新・貧打爆裂レポート『EZONE GT アイアン』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年3月中旬に発売されるヨネックス『EZONE GT アイアン』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。ヨネックスの技術を詰め込んだアイアンの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

ハイブリッドアイアンはヨネックスの技術の結晶!

ハイブリッドアイアンはヨネックスの技術の結晶!

『EZONE GT アイアン』は、ヨネックスが2020年3月中旬に発売するクラブです。

『EZONE GT』というと、挑戦的なクラブというイメージがあるかもしれません。

2年前に発売された前モデルは、革新的なテクノロジーでゴルファーを助けましたが、見た目があまりも奇抜だと、敬遠してしまうゴルファーもいたようです。

新しい『EZONE GT アイアン』は、ドライバーやフェアウェイウッドやユーティリティと比較すると、奇抜な部分はありません。最先端の中空構造に近いハイブリッドアイアンとなっています。

新しいテクノロジーの第一は、「新G-BRID〈グラファイトハイブリッド〉構造」です。

「飛びの4ピース構造」と銘打って、4つのパーツでヘッドはできています。

まず、ボディというかネックと枠は「S45C鍛鉄鍛造」です。フェースは「マイティマレージング鋼」で反発性能と打ち出し角をアップさせて、バックフェースは「カーボンプレート」、上部には「グラファイト制振材」を入れて打感を向上させています。

【試打クラブスペック】(7番)
ヘッド S45C軟鉄鍛造+グラファイトハイブリッド+カーボンプレート
フェース マイティマレージング鋼
シャフト NST002(S)
ロフト 26度
長さ 38.0インチ
ライ角 61.5度
価格 4本セット(#7~PW)9万6000円(税別)

『EZONE GT アイアン』は、フェースの素材を新しくしたことで、フェースの厚みを1.9ミリまで薄くできたそうです。

一般的なマレージング鋼と比較して約20%強度がアップしている「マイティマレージングフェース」は、ソールに近い部分はさらに1.5ミリまで薄くしたそうです。下部が薄いと、打ち出し角が大きくなる効果があります。

この部分は見えませんが、高弾道に期待が高まります。

もう一つ、気になるのは、「V字スマートソール」です。

幅26ミリのワイドソールで、かつ、V字になっています。滑ることでミスヒットを助けるだけではなく、打ち込んだときの抜けとボールを押す力を増して、飛距離性能向上に貢献しているとのことです。

『EZONE GT アイアン』は、見た目がカッコいいアイアンです。また、さり気なく高級感もあります。

バックフェースのカーボンの存在感などは、意味がわからなくとも十分に期待させるのです。

贅沢に機能を詰め込んだ『EZONE GT アイアン』!

動画を見てください。

『EZONE GT アイアン』は、独特の打感です。

打音はカチッとした締まった音です。金属系の高音ですが、ちょっと違うんです。マレージング鋼の音というか、硬い音です。そして、残響がほど良いのです。上手に調整してあります。

高弾道です。7番でロフト26度とは思えない高さのボールが出ます。

ミスヒットにも強いです。フェースに当たれば飛んでくれるという安心感は、プレーするほどに強くなりました。

スピンもまあまあかかります。飛距離は、まさにぶっ飛び系アイアンです。

『EZONE GT アイアン』の弾道は強いボールで初速感もあります。

ストレートに飛ぶのですが、ややとらえる動きをするのに、フェースの長さで逃がしている感じがします。こういうバランスは、理屈ではなく、そういうものだと受け入れるべきものです。

『EZONE GT アイアン』は、クセがないぶっ飛びアイアンが欲しいと願っているゴルファーにオススメします。

ぶっ飛びアイアンの多くは、飛ぶのですけど、案外と難しいクラブが多く、せっかく入手したのにスコアアップに結びつかないと肩を落としているゴルファーが続出しています。

『EZONE GT アイアン』は、そういう中ではやさしさを感じられます。スコアに結びつきそうな可能性を感じるのは、ボールが狙い通りに止められるところです。

『EZONE GT アイアン』は、中空に近いポケットキャビティで、最先端の4ピース構造です。新しいアイアンとして、挑戦的ではありますが、完成度の高さには感心しました。

また、本格的に打ち込んで使いたいというゴルファーには、『EZONE GT アイアン』はオススメできます。

ソール幅があるのに抜けが良いのです。

ぶっ飛びアイアンは打ち込むと機能が落ちるものがあります。『EZONE GT アイアン』は、一切、そういうところがありません。

『EZONE GT アイアン』は、機能という意味で贅沢なアイアンです。

詰め込み過ぎて、消化不良になるクラブが多い中で、丁寧に調整してあって、使いやすいクラブになっています。

軽い気持ちで、打ってみて、その感触に惚れてほしいアイアンなのです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。