新・貧打爆裂レポート『TOUR B X-F』『TOUR B X-H』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年9月18日に発売されたブリヂストンスポーツ『TOUR B X-F』と『TOUR B X-H』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。「接点を科学」して開発されたフェアウェイウッドとハイブリッドの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『TOUR B X-F』と『TOUR B X-H』は科学力でも想像力でも打ちたくなる!

『TOUR B X-F』と『TOUR B X-H』は科学力でも想像力でも打ちたくなる!
『TOUR B X-F』と『TOUR B X-H』は、2020年9月18日発売のブリヂストンスポーツのクラブです。

「接点を科学」して開発されたフェアウェイウッドとハイブリッドです。

【試打クラブスペック】『TOUR B X-F』
ヘッド素材 ハイパーマレージング鋼AM355
クラウン CFRPカーボン+ステンレス
フェース ハイパーマレージング鋼AM355
ヘッド体積 170cc
シャフト TOUR AD TX3-5(S)
ロフト 15.0度(#3)
長さ 43インチ
ライ角 57.0度
価格(税別) 4万円

【試打クラブスペック】『TOUR B X-H』
ヘッド素材 SUS630ステンレス
クラウン SUS630ステンレス
フェース SUS630ステンレス
ヘッド体積 112cc
シャフト TOUR AD TX3-HY(S)
ロフト 21.0度(#3)
長さ 40インチ
ライ角 58.0度
価格(税別) 3万4000円

『TOUR B X-F』と『TOUR B X-H』は、「SP-COR(サスペンションコア)」を搭載しています。

高反発フェースを作り、裏側から樹脂を押し当てることで、違反エリアを適合する反発係数まで下げるという技術です。結果として、ギリギリの高反発エリアが広くなるのです。

「パワースリット」は、ヘッドの内側に3本のスリットを付けることでヘッドの剛性をコントロールする技術です。フェースのミーリングを3本に1本を荒くすることでボールの滑りを制御して、低スピンのボールを打ちやすくする「パワーミーリング」という技術も、両方が採用しています。

『TOUR B X-F』独自のテクノロジーは、ドライバーと同じ「ハニカムストリング」です。クラウンのカーボンを覆うようハニカム形状になった針金を設置しています。

これで剛性が上がり、ねじれに強いボールが打てるのです。ヘッド内部のソール後方に55グラムのウェイトを配置して低重心化して、許容性を高め、高弾道なボールを打ちやすくしています。

『TOUR B X-H』独自のテクノロジーは、「クラウン加重」です。クラウンの後方に12グラムのウェイトを配置して高重心でスピンコントロール性能が向上するというものです。

『TOUR B X-F』と『TOUR B X-H』は、アドレスビューが美しいという共通点もあります。

ノンストレスでアドレスできるフェアウェイウッドは貴重です。

『TOUR B X-F』と『TOUR B X-H』は、テクノロジーも面白そうですが、それだけではなく、打ってみたくなる要素満載のクラブです。

『TOUR B X-F』と『TOUR B X-H』は飛ぶ!

動画を見てください。

『TOUR B X-F』と『TOUR B X-H』を打ってみました。

まずは、『TOUR B X-F』です。

打音は、音量がやや抑えめで、やや湿った金属系の音質です。打ち応えはフェースに乗る感じで柔らかめです。中弾道のボールが出ます。

面白いのは、ボールを曲げることには鈍感なことです。曲げにくいフェアウェイウッドです。

飛距離性能はトップクラスです。飛びます。フェアウェイから僕のヘッドスピード(40メートル/秒)で、220ヤード飛びます。

『TOUR B X-F』は、クセがない本格的なフェアウェイウッドが欲しいゴルファーにオススメです。

また、パワーヒッターで曲がりにくいフェアウェイウッドが欲しいゴルファーにもオススメします。

『TOUR B X-F』で、最高に良いのは、構えやすさです。座りが良く、狙いやすいのです。

続いて、『TOUR B X-H』です。

打音は、適度な音量と残響がない金属音です。打ち応えは、フェアウェイウッドと同様に、フェースに乗る感じがして、気持ちが良いです。

かなりの高弾道です。

飛距離はロフトよりも間違いなく飛びます。1番手ぐらい飛んでいる感じです。

いろいろなボールが打てます。グリーンに止められるというメーカーの説明については、カット目に打たないと難しい感じがしました。これは、僕のヘッドスピードが不足しているからかもしれません。

『TOUR B X-H』は、ボールを小さく曲げるのはイメージ通り打てますが、大きく曲げようとしても上手くできませんでした。捻れないボールを打てるクラブということになると思います。

『TOUR B X-H』は、自分に合う高性能のユーティリティーを探しているゴルファーにオススメします。

フェアウェイウッドは、簡単な要素が少ないと感じましたが、『TOUR B X-H』は、やさしく飛ばせるクラブです。

『TOUR B X-F』と『TOUR B X-H』の両方に共通するオススメなポイントは、飛距離性能です。

長距離を打つクラブにとって、飛距離性能は欠かすことができない要素です。

僕は現在、自分が使っているフェアウェイウッドに悩んでいませんし、不満もありませんが、試打しながら『TOUR B X-F』は、使いたいなぁ、と自然に思っていました。

高機能で、魅力的なクラブが市場にあることは幸せです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。