【比較動画】ボールに線って書いたほうがいいの?気になる“あの”ボールも使ってみた!

お気に入り
こんにちは、ライターのとやです!

ゴルフボールに線って書いてますか? こればっかりは好みの問題かもしれませんが、僕はボールに線は書いていないんですよね。

でも多くのプロゴルファーもボールに線を書いているのはご存じの通り。その目的はもちろんパッティングの際、ターゲットに合わせるためです。

そこで普段はボールに線を書かない派のライターとやが、ボールに線を入れてパッティング比較をしてみました。

そして線だけじゃわからないこともあるかもしれない? と、気になる“あの”ボールも合わせて比較してみましたよ。ぜひご覧ください!

ボールに線を書く道具「ラインマーカー」

ボールに線を書く道具「ラインマーカー」
ボールに線を書く道具はラインマーカーというお馴染みのこれ。

今回はシンプルにボールの赤道にラインを引くだけにしてみました。

そこで黒い線、赤い線の両方を試してみたいと思います! いろいろなラインマーカーがあって、ラインが3本くらい書けるものやT字のラインが引けるものもあります。

プロゴルファーにも選手ごとに“こだわり”があるようで、もし気になっている方はいろいろなラインマーカーを買ってみてもいいかもしれませんね。

ボールに線を書いてみた! 黒い線

ボールに線を書いてみた! 黒い線
それではまずは、一番スタンダードだと思われる黒いマジックで、赤道に1本ラインを引いてみました。

白と黒のコントラストで、まぁ想像通りの見た目。
実際にボールをパッティングしてみると、ラインが左右に揺れて転がりが目で確認できますね。

ボールにあらかじめ書かれているラインだと、そこまではっきりは見えなかったりもしますが、黒いマジックでしっかり線を引いたのでくっきりと見えます。

ボールに線を書いてみた! 赤い線

ボールに線を書いてみた! 赤い線
こちらもよく見かけるボールの赤道に赤いライン。

見た目は黒い線と比較しても色が違うだけで、特別大きな違いはないように感じるのはボクだけでしょうか。

ただラインが入っているので、パッティングの転がりは黒い線と同様、見やすいのではないでしょうか!?
こちらも実際に打ってみます。

黒い線との違いは感じられませんね。転がりが悪ければ、線が左右に揺れるのがわかります。

気になるアイツ KIRALINE(キラライン)

気になるアイツ KIRALINE(キラライン)
最後に登場したのが、パッティングが苦手なライターとやが前からずっと気になっていたボール。

知っている人は知っているかもしれません。キャスコのKIRALINE(キラライン)というボールです。

ボールの赤道でカラーが真っ二つに分かれているボールです。これはラインを引く手間もなく、そのまま使えるのがうれしいポイントですね。

早速使ってみましょう!
転がりを見るとわかりますが、左右でカラーが違うので転がりが悪いと色の境目がぼやけてしまいます。

黒や赤の線でも同じような感じだったんですが、色分けされている分、より鮮明になった感じを受けます。

さらに特筆すべきは、ターゲットラインのわずかなズレがすごく良くわかる点でしょう。

動画の2球目は、ラインを合わせたはずなのに、アドレスでちょっとクローズに向いていたので違和感が出ていました。そこで気になって真っすぐに微調整。

ターゲットラインへのズレがはっきりわかったのは、KIRALINEのすごいところだと思います!

黒い線、赤い線、KIRALINEの比較

もう一度1つの動画でそれぞれを確認してみましょう。

黒い線と赤い線はどっちもどっちという印象です。見え方やラインの揺れ方が似ていて、差がないように思えます。

しかしKIRALINEだけは左右がくっきりはっきりと分かれているので、打ち出しからとっても見やすいですね。

転がりを見るなら横並びでも?

転がりを見るなら横並びでも?

getty

ボールの転がりだけを見るのであれば、どれもそこまで大きく変わらない感じでした。

ただ動画で撮影をしてみると、打つ前からカップインまでずっと転がりが見られるのがKIRALINE。

さらにKIRALINEはセットアップのズレがわかりやすく、家のパター練習で「目標に向かって真っすぐ立つ」という感覚を養うにはいいんじゃないでしょうか。

またボールに線を入れる、入れないの結論としては、人によるので答えが出せない、というのが正直なところです。

個人的にはラウンドはこれまで通り、家でのパター練習には使い続けてみたいなぁ、と感じています。

KIRALINEの特徴は?

KIRALINEの特徴は?
さて、このKIRALINEというボールの特徴を見てみたいと思います。

3層構造のボールで、カバーがソフトアイオノマーカバーになっています。

ツアー系ボールと呼ばれるボールがウレタン系のカバーを採用してフェースへの食いつきを重視しているのに対して、固めのディスタンス系ボールに多く採用されているカバーです。

そのためスピンでボールを止める、というタイプのボールではなく、余分なスピン量を抑えて飛距離を伸ばすディスタンス系のボールであることがわかります。

KIRALINEはパッティング練習に最適!?

KIRALINEはパッティング練習に最適!?

getty

さて、こちらのKIRALINE。ボールのラインを引かずとも、色が分かれているのでパッティングの時にターゲットラインに合わせやすい。

そしてアドレスしたときに、ボールのわずかなズレがものすごくわかりやすい、という2点のメリットは自宅でのパッティング練習に最適です。

自宅のパッティングマットの上で、カップに対して真っすぐボールをセットし、真っすぐアドレスをする感覚を養っていけば、きっとラウンドでも役に立ってくれるでしょう。

ラウンドで使うボールはお好みになりますが、自宅のパッティング練習にはぜひKIRALINEを使ってみてください。

自宅練習にとおすすめしていますが、公認球なのでもちろん試合でも使えますよ。
お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >
ダンロップゼクシオの日200801-0901
ダンロップX2ボール200801-0901

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901