新・貧打爆裂レポート『ST200X ドライバー』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年3月20日に発売されたミズノ『ST200X ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。ミズノの世界戦略ドライバーの深層に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

やさしく打てる『ST200X ドライバー』に注目せよ!

やさしく打てる『ST200X ドライバー』に注目せよ!

『ST200X ドライバー』は、ミズノが2020年3月20日に発売したクラブです。

『ST』というブランドは欧米のミズノが展開していたものです。2017年、2018年、2019年と3年連続で、米国の試打テストをしてランキングをする有名サイトで、トップ争いをしていた飛距離性能に特化したドライバーは、アメリカではそれぞれがヒットドライバーになりました。

満を持しての日本市場での発売になります。

『ST200 ドライバー』と『ST200X ドライバー』の2本が日本市場では発売されます。
今回の『ST200X ドライバー』は、やさしいほうのドライバーになります。

「やさしく打てる、高初速×低スピン」というコピーのドライバーに期待は高まります。

【試打クラブスペック】
ヘッド α-β系チタン合金(Ti811)精密鋳造+カーボン(クラウン)
ヘッド体積 460cc
フェース β系チタン合金(2041Ti)鍛造
シャフト 20 MFUSION D (S)
ロフト 10.5度(±2度調整可能)
長さ 45.75インチ
ライ角 59.0度
価格 6万5000円(税別)

『ST200X ドライバー』は、じっくりと観察するとやさしそうには見えません。

例えば、ソールを見ても、バック側に付いているウェイトがアルミニウムで、ヒール側のウェイトはステンレスなのです。

やさしいドライバーというと、バック側のウェイトを重くすることが多いのですが、『ST200X ドライバー』はヒールサイドに重いウェイトが入っています。

スライスを防ぐという意味があると考えることもできますが、アドレスビューでは、あまりフックしそうには見えないのです。

『ST200X ドライバー』は、クラウンやソールの一部もカーボンです。コンポジットヘッドのドライバーは珍しくないですが、低重心化していることは間違いありません。

最も注目すべきは、禁断の素材といわれる「βチタン」をフェースに使っていることです。

「βチタン」は高反発のルール規制ができる前に使われていた素材です。ミズノでは世界中で名器と称えられた『300S ドライバー』でも使用していました。

高反発のフェースを作って、中央部の反発を構造で抑えるというのは、現在のトレンドのテクノロジーです。ミズノは、禁断の素材を使って、高反発フェースを作ったというだけも興味が湧きます。

そして、ミズノが誇る「MFUSION シャフト」です。ナノテクノロジーを採用した、肉厚を増やさずに強度を上げる技術で、軽量なのにしっかりしたシャフトができたというものですが、さらに、進化をしているようです。

『ST200X ドライバー』は、アドレスすると安心感があります。

ヘッドを見たときに、適度な大きさも感じますが、シャープで、無駄がないのです。
打つのが楽しみになるドライバーです。

低スピンでぶっ飛ばす『ST200X ドライバー』!

動画を見てください。

『ST200X ドライバー』を打った第一印象は、強い中弾道と強烈な弾き感です。

打ち応えは柔らかいのです。でも、弾き感もすごいのです。両立しないはずのものが両立しています。

澄んだ透明な水のような打音は、残響も小さく、小気味が良いです。音量は少し小さめで、それが柔らかい打ち応えになっているように感じます。

狙い通りのフェードが出ます。10ヤードぐらいのフェードが、ナチュラルに打って出ます。

懐かしい気持ちになりました。若い頃に使っていたドライバーで打っているような気分になりました。

『ST200X ドライバー』の飛距離は目を見張るものがありました。平均で240ヤード。最高で275ヤード飛びました。これは近年の試打ドライバーの中の最高記録です。

ヘッドスピード40メートル/秒で、この距離を打つのは奇跡のようなものです。

初速もさることながら、転がるのです。ランで距離を稼ぐ感じでした。

低スピンのボールを楽に打ちたいゴルファーに『ST200X ドライバー』はオススメです。

飛距離性能を引き出せるのは、普段、ハイスピンで悩んでいるゴルファーだと思います。

2ラウンド使用しましたが、構えたところにしか飛んでいかないのです。再現性が高い理由は、やさしいからです。何も無理をせずに、ナチュラルに打てます。

『ST200X ドライバー』は、惚れ惚れするドライバーでした。

自分のために作ってくれたドライバーのように思うほど完璧でした。

ヘッドスピードが速い人が打つと、高弾道になりますが、やはり飛距離性能は抜きん出ています。

また、ややドローしたボールが飛ぶようになります。

広い範囲のゴルファーが使えるのが『ST200X ドライバー』です。

できれば、純正シャフトを試してほしいです。軽くて頼りなく感じる人も多いと思いますが、打ってみてビックリできるはずです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。