【20代のゴルフ】若い内にやるべきこと4選!とにかく経験値を増やそう!

今(30代後半)が人生で一番楽しい!

こんにちは! ノザ@ゴルフライターです!

今回は、「20代のゴルフ」をテーマに書いていきます。

こんなタイトルなので当記事を読んでいる方は20代だと思いますが、ゴルフは楽しめていますか?

ハッキリ言ってその年齢でゴルフを始められているのは本当ラッキーですよ。幸運中の幸運。

これから会社でもメキメキ働く訳で、出世する人はたいていゴルフしますよ(笑)。

でも闇雲にゴルフクラブを振っても上手くはなりません。

20代には20代のゴルフ、30代には30代のゴルフ、40代には40代のゴルフがあるんです。

ということで、最適な20代のゴルフを紹介していきます。

20代で上手くゴルフと付き合えば、30代へと良いバトンを渡せるようになりますよ。

1.基本だけはしっかり作ろう! 最初が肝心だから

1.基本だけはしっかり作ろう! 最初が肝心だから

getty

ゴルフ練習場で若い集団を見ると、たいてい闇雲にクラブを振っています。

空振りしては大笑い、当たったら大喜び。

僕もそんな時代があったので、その楽しさは十分に分かります。それもまたゴルフの楽しさ。

ですが、【基本は絶対先に覚えておいたほうが良い】ですよ。

スイングで変なクセが付くと、それを「直して正す」のに時間が掛かるんです。

僕がゴルフを始めたきっかけは同級生の影響で、そのまま彼がゴルフの師匠。

彼はその時余裕で100を切る腕前だったので、時間をかけてしっかり教わりました。

僕もたまにゴルフを知り合いに教えるのですが、下手にゴルフをやっている人よりまっさらな人のほうが格段に上手くなります。

最初が肝心です。変なクセがつくと、クセを取る作業という無駄な工程ができてしまう。

遠回りになってしまうんです。

仲間とワイワイも楽しくて良いと思いますが、どこかで基本は知っておいたほうが良い。できるだけ早くに。

2.飛距離を追求しよう

2.飛距離を追求しよう

getty

基本的なスイング、知識を身に着けたら次は「飛距離」を追求しましょう。

若い内は筋肉も付きやすいし、バネもある。筋肉痛になってからの回復も早い。

できるだけ若い内に飛距離の探求をしておきましょう。

というのもですね、40代辺りから【飛距離を求めないゴルフ】に移行していくんですよ。

理由には以下のようなものが多い。

・ちょっとでも無理をすると体に響く
・回復力が若い頃よりなくなる
・落ち着いたゴルフがしたくなる

以上のように、体のことを考えて無理なスイングをしなくなるのが40代。

そして一度でも飛距離にこだわった時期があればこの移行もすんなり行くのですが、「飛距離追求の時期がない人」はこの40代でそれを目指してしまう。

40代でゴルフによるケガをしてしまうのはこのためなんです。

なので1歳でも若い内に飛距離を求めましょう。

3.とにかくゴルフ場に行こう!(ショートコースも可)

3.とにかくゴルフ場に行こう!(ショートコースも可)

getty

20代はとにかくコースに行きましょう。どんな寂れたゴルフ場でも良いし、どんなに安いゴルフ場でも構わない。

ラウンドを1回でも多く経験しておとくと良いです。

若い内は吸収が早いから、それだけ濃厚な経験になる。

知っての通り、ゴルフは練習場でいくら打った所で実力の証明にはならない。ゴルフ場のコースで「いかに少ない打数で上がれるか」のゲームなんです。

なので1回でも多くゴルフ場に行ってください。

そして何より、ゴルフの魅力はゴルフ場に集約されてるんですから!

4.難しいクラブにチャレンジしよう

4.難しいクラブにチャレンジしよう

getty

20代のうちに難しいクラブに挑戦しましょう。

これは「飛距離追求」に似た意味合いですが、やっぱり若い内に握ったほうが良いクラブってあるんですよ。

僕なんかで言えばマッスルバックアイアンがそれに当たりますね。

スイートスポットが狭いので難しいですし、重さもダイナミックゴ-ルド(DG)の200なのでそれなりに重い。 

なぜそんなクラブにしたか? 理由は上記の通りで、若い内に難しく重いクラブを振りたかったからです。

そりゃやっぱり軽くてやさしいアイアンのほうが良いですよ? 楽に球は上がるし、振っても疲れない。スイートエリアも広い。

やさしいクラブか難しいクラブでどちらがスコアが出るかと聞かれれば、そりゃやさしいクラブでしょう(まぁここは好みなので各々意見が分かれるところですが……)。

とにかくですよ、やさしくて軽いクラブなんて年を取っても好きなだけ振れます。

今だからこそ振れるクラブ。若い今だからこそチャレンジできる難しいクラブ。

ぜひチャレンジしましょう。

ちなみにこれはある程度上手くなった人向けの助言です。

基本もできてない初期の頃に難しいクラブなんて使えば、ゴルフが嫌いになる可能性があるので注意してください。

まとめ・経験値を積むことで後々楽になるよ

まとめ・経験値を積むことで後々楽になるよ

getty

ということでまとめます!

【20代のゴルフはこうしよう4選!】

1.基本だけは本当しっかり作ろう
2.飛距離を追求しよう
3.ゴルフ場に足を運ぼう
4.難しいクラブに挑戦しよう

僕がゴルフを始めたのは20代の終わりの頃。周りに比べたらちょい遅いくらいでしたが、個人的にはめちゃ遅かったと思ってます。

10代は無理としても、せめて20代前半でゴルフを知りたかった……。

なのでラッキーですよ。今始めてみようと思ったあなた! 始めたあなた!

せっかく始めたんだから、これから楽しくなるように上記のようなことに気を付けてゴルフライフを楽しんでください。

それではまた!
お気に入り
ノザ@ゴルフライター

【ゴルフは一生モノ】関東近郊に住むアラフォー直前のノザです!今までゴルフライター&ブログなどで500記事以上を書いています。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。