【テーラーメイド/TaylorMade】SIM MAX-Dはただのドローバイアスモデルじゃなかった!そのポテンシャルに驚き!【MSD42】

お気に入り
Gridge編集長じゅんやあく(HS:42m/s、HC:9)とゴルフ工房スタジオCGAのカリスマクラフトマン山崎康寛が贈る試打コーナー!

その名も「MSD42(マジシダフォーティーツー)」!

ヘッドスピードが42m/sという平均的なフィジカルのアマチュアが、アマチュア目線でアマチュアのためのマジ試打を行います。

今回は、テーラーメイドのセレクトフィットストア限定のSIM MAX-Dを試打! 現在大人気のSIMシリーズの中で「もっともやさしい」と言われる後発モデル、果たしてどのような検証結果となるのか……詳しくは動画をご覧ください!
試打クラブスペック(計測:スタジオCGA)
テーラーメイド SIM MAX-D
シャフト:TENSEI BLUE TM50(S)
表示ロフト:9.0度
リアルロフト:10.0度
ライ角:57.5度
長さ:45.75インチ
クラブ重量:299.2グラム
バランス:D1.5
振動数:232cpm
お気に入り
Gridge編集部

Gridge編集部による独自取材の記事を配信していきます!

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。