フォロースルーの左ひじのたたみ方を意識してスライスを改善していこう

お気に入り
かっこよくドローボールを打ちたいと思うのは我々アマチュアの願いです。しかし、スライスしてしまう方は結構いると思います。

スライスをしてしまう原因の1つは左ひじのたたみ方にあるかもしれません。スライス改善につながる左ひじのたたみ方と、頭の動きやルックアップについて一緒に考えてみましょう。

鳥みたいな左ひじになっていませんか……

鳥みたいな左ひじになっていませんか……

getty

ドローボールは打てて来たのですが、動画を撮ってみたら鳥みたいなフォロースルーになっています。

今夜は焼き鳥です。どうも奏son輝です。

スライス改善の鍵は左ひじのたたみ方にあると思います(右打ちの場合)。左ひじを正しくたためない理由のひとつは絶対にグリップです。

ドローボールを打つ時に、フォロースルーで左ひじをたたんで左腕が右腕の下に来る形でフェースを返すのが理想です。

グリップがウィーク過ぎると、インパクト後に左わきが開いて左ひじをたたむことができません。

そして大嫌いなスライスが出てしまうのです。

ウィークグリップでスライスが出てしまう人は、試しにストロンググリップに持ち替えてみましょう。

持論ですが、スイングではグリップが最重要だと考えていますのでやってみてください。

クラブを握り、グリップした時に上から見て左手の甲の薬指の付け根の山が見えるくらいがだいたいの目安です。

何か不安を感じた時は、やっぱりひとまずグリップを疑うべきだと考えます。試しにやってみたら球筋は意外に簡単に変わるかもしれません。

スイング軌道は大袈裟にやらないとなかなか変わらない……

スイング軌道は大袈裟にやらないとなかなか変わらない……

getty

グリップを変えてみて左ひじのたたみ方をつかんできてもスライスが出る場合、疑ってみるのは体や頭や目線の動きです。

まず前傾はせずに真っすぐに立って、クラブを自分の目の前で地面と水平に振ってみてください。棒立ちで良いのでやってみましょう。

この時ばかりは左ひじはきちんと折りたたまれるのではないでしょうか。

左ひじは腕が自分の体を通過した後に自然に折りたたまれるのが流れです。

折りたたまれない方の疑う点は、体や頭がクラブと一緒に前に出たりルックアップが早かったりしてしまっているのかもしれません。

頭が前に動いたりルックアップしてしまう原因はいろいろありますが、テークバックで左足に体重、ダウンスイングで右足に体重がかっていませんか。

「リバースピボット」と専門用語で言われるこのクセが原因で、頭が前に動く場合もあります。

それとやっぱり、アドレスやグリップに原因がある場合もあります。

さらに、フォロースルーを意識し過ぎるあまりルックアップしてしまうというケースも多々あります。

ルックアップすると体が自然に開いてフェースも同時に開いてしまいます。このルックアップを直すと、自然と左ひじのたたみ方ができスライスが改善できることもあります。

流れを無視して動いているから……

流れを無視して動いているから……

getty

頭が前に動いたりルックアップしてしまうことを防ぐ手段はたくさんありますが、その中の1つに、インパクトの時にフェースの向きに意識を集中するという方法があります。

頭や目線が目標のほうに動いてしまうということは、インパクトやクラブフェースから意識が離れているということが考えられます。

フェースの向きやフェースがインパクトする瞬間に意識を持っていくことで、不思議と頭や目線を残すことができるようになります。

松山英樹さんのスイング動画などでよく見られる、ヘッド・ビハインド・ザ・ボールの状態を作り出すことができるようになると、形がきれいに仕上がってきます。

意識することがとても重要なスポーツですが、イメージ先行では元も子もないです。

自然の流れでスイングして、真っすぐ遠くに飛ばすのが一番簡単ではありますが、それができないから面白いのです。

左肘からスライス改善ではありませんが……、1つ1つ無駄を省いていくことは重要です。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。

スライス改善のために大切なのは、フォロースルーにつながる左ひじのたたみ方を正しくマスターすることでもあります。

これだけ直せばいいという問題ではありませんが、一理あるということは頭の中に入れておいてください。

そのためにも、持論ですがグリップやアドレスを見直す必要がありますし、頭や目線の動きにも注意を払う必要があります。

そのうちすべてがつながる日がやってきて、ベストスコアにつながることでしょう。

止まっているボールを自発的に打ちにいくスポーツはなかなかありません。野球やサッカーとは少し違います。

感覚を養う方法はすごく簡単に見つかるのかもしれません。

これだからゴルフはやっぱりやめられないのではないでしょうか……。

みんなで頑張っていきましょう。

ベストスコア目指して小さなことから試していきましょう。

長くなりましたがきっかけはすぐそこに隠れていますよ。みんなで一緒に悩んで学んでいきましょう。

それではまた。
お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
Z-STAR ownname 210101-210201
Z-STAR ownname 210101-210201

カートに追加されました。