新・貧打爆裂レポート『T//WORLD TR20 B アイアン』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年7月17日に発売された本間ゴルフ『T//WORLD(ツアーワールド)TR20 B アイアン』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。本間ゴルフの新しいマッスルバックのアイアンの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

TR20 B アイアンは本当のマッスルバックである!

TR20 B アイアンは本当のマッスルバックである!
『T//WORLD TR20 B アイアン』は、本間ゴルフが2020年7月17日に発売したアイアンです。

本間ゴルフの説明では、ツアープロによる試打を繰り返し、アドレス時のフェース形状やフェースラインの長さと前後の位置関係をコンマ数ミリ単位までこだわり、同時に、確かな操作性を実現する重心位置の最適化を酒田工場の「匠」が実現したというのが、『T//WORLD TR20 B アイアン』になるそうです。


【試打ボールスペック】
ヘッド S20C/鍛造
ロフト #3/20、#4/23、#5/26、#6/30、#7/34、#8/38、#9/42、#10/46
シャフト N.S.PRO MODUS3 FOR T//WORLD(S)
価格(税別) 6本セット(#5~#10)13万2000円、1本(#3、#4)2万2000円

『T//WORLD TR20 B アイアン』は、世界中のツアーで使われることを前提に生まれたマッスルバックアイアンです。

この数年、バックフェースに膨らみがないプレーンバックなツアー用アイアンが流行っている中で、『T//WORLD TR20 B アイアン』は、文字通り、バックフェースに筋肉の盛り上がりのような凹凸があります。

個人的には、こういうマッスルバックアイアンのほうが好きです。プレーンバックは冷たい鉄を感じるのですが、マッスルバックは熱い鉄を感じるからです。

「“抜けの良さ“と“インパクトの精度“を追求した軟鉄鍛造。」というコピーはシンプルでカッコイイです。

実際に『T//WORLD TR20 B アイアン』を見ると、ソールが面白いのです。番手ごとに少しずつフローしています。そして、フェースの長さが、ショートアイアンは短く、ロングアイアンは長くなっています。

『T//WORLD TR20 B アイアン』をアドレスして感じたのは、ホンマらしくないなぁ、でした。

ショートアイアンは、ヒールサイドのフェース高があって、ロングアイアンは逆に少し低いのです。

ネック周りの処理は素晴らしいのですが、フェースの感じは和洋折衷というか、外ブラっぽさを感じます。

グローバルモデルの宿命なのかもしれない、と思いながら、コースに持ち込みました。

TR20 B アイアンは世界戦略モデルである!

動画を見てください。

『T//WORLD TR20 B アイアン』をコースで打ってみました。

『T//WORLD TR20 B アイアン』は、構えやすいアイアンです。狙いに対して、スッと自然に構えられます。

打ってみて最初の印象は『抜けが良い』でした。一発目がラフからだったからです。

その後、いろいろなシーンで、それぞれの番手を打ちましたが、抜けの良さはピカイチです。

次に感じたのは、高弾道です。普通に打つと、気分良く高いボールが打てます。

実は、マッスルバックのアイアンで、僕が最も厳しくチェックするのは、出球の統一感です。高いボールが打ちやすいことは、絶対条件だと考えていますが、『T//WORLD TR20 B アイアン』は言うことなしです。

『T//WORLD TR20 B アイアン』の打音は、残響が少ない高音で、音質はやや濡れた金属音です。この辺りは最近の他のメーカーのアイアンの傾向を意識したものだとも感じましたし、音量が控えめなところなどは、日本のオールドゴルファーの好みを意地で残したものとも感じました。

『T//WORLD TR20 B アイアン』は、ヘッドが小さくて、適度に敏感なマッスルバックのアイアンが打ちたいゴルファーにオススメです。

いろいろなトレンドを取り入れつつ、ベーシックな部分を蔑(ないがし)ろにしない、丁寧に作られたアイアンです。

『T//WORLD TR20 B アイアン』は、通なホンマファンには、否定されるかもしれないと心配したりしました。

ある意味で、いろいろな意見を取り入れ過ぎて、個性が薄くなってしまった感じがしたからです。

とはいえ、それは気持ち的な問題で、機能としてはマイナスにはなっていないのも事実です。

『T//WORLD TR20 B アイアン』は、世界で活躍するという宿命を背負っているアイアンです。

当然ですが、日本も世界の一部ですので、日本のコースでも大活躍できるはずです。

良いマッスルバックは、例外なく、打ってみるとやさしさを感じることができます。

腕前で遠慮することなく、たくさんのゴルファーに打ってもらいたいアイアンです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016