【低い球のメリット3選】低い球が打てればどんなトラブルも怖くない!

何だか周りが離婚ラッシュです!(泣)

こんにちは! ノザ@ゴルフライターです!

今回は、「低い球のメリット」をテーマに書いていきます!

前回の記事では、「低い球の打ち方」を紹介しました。

打ち方はそこまで難しくないので、ぜひチャレンジしてください(詳細は下記にてリンクを貼っておきます)。


低い球はハッキリ言ってメリットだらけです。間違いなくスコアを出したいなら覚えるべき必須スキルです。

比較的簡単に打てる割に、メリットだらけ……。これは覚えるしかないです!

それでは低い球のメリットを3つ紹介していきます!

1.トラブル時も低い球が打てれば怖くない

1.トラブル時も低い球が打てれば怖くない

getty

低い球の大きなメリットとして、「トラブル時に大きな助けになる」という点があります。

コンパクトなスイングなので「スイングが制限される場所」でも打てますし、林の中などの状況からでも低い球で脱出することができます。

ティーショットのミスで林の中に行くことは誰しもあります。奥に行けば行くほど、木や枝があるため上空には当然打てません。

そんな中通常のショットを無理くり打ったら木に球が当たり跳ね返る……ケガだってしかねない。

しかし低い球なら、枝の密集していない部分を狙って打てる訳です。

特に林の中でのトラブル時ですよね。ゴルフ場は木が多いから、低い球は確実に覚えておきたいところ。

※ちなみに低い球を打つなら、ロングアイアンを握ったほうが確実だし、強い球で林から脱出してくれるのでおすすめです。

2.風を気にしなくていい

2.風を気にしなくていい

getty

低い球が打てれば風に翻弄されることも減ります。

ゴルフが面白く、かつ難しい理由のひとつに「風の影響」が挙げられます。

これはつい先日ゴルフに行った時の話ですが、選んだゴルフ場が河川で風が相当強かった日のことです。

基本的に河川は遮るものがないので、風が強いことが多い(その代わりリーズナブルで障害物が少ないのでスコアは出やすい)。

その日も相当風が強かったです。

150ヤードのパー3で風は超アゲインスト。いつもなら8番アイアンですが、風を考えて4番アイアン。

4番アイアンと言ったら無風で190ヤード飛ぶ目安のクラブ。それでもグリーン手前のカラーに落ちました。

満足できるショットでしたが、アゲインストをモロにくらい、球が9番アイアンくらいの高さまで上昇。

風を想定してもこの様です。

しかしその時に低い球を打っていれば、もっと短い番手で行けたと思います。

低い球は当然風の影響を受けにくい。

風に翻弄される野外競技なゴルフ。いつ強風の日と巡り合うかわからないので、やはり低い球は打てたほうがいいんです。

3.曲がり幅が少ないのでラインを出せる

3.曲がり幅が少ないのでラインを出せる

getty

低い球は読んで字の如く、打った球が低く低く飛んでいきます。

なので球が曲がりにくいんです。

高い球を打つと、球が上がっている分風の影響を受けたり、打ち方のせいで曲がりの幅が大きくなったりします。

・高い球=曲がる
・低い球=曲がりにくい

仮に同じ打ち方、球の回転数でも圧倒的に低い球のほうが曲がり幅が少ない。

これは低い球のほうが地面に早くに着地するため、曲がる要素である横回転が摩擦で減るためですね。

球がギュンギュン曲がる人は低い球を打って、曲がる幅を抑えて打つといいでしょう。

ただし、飛距離的にはロスしてしまうので、番手はひとつかふたつ上げると距離もピッタリ合うと思います。

【注意点】スイングが縮こまり、リズムが崩れたりするよ

【注意点】スイングが縮こまり、リズムが崩れたりするよ

getty

低い球の汎用性は本当に素晴らしい。

・スイングはコンパクトになる
・トラブル時でも活躍
・風の影響を受けない
・ラインが出せる

これだけメリットが揃っていれば、当然モノにしたいスキルですよね。

ただやはりいいことばかりではありません……。

これも僕の体験談ですが、低い球の練習ばかりをすると、どうしてもリズムとスイングの形が崩れていってしまいます。

コンパクトなスイングで低く収まるフィニッシュは、通常のスイングとかなり違うんですよね。

僕が負のスパイラルに陥ったのは以下のような順番です。

1.低い球を覚える
2.練習場でもラウンドでも多用する
3.通常のショットが下手になる
4.全ショット低い球で打とうとする
5.飛距離が落ちるからスイングスピードを上げる
6.力が入りシャンク止まらない

こんな流れになってしまう。

大切なのは、「低い球の打ち方を定着させ過ぎないこと」です。しっかり別のスイングとして覚えたほうがいい。

楽だけど、そればっかり打ってると本来のスイングができなくなります。

低い球は甘い蜜。甘過ぎてそれに頼り切ってしまうと後で痛い目に遭います。

打ち方を覚え、打つ状況を覚えて、その時だけに打つほうがいい。決してスタンダードなスイングとして定着させないでくださいね。

まとめ・初心者は低い球を打ってリスクを減らしたゴルフを!

まとめ・初心者は低い球を打ってリスクを減らしたゴルフを!
ということでまとめます!

【低い球のメリットを3つ紹介!】

1.低い球はトラブル時に有効
2.低い球は風を気にしなくていい
3.曲がり幅が少ないのでライン出しにも有効

【注意点】低い球ばかり打つと、通常のスイングが崩れます

以上になります。

説明したように、低い球はメリットが多いので、ぜひ覚えてもらいたいです。

特に風の強い地域に住んでる人や、河川のゴルフ場に行く機会が多い人はなおさらです。

例え飛距離が落ちても、低く打てばそれだけケガが減ります。

ゴルフの腕が1ステップ必ず上がりますよ!

それではまた!
お気に入り
ノザ@ゴルフライター

【ゴルフは一生モノ】関東近郊に住むアラフォー直前のノザです!今までゴルフライター&ブログなどで500記事以上を書いています。 【ツイッターでフォロワー募集!】 ツイッターでフォロワーさん募集しています。 ゴルフ好きなら全てフォロバ返しますのでよろしくお願いします。ゴルフやライターの事を多く呟いてます! 【公式ブログ開設】 ノザ@ゴルフライターの公式ブログを開設しました!(2020年4月)お仕事依頼はブログ経由でお願いします。 https://golfwriter-noza.com/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。