新・貧打爆裂レポート『MAVRIK MAX LITE ドライバー』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年2月14日に発売されたキャロウェイ『MAVRIK MAX LITE(マーベリック マックス ライト)ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。大好評のMAVRIKシリーズの女性用ドライバーの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

女性用を追求した『MAVRIK MAX LITE ドライバー』

女性用を追求した『MAVRIK MAX LITE ドライバー』
『MAVRIK MAX LITE ドライバー』は、キャロウェイが2020年2月14日に発売したクラブです。

『MAVRIK MAX LITE ドライバー』は、レディース用に設計、製造された『MAVRIK』です。

最大の機能である「AIフェース」も、『MAVRIK MAX LITE ドライバー』用に安定して高弾道のボールが打ちやすいようにチューニングされたものです。

【試打クラブスペック】
ヘッド素材  8-1-1 チタンボディ+トライアクシャル・カーボンクラウン+スクリューウェイト約2グラム
ヘッド体積 460cc
フェース FLASH フェース SS20
シャフト Diamana 40 for Callaway  (A)
ロフト 11.5度
長さ 44.25インチ
ライ角 59.5度
価格(税別) 7万7000円

『MAVRIK MAX LITE ドライバー』も、キャロウェイのウッド系のクラブには十八番になりつつあるフェースの裏の2本の柱が生む「JAILBREAK テクノロジー」が搭載されています。

アドレスビューでヘッドのクラウンを見ると、クラウンが平らに見えます。あまり膨らみがないように見えるのです。

これは、他の『MAVRIK』シリーズのドライバーでも見られるもので、「サイクロン形状」の影響です。

とはいえ、『MAVRIK MAX LITE ドライバー』は、安心できます。ヘッドの大きさがやさしく感じさせるのだと思います。

『MAVRIK MAX LITE ドライバー』は、女性用ということで男性用のドライバーよりも少し短く作られています。

レディースゴルファーでも、男性用のやさしいドライバーを使いこなしているゴルファーには、この心遣いが違和感になることもあるようですが、シャフトの長さで飛距離を伸ばすのではなく、『MAVRIK MAX LITE ドライバー』はヘッドの機能で飛ばすドライバーなので、あまり気にしなくとも良いと思います。

『MAVRIK MAX LITE ドライバー』は、女性用ということで、僕の奥さん(ハンディキャップ14)にも打ってもらって、その様子も含めてレポートすることにしました。

『MAVRIK MAX LITE ドライバー』は女性のために特化されている!

動画を見てください。

『MAVRIK MAX LITE ドライバー』を打って、最初に思ったのは、超高弾道だということ。

恐ろしいほど楽にボールが上がります。ドライバーが機能として、かなりの浮力を持っているのです。

打音は思ったよりも大人しめの音量と少し湿った音質です。これは好みの範疇ですが、個人的には、渋い、と感じました。女性用はもっと派手な音がするほうが好まれるような気がします。

僕の場合は、飛距離は普通でした。シャフトが短く、かなりたわんでしまって、ボールに力が伝わらない感じでしたが、これはマイナスではなく、合っていないゴルファーには機能を発揮しない証明に過ぎないと思います。

女性代表ということで、ヘッドスピード36メートル/秒の妻に『MAVRIK MAX LITE ドライバー』を打ってもらいました。

彼女の第一印象は、“やわらかい”ということでした。

ボールがフェースに当たった時に、フェースが一瞬だけ凹むような感触があるというのです。

これは打音による感性で感じるもので、ボールの初速はしっかりと出ていました。

ボールは高弾道で、少しスライスしやすい、と彼女は評価していました。

確かに、そのように見えました。ドローを打ってみると言ったショットは、かなり曲げようとしていましたが、左には少ししか曲がらなかったのです。

引っかけは出づらく、弾が上がりやすい分、少しフェード気味のボールが出やすいということのようです。

まとめれば、高弾道を狙った『MAVRIK MAX LITE ドライバー』は、彼女が打ってもかなりの高弾道で飛んでいきました。

飛距離は一番飛んだボールで210ヤードでした。これは、彼女としてはトップクラスの飛距離で、間違いなく飛ぶドライバーであることを証明する数字です。

実は、トップ目に当たって、低いボールも出たのですけど、面白い結果が出ました。

ナイスショットした時と、トップ目のボールの飛距離は10ヤードぐらいしか変わらないのです。

まさに「AIフェース」の機能なのだと思われますが、彼女も戸惑っていました。

『MAVRIK MAX LITE ドライバー』は、男性用のクラブは使えない女性ゴルファーにオススメです。

かなり限定的に一般的な女性に合わせてチューニングされています。少しブンブン振れる女性は、男性用の『MAVRIK』を打てるので、そうではない女性用として上手に作られています。

『MAVRIK MAX LITE ドライバー』は、ボールが低くて、キャリーが出ないことで飛ばないと悩んでいるゴルファーにもオススメです。

女性ではなくとも、シニアの男性にも良いかもしれません。

『MAVRIK MAX LITE ドライバー』には、余裕を感じました。

『MAVRIK』シリーズは、多くのゴルファーが選択しやすいようにラインアップが充実しています。だからこそ、ターゲットのゴルファーに特化してチューニングされているのです。

基本性能の高さは、すでに多くのゴルファーで証明されています。その性能を、女性ゴルファーにも堪能してほしいというクラブなのです。

『MAVRIK MAX LITE ドライバー』で、生涯最高のゴルフをしたという女性が次々に出てくるような気がするのです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
フォーティーン RM4 20200916-1016

カートに追加されました。