新・貧打爆裂レポート『EZONE GT ドライバー』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年3月中旬に発売のヨネックス『EZONE GT ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。ヨネックスの技術が目一杯詰まったドライバーの深層に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『EZONE GT』は挑戦するドライバー!

『EZONE GT』は挑戦するドライバー!
『EZONE GT ドライバー』は、ヨネックスが2020年3月中旬に発売するクラブです。

2年前に前モデルが発売され、ヨネックスファンのゴルファーを挑戦的ともいえるテクノロジーで助けました。

新しいテクノロジーは、時として、伝統的な形状や見た目とは違い過ぎて、ゲテモノのように扱われます。

『EZONE GT ドライバー』を、奇妙なクラブだと敬遠するのは簡単です。でも、忘れないようにしたいのは、ゴルフ用具史には、時々、ゲテモノ扱いされても素晴らしい機能を発揮して、知らぬ間に、スタンダードになっているクラブがたくさんあるということです。

変なクラブからスタンダードになった最も有名なクラブは、ピン型のパターです。『EZONE GT』のクラブは、可能性を秘めているクラブなのです。

新しい『EZONE GT ドライバー』は、435ccのヘッドと455ccのヘッド体積が違う2種類が出ます。

ヘッドスピードが速く、低スピンボールが打ちたいゴルファーには435を。455は幅広いゴルファーに使ってほしいということでした。

アドレスビューは、どちらも、大きめに見える安心感とシャープに振れそうな雰囲気のバランスが良く、丁寧に作られていいると感心します。

シャフトの挙動も、とても良い感じです。

【試打クラブスペック】
ヘッド 8AL-1Mo-1 チタン精密鋳造+オープンウィーブカーボン/Namd(クラウン)
ヘッド体積 435cc、455cc
フェース Super-TIX 51A圧延材
シャフト NST002(S)
ロフト 10度、10.5度
長さ 45.75インチ
ライ角 56.5度、58.5度
価格 7万円(税別)

『EZONE GT ドライバー』は、クラウン裏、フェース裏の左右と下部に「InCore Groove(インコアグルーブ) テクノロジー」を採用して、たわんで飛ばす要素と、ミスヒットしたときの初速が落ちにくいようにしています。

さらに、フェースは「CNC縦ミーリング」で仕上げました。ボールが垂直方向に動きやすくなるので、スピン軸が傾きにくいのです。この直進性能の向上は、前モデルでも証明済みです。

もう一つ注目したいのが、「NST002 シャフト」です。新次元カーボン「Namd」と新カーボン繊維「M40X」を採用した自社開発のシャフトは、ヘッドスピードを上げて、ミスヒット時の捻れも抑えるそうです。

あまり知られていませんが、ヨネックスはラケットなどで蓄積した技術があるので、カーボンシャフトを作るのが上手いのです。米ツアーでも、プロトタイプのシャフトが評価された実績もあります。期待が高まります。

『EZONE GT ドライバー』は、最先端のテクノロジーを満載しながら、伝統も継承している不思議なクラブです。

オールマイティでオートマチックなドライバー登場!

動画を見てください。

『EZONE GT 435 ドライバー』から書きます。

試打ラウンドの前に、少しだけ練習場で打たせてもらいました。ロフト9度は、かなりの低スピンで、僕のヘッドスピード(40メートル/秒)では、ボールがドロップしてしまって太刀打ちできない感じでした。

ということもあり、10度をコースに持ち込みました。

ちょうど良い高弾道です。ナチュラルに打つと、ストレートからややドローします。

ボールに伸びがあって、美しい弾道で飛びます。スピン量は多めであろうと推測できますが、縦溝が効いているようで、ストレートに飛ぼうとします。

18ホールでの平均飛距離は230ヤードでした。これはかなり飛びます。弾道を考えると不思議です。

きれいな弾道だと飛距離は出ないのが、近年のセオリーです。それをぶち破って、飛んでいるのです。

『EZONE GT 435 ドライバー』は、パワーヒッターか、テクニカルにボールを扱うのが好きなゴルファーにオススメします。

9度はかなり挑戦的なクラブになっていますし、10度のほうも基本はストレートに飛ぼうとしますが、曲げようとすれば、けっこう敏感に反応もするからです。『EZONE GT 435 ドライバー』は、コントロールを楽しめるドライバーです。

シャフトが上手くできていることで、45.75インチの長さも違和感なく振れます。

『EZONE GT 455 ドライバー』は、練習場でも始めから10.5度のみを打ちました。

というのは、気持ち良く振れて、ストレートに、ドーンと飛んでいくボールが出るのが面白かったからで、他のロフトは打たずとも良し、と思ってしまったのです。

『EZONE GT 455 ドライバー』は、とにかく、ストレートに飛ぼうとするのです。

高弾道です。そして、不思議なのですが、棒球っぽい弾道なのです。今風のボールが出ます。

弾道の美しさには惚れ惚れします。本当にねじれがない、きれいなストレートボールを連発しました。

18ホールの平均飛距離は230ヤードでした。トップレベルに飛びます。長さの45.75インチを感じさせません。扱いやすいシャフトです。

『EZONE GT 455 ドライバー』は、やさしく真っすぐに飛ばしたいゴルファーにオススメします。

オートマチックです。同じボールを、次々に打てます。

慣れてくると、マン振りするのではなく、サラッと打って、しっかりと飛ばすというドライバーショットが打てると想像できます。

『EZONE GT ドライバー』は、見た目ではわかりづらいですが、最先端が詰まっています。

そして、いろいろなタイプのゴルファーが満足できるようにラインアップがあり、調整もできるようになっています。

こういう連鎖は意味がないと考える人もいますが、テニスやバトミントンでヨネックスの技術に触れて、その底力を少しでも知っているゴルファーは、『EZONE GT ドライバー』を打ってみてほしいです。

記憶の中で重なる部分があるものは、信頼として機能することがあるからです。

信頼は、時として、強力で不思議な力となります。使える力があるのに、使わないのは、もったいないです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。