新・貧打爆裂レポート『CHROME SOFT ボール』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年4月に発売されたキャロウェイ『CHROME SOFT(クロム ソフト)ボール』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。キャロウェイの新しいツアーボールの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『CHROME SOFT ボール』は中身を変更して性能をアップしている!

『CHROME SOFT ボール』は中身を変更して性能をアップしている!
『CHROME SOFT ボール』は、キャロウェイが2020年4月中旬に発売したボールです。

“パワーアップしたボール初速。つぶして飛ばせる、クロム ソフト。”というコピーのボールは、ツアープレーヤーから一般的なアマチュアゴルファーまで、多くのゴルファーが最高のパフォーマンスを発揮するように開発したボールです。

『CHROME SOFT ボール』は、これが4代目になります。

柔らかいけれど、言うほど飛ばないという初期の苦労から完全に脱したと評価された3代目モデルが本当に良かったので、個人的には新しい『CHROME SOFT ボール』に大いに期待をしています。

【試打ボールスペック】
構造 4ピース
コア グラフェン搭載 デュアル・ソフトファスト・コア
カバー 極薄ソフトウレタン
パターン ヘックス・エアロネットワーク パターン
価格 オープン価格

新しい『CHROME SOFT ボール』は、「デュアル・ソフトファスト・コア」というインナーコアを大きくして、余計なスピンを減少し、高く大きな強弾道を生み出すそうです。

そして、新しいアイオノマー素材を採用した「ハイスピード・マントル」と、より薄くなった「極薄ソフトウレタン・カバー」で、ショット時のエネルギーを最大化して、初速アップ、ショートゲームでのスピン性能の向上が可能になったとのこと。

『CHROME SOFT ボール』は、見た目は変わりませんが、中身は全然違うということなのです。

打ってみなければ、話は進みません。早速打ってみることにしました。

高性能で通も唸らせる『CHROME SOFT ボール』!

動画を見てください。

『CHROME SOFT ボール』をコースで打ってみました。

「なんじゃ? これは?」

思わず声が出ました。味わったことがない打ち応えでした。

柔らかいのです。それでいて、芯感があって、重さも感じます。

柔らかいボールは、軽い打ち応えのものが多いので、特に目立ちます。新しい『CHROME SOFT ボール』の打ち応えは特別です。

打っているという実感と、飛ばしている予感にあふれた打ち応えです。

打音の音量は大きめ、高音で小気味が良い単音です。

さらに驚かされたのは飛距離です。ドライバーショットは225ヤード飛びました。ヘッドスピード40メートル/秒の僕としてはトップレベルに飛ぶボールだと言えます。

ドライバーショットでは、低スピンのボールなら何もせずに楽々打てます。前モデルよりも、『CHROME SOFT ボール』は飛びます。

アイアンも飛びます。短くなるほどスピン量は増すので、以前よりさらに初速が上がっているのだと思います。

打ち応えと、弾道の強さがマッチするので、距離感もいいです。

ディスタンス系ボールではなく、ウレタンカバーのボールでも、しっかりと飛距離が出るボールを使いたいゴルファーに『CHROME SOFT ボール』をオススメします。

独特の重い打感は、ドライバーだけではなく、アイアンでも有効ですし、驚くことにパットまで継続します。

これには、本当に感心しました。自分が上手くなったような気分になれます。『CHROME SOFT ボール』は、重い打感が好きなゴルファーにオススメです。

ショートゲームのスピン性能も十分です。『CHROME SOFT ボール』は、新素材を使っていても、マイナーチェンジということで、新しい部分はわかりづらいと考えて、慎重に試打を始めましたが、それは杞憂でした。

目隠しテストをしてもわかるほど、新しい『CHROME SOFT ボール』は進化しています。

打ち応えを賞賛しましたが、これは表裏一体で、嫌いだと感じると使えないと判断する要因になります。

『CHROME SOFT ボール』は、誰でも使えるように開発しているのに、なかなか通なボールになっています。軽い気持ちで打つと、はまってしまう魅力と実力があるボールなのです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200801-0901
ダンロップゼクシオの日200801-0901

カートに追加されました。


フォーティーンIF700FG 200716-816