新世界ゴルフ屋物語第118話「誤球には気を付けよう!」

お気に入り

この、ボールを間違えた時の雰囲気と気まずさ……。

しかも、そーゆー時に限って相手がいい球打った時だったり。

その後、ドロップして打った球が悪かったりすると……もういたたまれない! ってそんな経験ないですか?(汗)

みなさんはラウンド中に、人のボールを間違えて打っちゃったことはありますか?

私は使ってたピンクのボールが池ポチャやOBでなくなり……ラストボールで持っていた白いボールを使いました。

それまで色が違うので間違わなかったのですが、白のボールで1番後ろにあるボールが自分のボールだと思い込んで打ち……。

同伴者に「それ俺の」と言われパニックを起こしたのを覚えています。

初心者だけでなく、結構起こりうるトラブルだと思います。

ボーっとして人の打球の行方を見ていなかったり、ラフやバンカーでボールが確認しづらい場面で起こりやすいのではないでしょうか。

自分と同伴者の飛距離が分かっていないときも起こりますよね。

逆にすぐ真横に2球並んでいたら、そのときはきっと確認するでしょう。

自分のボールだということが分かるように、ルールブックにも「プレーヤーはプレーしようとする球に識別マークを付けるべきである」とちゃんと書いてあります。

キャディバッグの中にサインペンを入れておき、スタート前にさりげなく印を付けることができたらカッコいいですよね。

ゴルファーってゲン担ぎが好きなので、どこにどんなマークを付けるか決めておくのが良いと思います。

あとはちゃんと同伴者のボールも把握しておきたいです。

曲げて探すときになって使っているボールの種類を聞く方をよく見ますが、スタート前にお互いに確認するべきでしょう。

普段のラウンドではやる方は多くないですが、競技ゴルファーの方って必ず1番ホールでティーショットを打つ前に「ボールは〇〇ですー」って宣言してますよね。

上手い人がやっていることを真似るのはとってもいいことです。

ステキゴルファーを目指しましょう!

お気に入り
よっしー

なんでも全力です。 全力で今を生きてます。 ゴルフってなんでこんなに難しいんだろう。 と思いながら日々を楽しんでます。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。