脱スライス!!ドローボールの打ち方~セットアップの確認~

おかしい……つい最近まで調子が良かったドライバーが急に絶不調に……。

さらにスライスまで出だしたぞ?! 右を嫌ったらチーピンだ!!

この弱々しいスライス……どうにかしたい……。

なんて気持ち、誰もが一度は経験した悩みだと思います。

ボールがフックする、もしくはスライスする原理を頭に入れておけば、スライスボーラーから素敵ドローボーラーに変身することは、意外と難しくありません。

そこで今回は、ドローボーラーになるための基礎知識や簡単なドリルについて紹介します。

球の曲がりはフェースとクラブパスで決まる

球の曲がりはフェースとクラブパスで決まる

getty

原理原則として、ボールが曲がるのは「サイドスピン」が掛かるからではなく、「スピン軸が地面に対してどのように傾くか」で決まるということを頭に入れておいてください。

地面に垂直にスピン軸がある場合ボールは真っすぐに飛び、スピン軸が左に傾けばフックボール、スピン軸が右に傾けばスライスボールになります。

そして軸の傾きの発生原因は、スイングパス(スイング軌道)とフェース向きで説明できます。

・スライス:クラブのフェースがスイングパスとターゲットの両方に対してよりオープンになると発生します。

・フェード:アウトインのスイングパスで、クラブフェースはスイングパスとインパクトターゲットの間を指します。

・ドロー:インアウトのスイングパスで、クラブフェースはインパクト時にクラブフェースとターゲットの間を指します。

アウトからインへのスイングパスによってスライスが引き起こされていると考えている人は多いのですが、本当の原因は「スイングパスに対してクラブフェースが開く」ことです。

その結果、スピン軸が右に傾くことで、空中で右方向にボールが曲がっていくのです。

そのため、インアウトのクラブ軌道でもフェースが極端に開いていればプッシュスライスになるという訳です。

ドローボールで右を消したはずなのに、極端にフェースを開いてヒットしてしまうと、右に飛び出してさらに右に曲がるOBボールになってしまうので注意しましょう!

ドローボーラーへの道のり

ドローボーラーへの道のり

getty

フェード/スライスからドローに移行するには、次の2つのことを行うだけです。

1.インパクト時にインからアウトへのスイングパスを作成します。

2.インパクト時には、クラブのフェースがこのスイングパスに対して閉じていることを確認してください。

※フェースがターゲット方向に向き過ぎていると、いわゆる「ひっかけ」「チーピン」になりますので、若干フェースはオープンである必要があります。

ドローボールの原理原則を学んだ後は、スイングの修正に入る訳ですが、まず考えなければいけないのは、「最初にスイングパスを変更する必要がある」のか、「フェースの管理から始める」べきか、それとも「両方を一緒に行う必要がるのか」です。

この点に関しては、その人のスイングや練習量によって判断すべき問題なので、一概にどちらから治すべきかをお伝えするのは難しい項目です。

そこで今回は、アマチュアゴルファーにありがちな「セットアップ」のミスが発生する「スイングパス」の乱れについて解説します。

ドローボーラーへの道のり「セットアップ」について考える

ドローボーラーへの道のり「セットアップ」について考える

getty

一見するとカッコいいアドレスも、いざダウンスイングが始まると前傾姿勢が崩れ、手の行き場がなくなってしまう人が多くいます。

ドローボーラーへの道のりを困難にする「セットアップ」は、

1.手が体に近過ぎる
2.膝の曲がりが深過ぎる
3.体重がかかとに乗り過ぎている

という点です。

そのようなセットアップは見栄えが良く、ダウンスイングが始まるまではまったく問題ないように見えてしまうのが難点です。

手と足の間にスペースがほとんどないセットアップではん、ダウンスイングで腰や尻を回転させ始めると手の通り道がなくなり、手は体から離れる以外にどこにも行けなくなります。

この場合、アドレスの位置に手を戻すためには、体を起こしてスペースを作ろうとしたり、アウトインのスイングパスに頼るしかなくなるのです。

自分のスイングを動画で確認してみて、そのような特徴が見られた場合は、膝の屈曲を少し緩め、体重はかかとではなく足の中心により多く分散するようにアドレスを取ってみてください。

これら2つの小さな変更だけでも、スライス⇒ドローに変わる可能性は十分にあります。

ドローボーラーへの道のり~初めの一歩

ドローボーラーへの道のり~初めの一歩

getty

ドローボールを打つために、極端なスイングの修正は必要ありません。

ゴルフは「インチのゲーム」であるとよく耳にしますが、フェーダーのスイングパスはアウトからインに3度程度、ドローボーラーのスイングパスはインからアウトに1~2度程度です。

つまり、たった5度の変化で球筋が激変するのです。

最後に、ドローボーラーになるための、初めの一歩のドリルを紹介します。

練習を開始するタイミングでウォーミングアップとして、スイングパスの確認を行ってください。

方法としては、

1.後方から動画撮影or鏡で目視
2.ターゲットの右方向に何種類かのクラブで30~50球打つ

だけです。

この時、ボールの着弾点は気にせず、右方向に打ち出せるかだけを確認してください。

※真っすぐの打ち出しはフックもしくはひっかけになります。まずは、インアウトのスイングパスの感覚をつかむところから始めましょう!!

ツイッターでもゴルフ中心に呟いてます(`・∀・´)

フォロー&コメントお待ちしてます!!
お気に入り
Yanagi@TPIトレーナー兼ドラコンプロ

TPI認定トレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! TPIのメソッドやドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 Twitter("Yanagi"で検索! https://twitter.com/Out_Drive300)やブログでも情報発ししていますので、気になる事があればお気軽にお問い合わせください! https://drive4show.org/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。