大事なリハーサル!ショット前の素振りを真剣に行っていますか?

お気に入り

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

今回はショットの前に行う素振りについてです。

たいていの人はショットを打つ前に素振りをすると思います。

しかしながら素振りと真摯に向き合わずに、あまり考えることなく、なんとなく振っている人がいかに多いことか。

そんなことだからいつまでたってもミスショットが減らないのですよ!(と己に言い聞かせる私もーリーです (;^_^A )

ついついおろそかにしてしまいがちなんですよね (-_-;)

ついついおろそかにしてしまいがちなんですよね (-_-;)

getty

今回のテーマはショットの前に行う素振りについてです。

最初に申し上げておきます。

何を隠そう私自身がついついショットの前の素振りをおろそかにしがちなんです。(^^;)

ですので、半ば自分自身への戒めのつもりで書き進めている次第でございます。

というわけでまずはショット前の素振りの目的を考えてみましょう。

皆さんは何のためにショットの前に素振りをするのでしょうか。身体をほぐすため? それとも緊張を取るためですか?

もちろんそれらも間違いではありませんが、それだけだと素振りはおろそかになるというか、なんとなく振ってしまうことになると思います。

そもそも素振りというのはショットの前の大事な予行演習です。

どのくらいのスイング幅でどの方向を狙っていくか、お上手な方になると、弾道(ドローなのかフェードなのか)やボールの高さ(高い球でボールを止めるのか、それとも低い球でランを出していくのか)なんかもイメージしているかもしれません。

我々アマチュアゴルファーが弾道やボールの高さまでイメージするのはちょっとハードルが高いかもしれませんが、それでもどの方向に打ち出すかくらいは前もって考えているはずです。

しかしショットの前に素振りをしている最中はどうでしょうか。

『上手くスイングしよう』『ミスをしないようにしよう』といったことばかりを考えてばかりで、方向性のことなんか頭から抜けているという人が多いのではないでしょうか。

アマチュアゴルファーはミスの原因をスイングのミスそのものととらえがちですが、実はアドレスでの向いた方向がターゲットからずれていた、もしくはボール位置が悪かっただけ、というようなケースが少なくありません。

このあたりの意識が希薄であれば、いくら良いスイングをしても、ミスショットにつながってしまいます。

素振りのタイミングや場所も意識していますか?

素振りのタイミングや場所も意識していますか?

ショット前の素振りを何の気なしに行うか意識的に行うかで、ミスの頻度やスコアに大きく影響するということはご理解いただけたかと思います。

それでは次にショット前の素振りをどのタイミングで、そしてどの場所で行うかについてです。

例えばティーショットを打つ前の素振りの際のルーティーンを考えてみましょう。

多くの人はまずボールをセット(ティーアップ)してからいったんアドレスをして向き(ターゲット)を確認後、キャプション画像のように1~2歩下がってから素振りを行っているのではないでしょうか。

これでその後のショットが上手くいってるのであれば問題ありませんが、個人的にはあまりお勧めできません。

どうしてかというと、このルーティーンだと、おそらくターゲット方向を確認せずに素振りを行うことになりやすいと思います。

何の気なしに素振りをするというやつですね。

それにもしターゲットを見ながら素振りをしたとしても、実際にボールを打つ場所から横に数十センチズレてしまっているので、実際に打つ時と微妙にアングルが変わってしまいます。

たかが数十センチと思うかもしれませんが、ティーショットは180~200メートル近く先を目がけてボールを打つわけです。

この数十センチのズレが大きく方向性を狂わせることになってしまいます。

そして先にアドレスして向きを確認してから1~2歩下がって素振り後に改めてアドレスを構え直すと、たいていは体の向きがズレてしまいやすくなります。

よくアマチュアはアドレスの時点でターゲットより右を向きやすいと言われますが、私はこのような素振りのルーティーンにも理由が隠されているのではないかと思っています。

ボールの後方で素振りをしてからアドレスに入る!

ボールの後方で素振りをしてからアドレスに入る!

そこで最近私が実践しているのが、ボールの後方で素振りをしてからアドレスに入るというルーティンです。

まずティーアップをした後、そのままボールの1~2メートルほどの真後ろ(飛球線後方)、つまりボールとターゲットを結んだラインの後方線上に仮想のボールを見立てて、そこで素振りを2回行います。

最初の1回目はターゲット方向を見ながら、打ちたい弾道をイメージします(ターゲットラインの後方でターゲットを確認しているので、方向性がズレる心配もありません)。

さらに2回目は、実際にボールを打つつもりで素振りをするのです。

こうすることで打ち出し方向と弾道のイメージ、そして本気の素振りでショット前のリハーサルが完了です!

そしてそのままボールの位置に向かったら、あとは余計なことは考えずにサッとアドレスを構えて、迷わずスイングするだけです。

ティーショットの時だけでなく、セカンドショット以降も同じようにボールとターゲットを結んだラインの後方で素振りを行ってからショットを打ちます。

このルーティーンに変えてからリズムが良くなったというか、アドレスでもしっかりターゲット方向を向けるようになり、ボールの方向性がかなり良くなりました(ミスショットもかなり減った気が ((´∀`)) 。

いかがでしたが?

たかが素振りと思わずに、ショット前のリハーサルととらえて真剣に取り組んでみてください。

ラウンドでのあなたのショットが見違えるかもしれませんよ!

といったところで今回はこのへんで。

それでは、また!

お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』(https://moriygolflab.com/)     https://moriygolflab.com/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。