですが、フェースをしっかり開けるようになればヘッドを上から入れても砂に潜らずに上手く弾いて脱出してくれるのです。

理想はプロの映像にもありますが、弾かれた砂と一緒にボールが飛んでフワッと出る、あのイメージです。

やはり基本的にはフェースを開き上から打つ、この2つを覚えればあとは距離感がでてピタッと寄りバンカーが得意になっていくでしょう。

ここまできたら練習あるのみです

ここまできたら練習あるのみです

getty

バンカーのおいても難しい場面は出てきます。目玉です。目玉の時の注意点はフェースを開かず、スクエアに握り直すことをお勧めします。

打ち方としては、ボールの10センチ程度手前の砂を目がけボールごと根こそぎ前方へ吹き飛ばすように叩きつけましょう。

難点は距離のコントロールができないことですが、目玉に入った時は一発で脱出できればOKという考えを持ちましょう。

距離のコントロールができないですが、飛び過ぎたりすることは比較的少ないかと思います。

ホームランやトップをするようなことはないと思いますのでまずは脱出しましょう。

バンカーにおいてソールを使うセットアップができたら、バンカーショットはほぼ成功したようなものです。

その後は体の向きに沿ってスイングするだけです。これで本当に脱出します。難しく考えるのはやめましょう。

クラブフェースは開いているので、構えた向きを気持ち左向きにしてクラブを振れば必然的にバンカーは脱出するものだと脳に刻み込みましょう。

左を向いているのに目標に出していくことはやめておきましょう。上体の回転がなくなってしまい手打ちになってしまいます。

スタンスの方向へ振れば回転もスムーズになります。これはどのショットでも同じです。

回転を止めるような動きをするから結果がダメになってしまい、どうしていいのかわからなくなるのです。

フェースを開きソールから入れると、必然的にクラブは潜っていかずにインパクトがゾーンになるので、クラブヘッドが思った場所よりも後方に入っても大丈夫です。

スピンのかかり方へ影響がありますが、やはり最初の目的は脱出です。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。実践あるのみです。

それではまた。
お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
Z-STAR ownname 210101-210201
Z-STAR ownname 210101-210201

カートに追加されました。