球の位置を変えるとどんな球が出る?スライスやシャンクが出る人の特徴は?

娘と『鬼滅の刃』にハマってます!

こんにちは! ゴルフライター@ノザです!

今回は、「球の位置によってどんな球が出るか?」をテーマに書いていきます。

球の位置って皆さん気にしていますか? これ意外と気にしない人が多いんですよね……。

・ドライバーは左足寄り
・7番アイアンは真ん中
・ウェッジは右足寄り

ということは知っていると思うんですが、例えば「ドライバーを右足寄りに置くとどうなるか?」は意外と知らない。

僕は興味本位でいろいろな場所に置いて打っていまして、それでいろいろと発見しました。実は球の位置によって、全然違う球が出るんです。

当記事を読んだ人は、これから紹介する方法をぜひ練習場に行って試してみてください。

知っているだけでゴルフの知識も広がるので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

※これから紹介する説明はあくまで僕個人の感想です。スイングは人によって違いがあるので、例えば「ドライバーでも右足寄りにセットするほうがいい!」って人もいるとは思うので、そこら辺はご了承ください。あくまで僕が思う一般的な球の動きです。

球を左に置くと【高いフック系が出る】

球を左に置くと【高いフック系が出る】

getty

球は全部で4つの方向に分けます。

左、右、上(遠)、下(近)の4方向。まずは左に置いた場合を説明します。

ドライバーだと定位置な左寄り。

ドライバーやウッド系は左寄りに置くことが多いと思いますが、左に置くことで高い球が出やすくなります。

加えて左寄りはフック系の球も出やすくなるので、高くつかまったドロー(ハイドロー)を打ちたい人におすすめのポジションですね。

ただショートアイアンでこれをやるのは難易度が高い。そもそもシャフトがドライバーと違い短いのでフックが増します。

さらにこの状態はハンドレイト(手よりヘッドが先行した状態)になり、猛烈にダフりやすいので注意が必要です。

とにかく「高い球」と「ドロー系の飛ばしたい時にセットする位置」だと思ってください。

球を右に置くと【低いスライス系が出る】

球を右に置くと【低いスライス系が出る】

getty

続いては右寄りです。

この位置は一般的に、ショートアイアンからウェッジまでを定位置としている人が多いと思います。

この位置は、「スライス系」と「低い球が出る位置」と覚えておきましょう。

「低い球? ウェッジだと高い球出るよ!」と思うでしょうが、それはウェッジだからです。

左に置くほどに球は高く上がる訳だから、ウェッジを真ん中寄りにしただけで右足寄り以上に高く上がります。

ここは論より証拠で一度試してみてください。

ですので、ロングアイアンを右足寄りに置いて打つと球は低く出ます。

さらにスイングの軌道で言うと、「打ち込む状態」になるのでスライス要素が強くなりますね。

これは左足寄りとは逆にハンドファーストという状態(手の位置が球より外側)になるので、ダフりにくい上にスピンが効く位置です。

ただドライバーの場合は難易度がグッと上がります。シャフトが長い分フェースが返ってこないから、派手に右方向に飛ぶので注意です。

なのでやはりドライバーで右足寄りの球位置はあり得ないと思ってます……。

まとめると、右足寄りは打ち込む要素が増えるので、スライス系&低い球が出る訳です。

球を遠ざけると【フック、バランスを崩しやすい、シャンクは抑えられる】

球を遠ざけると【フック、バランスを崩しやすい、シャンクは抑えられる】

getty

続いては球を自身から遠ざけてみましょう。

この球位置では、フックが出やすくなります。

理由としては、離れた球を打つにはインサイドの軌道(横振り)にしなくてはいけないからです。

球が離れたのに、アウトサイドな軌道は使えません。だって球に当たらないから。

この球位置にしたほうがいい人は、以下の悩みがある人達。

・スライスばかり出る
・シャンクが出る
・払い打ちをしたい

以上の3つに当てはまるならこの位置がおすすめ。いつものアドレスより半歩下がって打ってみましょう。

ちなみに僕はこの位置にセットしています。シャンクがかなり抑えられるので。

球を近付けると【スライス・シャンクが出やすい】

球を近付けると【スライス・シャンクが出やすい】

getty

続いては球を近付けるパターンです。

この位置は以下のような人達に効果的です。

・フックが強い
・スライスが打ちたい
・しっかり打ち込みたい

球が自身に近い分スイング軌道はアウトサイドになり縦軌道になります。

必然的に球は打ち込み要素が強くなるのでスピンの効いた球が出るし、スライス系の球が出ます。

ピンをデッドに狙うならこのポジションがいいですね。

ただ当然近付き過ぎると、手を球の位置が近くなりシャンクが出る確率が上がります。

しっかり手から体を離さずにスイングしましょう。

まとめ・その日の調子によって球の位置を微妙に変えてみよう

まとめ・その日の調子によって球の位置を微妙に変えてみよう
ということでずいぶん駆け足で紹介してきましたが、ザッとまとめます!

【球の位置で球筋が変わる! 4つの球位置を紹介】

1.左足寄りはフック、高い球
2.右足寄りはスライス、低い球
3.球を遠ざけるとフック、払い打ち
4.球を近付けるとスライス、打ち込み

以上になります。

・ドライバーは左足寄りにする理由はより飛ばすため
・ウェッジを右足に置くのは、打ち込んでグリーンで止めるため

実はそのクラブの役割と共に、球の位置は決まっているんです。合理的なんですよね。

だってウェッジは飛ばすクラブじゃない訳で、それを飛ばす位置の右足寄りに置いたって意味ないですから。

それではまた!
お気に入り
ノザ@ゴルフライター

【ゴルフは一生モノ】関東近郊に住むアラフォー直前のノザです!今までゴルフライター&ブログなどで500記事以上を書いています。

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。