新・貧打爆裂レポート『ST200X フェアウェイウッド&ユーティリティ』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年3月20日発売のミズノ『ST200X フェアウェイウッド&ユーティリティ』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。日本に逆輸入されるブランドのフェアウェイウッド&ユーティリティの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

飛距離に特化したFWとUTがST200X!

飛距離に特化したFWとUTがST200X!
『ST200X フェアウェイウッド&ユーティリティ』は、ミズノが2020年3月20日に発売したクラブです。

『ST』というブランドは、欧米のミズノが展開していたブランドで、“スピード・テクノロジー”の略です。

名前が示す通りで、日本国内では考えられない勢いで、この数年は飛ぶクラブというブランドイメージで欧米の市場を騒がせていました。

「TOUR READY WORLD READY」というコピーで、『ST200』シリーズからは、『ST』ブランドは世界戦略ブランドになって、日本にも逆輸入という形でデビューすることになりました。

【試打クラブスペック】フェアウェイウッド(3番)
ヘッド α-β系チタン合金(Ti-6Al-4V)精密鋳造
ヘッド体積 195cc
フェース β系チタン合金(2041Ti)鍛造
シャフト 20 MFUSION F(S)
ロフト 15度
長さ 43.25インチ
ライ角 59.5度
価格 4万8000円(税別)

【試打クラブスペック】ユーティリティ(5番)
ヘッド ステンレススチール(SUS630)精密鋳造
ヘッド体積 105cc
フェース 高強度マレージング鋼(MAS1C)鍛造
シャフト 20 MFUSION U(S)
ロフト 23度
長さ 39.75インチ
ライ角 20度
価格 3万5000円(税別)

『ST200X フェアウェイウッド』は、ストレートなフェースで、シャープなフォルムです。シャフトに対してのフェースの位置や大きさなどは王道で、美しいです。

“禁断”の素材である「高反発βチタン」を使用して高初速を生み出し、「コアテックフェースデザイン」というフェースの裏の構造で反発エリアを広げだそうです。

禁断の素材という意味は、高反発規制前に使用されていた高反発になり過ぎてしまう「高反発βチタン」を復活させたということなのです。フェースの裏側の構造で中央の反発を減らして、周囲に高反発エリアを広げるテクノロジーは、2020年のトレンドです。

『ST200X フェアウェイウッド』のスペックを見て、最も驚かされたのは、3番ウッドのみなのです(5番と7番もありますが、フェース素材の違いなどで、別のフェアウェイウッドという認識です)。

5番ウッドも、7番ウッドもありません。15度の3番しかないというリリースを見たときに、近年囁(ささや)かれているフェアウェイウッド不要論を思い出してしまいましたが、僕も含めて、3番ウッドが好きなゴルファーは、3番ウッドのみのセッティングにしているゴルファーが多いからなのかもしれません。

いずれにしても、これには潔さを感じました。

『ST200X ユーティリティ』は、アイアンのようにフェースを見せる工夫が詰まっています。

見た目というのは、好き嫌いの範疇で機能ではありませんが、アイアンのようなフェースにすると飛距離性能が劣るユーティリティが過去にはあったので、一抹の不安を感じました。

『ST200X ユーティリティ』は、ロフト20度の4番、23度の5番、26度の6番のラインアップです。5番を試打しました。

『ST200X ユーティリティ』は、見ただけではわかりませんが、クラウンを軽くするために、編み目になって、穴がいくつも空いています。「ワッフルクラウン形状」と呼ぶようで、低重心化に貢献しています。

フェースは最新の素材で、ミズノの歴史で最も薄いフェースになるそうです。これは、飛びそうです。

また、当たり前のようで意外にちゃんとしていないことが多い「番手別設計」を採用しています。

ロフト別に最適な弾道になるようにヘッド設計されていることは、ユーティリティにとって非常に大切なことなのです。

ソールのフェースの側に「ウェーブテクノロジーソール」という溝がありますが、これが飛距離を生みます。

いろいろと書きましたが、ソールを見ただけで飛距離性能の高さは感じるのです。

STは飛ばしの称号だと教えてくれるフェアウェイウッドとユーティリティ!

動画を見てください。

『ST200X フェアウェイウッド』は、小さめのヘッドですが、狙い通りに構えやすいです。

まず、グッときたのは、打音です。良い音がします。高音で、少し残響もあります。音量もちょうど良いです。

打ち応えは少し軽めですが、高反発している感じがしますので好感触でした。芯をとらえた時の抜けるような透明感がある打ち応えにはシビれます。

中弾道のきれいな弾道になります。ストレートからフェードが打ちやすいクラブです。

とらえる動きをあまりしないので戸惑う人もいると思いますが、思い切って振れるスプーンです。

平均で221ヤード。最長飛距離は238ヤードでした。ヘッドスピード40メートル/秒(ドライバー時)だということ考えれば、奇跡のような飛距離です。

飛びます。転がりもあるので、ミニドライバーみたいなイメージです。

『ST200X フェアウェイウッド』は、スプーンが好きで、思い切って振れるスプーンを探しているゴルファーに強くオススメします。

それにしても、『ST200X フェアウェイウッド』は、使っていて快感を何度も感じさせるフェアウェイウッドでした。惚れ惚れしながら、小さなフェードを打ちました。

続いて、『ST200X ユーティリティ』は、ミズノらしさが強く出ているクラブです。

打音が良いです。カチッとした打音で、アイアンぽくもあります。芯に当たった時の抜けるような打感はフェアウェイウッドと同じです。

打ち応えは、初速感とマッチします。軽いのですけど、打ち慣れるとしっかりした感覚になります。

『ST200X ユーティリティ』は、ストレートの高弾道です。ビックリするほど曲がりません。曲げようとして打ったシーンでも、ストレートに飛ぼうとします。

それでいて、鈍感なクラブかといえば、かなり敏感な部分もあります。

飛距離は170ヤード~190ヤード。ケースバイケースで打ち分けることが可能です。23度のロフトを考えると、飛距離性能は強烈です。

距離を打ち分けられるところは『ST200X ユーティリティ』の敏感さなのです。

『ST200X ユーティリティ』は、フェースがアイアンのように感じるユーティリティで、飛距離が欲しいというゴルファーにオススメします。

試打しながら、少し後悔しました。『ST200X ユーティリティ』の5番だけではなく、4番も借りて打てば良かった、と。

『ST200X ユーティリティ』は、ミズノらしさもありながら、真新しい機能性を持っています。

僕のようにユーティリティを外してゴルフを考えられないゴルファーも満足させて、かつ、新しい感覚で、今まで苦手意識があったゴルファーを助ける可能性も感じさせます。

なかなか面白いのです。

『ST200X フェアウェイウッド&ユーティリティ』は、使わなければダメだと思わせるクラブでした。

バッグに入れなければ、時代遅れになってしまうような小さな恐怖を感じたのです。

飛ぶのは当たり前で、さらにその先まで、『ST200X フェアウェイウッド&ユーティリティ』なら教えてくれそうなクラブです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。