新・貧打爆裂レポート『スリクソンX2 ボール』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年7月17日に発売されたダンロップスポーツマーケティング『スリクソンX2 ボール』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。飛距離に特化したボールの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『スリクソンX2 ボール』は飛ばすために生まれ変わった!

『スリクソンX2 ボール』は飛ばすために生まれ変わった!
『スリクソンX2 ボール』は、ダンロップスポーツマーケティングが2020年7月17日に発売したボールです。

“驚愕のドライバー飛距離にソフトな打感をプラス”というコピーのボールは、飛距離性能重視ボールになっているようです。


【試打ボールスペック】
カラー ホワイト (イエローもあり)
構造 飛距離追求型3ピース
コア スーパースピードX2大径ソフトコア
カバー H.R.カバー
ディンプル 強弾道338スピードディンプル
価格 オープン価格

『スリクソンX2 ボール』は、名称に「2」が入ったように、実質2代目になります。

初代の『スリクソン-X-』も飛距離性能を掲げたボールでしたが、“スリクソン”の名称からツアーボールとしてのバランスを崩さないようにという宿命があって、ざっくばらんに書くと、それなりに飛ぶが、特別飛ぶとは思えませんでした。

中途半端な部分を排除して、徹底的に飛ばしにこだわった新しいボールとして『スリクソンX2 ボール』が生まれたようです。

『スリクソンX2 ボール』は、「爆飛び」「自分史上最高の飛びをつかめ!」というコピーも使っています。その根拠になるテクノロジーで注目しているのは2点です。

新たな高反発助剤をブレンドした新開発の「スーパースピードX2大径ソフトコア」がインパクト時のエネルギー効率を高め、ボールスピードアップを実現するというのが、一つ目の注目ポイントです。

飛ぶボールは、例外なくコアが機能するからです。中身はボールをカットしないと見えまんせんが、打てば一発で、コアの機能は伝わるものです。

二つ目の注目ポイントは、「強弾道338スピードディンプル」です。

ディンプルの深さを調整したことで、弾道の高さを抑え、風に負けない強い弾道を打てるということなのですが、特にドライバーはディンプルで飛びが変わることがあるのです。

やや低めの弾道で距離を稼ぐという説明もありましたので、なかなか楽しみです。

実際にボールを手に取って見ると、ちょっと不思議な感じがします。

『スリクソンX2 ボール』は、ロゴのバランスのせいか、ディンプルのせいか、少し小さく見えたのです。もちろん、小さいわけはないのです。ただ、過去の経験でいうと、「小さく見えるボールは飛ぶ」という僕の中の秘密のセオリーがあるので、打つのが楽しみになりました。

ポールプリントの位置にある「X2」の文字と3本のラインでできている「ターゲットマーク」が良いです。

流行なのかもしれませんが、目立ちますし、実際にラインに合わせて使うゴルファーにとってもプラスポイントです。

『スリクソンX2 ボール』を手に取って、じっくりと観察した結果は、視覚的には合格です。

「スリクソン」の上級者用というイメージも、楽しそうなエンジョイゴルファーが使うというイメージも、どちらでもOKという感じがします。

『スリクソンX2』は振り切って最高飛距離を打つボール!

動画を見てください。

『スリクソンX2 ボール』をコースで打ってみました。

打音はハッキリした高音です。音量も大きめのボールです。

打ち応えは、柔らかさの奥にしっかりとした固さがある感じがします。芯感とは少し違って、ガチンという衝突感というのが一番近いと思います。

弾道は、やや低めではなく、超高弾道です。

打ち出しが高く、大きなアーチを描くようにボールが飛んでいきます。市場にあるボールの中では、一番かもしれません。

それでいて、頼りなさは一切感じない強弾道です。なかなか落ちてこない飛び系の弾道を、僕のヘッドスピード(40メートル/秒)でも打てるのです。

一発目から『スリクソンX2 ボール』には驚かされました。まるで違反球を打っているようなすごい飛距離性能です。

普段なら225ヤードぐらいの当たりで、245ヤード飛びました。

次のホールでも240ヤード。

ラウンドを通してわかったことは、『スリクソンX2 ボール』はドライバー専用のボールのように、ドライバーで打ったときに最大の飛距離性能を発揮します。

僕が打ったことがあるすべての公認ボールの中で、ドライバーの飛距離はトップ争いができます。

『スリクソンX2 ボール』が面白いのは、ロフトが増えるほど飛距離性能の恩恵が減っていくように感じることです。

ミドルアイアンまでは飛ぶボールだと感じるのですけど、ウェッジになると、ボールがフェースに乗らなくなって、滑っている感じが出てきて、飛距離が落ちるように感じました。

アプローチも、いわゆるスピンを掛けるような力をかけて打ったものは、すっぽ抜けてしまいます。

スピンを掛けるアプローチが好きなゴルファーは要注意です。ポーンと高く打ち上げるアプローチを基本にしているゴルファーには関係ないかもしれません。

『スリクソンX2 ボール』は、ショートゲームでも高音です。打ち応えは急に硬くなります。

パットは気持ち良く転がる強いボールが打てます。ショートパットをショートしがちなゴルファーには、武器になるかもしれません。

ドライバーをぶっ飛ばしたいゴルファーに、『スリクソンX2 ボール』はオススメします。

面白いです。こんなの初めて、という体験ができる可能性があります。

また、昔のようなボールが欲しいと思っているオールドゴルファーにも『スリクソンX2 ボール』はオススメです。

『スリクソンX2 ボール』は、ドライバーの飛距離性能に思い切って特化させたボールですが、それだけにならないように、バランスを調整したボールに仕上がっています。

ツアーボールとしての完成度は、やや劣ってしまいますが、それを凌駕(りょうが)するドライバーショットでの性能の高さが魅力です。

ダンロップスポーツマーケティングのような大手の老舗メーカーは、極端なボールを作る技術はあっても、作らないものだと思っていました。

『スリクソンX2 ボール』には、賞賛の拍手を贈りたいです。ある意味で、こういう極端さに救われるゴルファーはたくさんいるので、後の世で、令和の伝説のボールになる可能性を強く感じました。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016