3パットを避けたいなら、方向性よりも距離感を磨こう

お気に入り
取り立てて複雑ではない傾斜のあるグリーンでの、15メートルほどのパットをイメージしてみてください。

仮に、ラインの読みが間違っていたとしても、3メートルも左右にズレてしまうことは、よほどのミスヒットをしない限りほとんどないでしょう。

しかし、距離感を間違えてしまうと、簡単に3メートル以上ショートしたり、あるいはオーバーしてしまうでしょう。

このように3パットをしてしまう原因は、ほとんどの場合、イメージ通りに距離感を出せなかったか、あるいは最初から距離感のイメージを持たないままストロークしているかです。

確かな距離感があってこそ、ラインも見えてくる

確かな距離感があってこそ、ラインも見えてくる

getty

曲がるラインで距離感が合いませんと、方向まで大きくズレてしまいます。

タッチが弱過ぎれば、イメージした曲線の頂点よりも手前でボールは曲がり始めます。

これがいわゆる「垂れた」と表現される転がりになり、傾斜によって予想以上にボールが曲げられてしまい、またしてもイヤなラインが残ります。

反対に強過ぎると、想定した曲線の頂点よりも先で曲がり始めて、傾斜を十分に下りてきてくれません。

このケースも、下りで曲がる非常に難しいラインが残ってしまうことでしょう。

シンプルな上りのラインであれば、そこまで難しくならないかというと、そんなことはありません。

上りのラインで強過ぎたら、決して安心できない下りのパットが残ります。

弱過ぎれば、またしても上りのラインです。

「上りの真っすぐなラインは、しっかり打てばいいだけだ」という人もいますが、上り傾斜における重力の影響を甘く見てはいけません。

上から水が流れてきて、転がりに対して抵抗がかかっていると考えればよく分かります。

ボールを正確にラインに乗せなければ、上りの真っすぐはカップインしないのです。

そして、距離感の合わないときの下りのロングパットですが、その難しさを今さら説明することもないでしょう。

3パットを避けたいならば、方向性よりもまずとにかく距離感を磨きなさいということになります。

実際、ラインの読みについても、確かな距離感があってこそ、より具体的に見えてくるものなのです。

つまり、ボールを転がす際のベースとなる感覚は、距離についてのタッチだということです。

それでは、タッチを磨き、距離感を高めていく方法について説明しましょう。

カップまで歩測をしたほうがいいのだろうか

カップまで歩測をしたほうがいいのだろうか

getty

距離感を出すための手順として、まず歩測をしてみて、ストロークの振り幅で対応するという方法もあります。

これを実行するには、まず前提として、歩測したカップまでの距離に応じて、どのくらいの振り幅にすればいいかという目安を作っておくことが必要です。

しかし、アベレージクラスのゴルファーが、その目安ですべてのパッティングに対処することができるでしょうか。

例えば、歩測してしてみて5歩の少し上りのラインだとしましょう。

上っていることを考慮して、5歩半の振り幅で打てば、ちょうどいいのでしょうか。もちろん、それで距離がピタッと合っているのであればいいでしょう。

しかし、距離感がイマイチ合っていないという人、あるいはこれまでは合っていたという人でも突如として合わなくなってしまったとき(こういう事態は大いに起こるものです)、そして、これから距離感をしっかり身に付けようと思っているゴルファーは、歩測してストロークの振り幅を決めるという方法はあまりお勧めできません。

グリーン上でカップまでの距離を歩測して、振り幅を決めるという方法は、意識として「どのくらいの大きさで振ってみようか」と、自分の動きに対して向きます。

言い方を換えれば、意識がターゲットに向かわなくなるのです。それが歩測をする方法をお勧めできない理由のひとつです。

自分の感性を優先させる

自分の感性を優先させる

getty

ゴルフコースにおいては、グリーンの速さも傾斜の度合いも何もかも、同じラインは2つと存在しません。

常に違うラインであり、同じ距離であっても同じタッチでカップインするとは限りません。
パッティングとは、その場その場で一発で距離感を合わせなければいけないもののはずです。

それならば、どのように距離感を出せばいいのかというと、目から入ってくる情報や感覚で受け止めたものを総合して、イマジネーションを働かせて頭の中に描くイメージから距離感を出すのです。

そして、そのイメージ通りのボールの転がりを出せるかどうか、そこに磨きをかければ、その場その場で一発で距離が合わせられるようになります。

少なくとも、毎回歩測をして振り幅で対応するよりも、結果はいいはずです。

事実、パッティングの名手といわれるプロゴルファーは、「この振り幅で打てば、何メートル転がる」なんて目安などは持ってはいません。

パッティングにおいて、より高い次元にまで達しようとするならば、歩測と振り幅では不可能です。

それよりも感性を磨くほうがずっと近道であり、もしかすると唯一の道かもしれません。

初めから歩測をして振り幅で対応するのは、自分の感性に蓋をして、新たな目安を作ろうとするようなものです。

その目安で対応できなくなったときに、「やっぱり感性を生かす方法を身に付けよう」とするのは、無駄な遠回りです。
お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >
ダンロップゼクシオの日200801-0901
ダンロップゼクシオの日200801-0901

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901